擬似ボールド

ググっても出てこないので、自分で「擬似ボールド」の定義をまとめてみた。
検証画像

上 Safari(2.0.3)による表示。正しい太字表示(W3→W6へのウェイト変更)。
下 Firefox(2.0.0.3)による表示。擬似ボールドによる太字表示。


定義ここから。
1.
欧文フォント(書体)は基本的に単体で設計されておらず、ファミリー(同デザインの書体群)で設計されている。
ファミリーの内訳は、太さ(ボールド/ライト)幅(コンデンス/エキスパンド)斜体(イタリック/オブリーク)など様々(※1)。
2.
日本語のOS(Macintosh/Windows)で、標準搭載されている日本語フォント「ファミリー」は大変少ない。具体的には、
Macintosh(OSX)ならば、
・ヒラギノ角ゴシック
・ヒラギノ明朝
Windows(Vista)ならば、
・メイリオ
のみである。
OsakaやMS ゴシックなど、永らく日本語OSには、フォント「ファミリー」は用意されていなかった(※2)。
3.
(各種ソフトウェアや)webブラウザでは、ファミリーを持たない書体の為に、ユーザーが太字指定したものを(上位のウェイトを使用せず)、輪郭を拡張することで「太字のようなもの」を表示させる機能がある。
この機能、およびこの機能で表示される表示を「擬似ボールド」と呼ぶ(※3)。
定義ここまで。


4.
cssで、日本語フォント「ファミリー」を指定した場合、
正しく解釈するものと、解釈できずに無視するものがある(ようだ)。
日本語フォント「ファミリー」を解釈できないブラウザに対しては、目的のフォントを表示させるためには、「フォントファミリー」でなく「(個別の)フォント名」を指定する必要がある(ようだ)。
5.
個別のフォント名を指定してしまうと、<strong></strong>などの太字指定は、擬似ボールドになってしまう(場合があるようだ)。
※1 活字時代の使用サイズから派生した「オプティカルサイズ」などもある。
※2 Osaka-Boldはあったが、ビットマップ表示では、実質的に擬似ボールドと同じ表示だった。
※3 擬似コンデンス、擬似オブリークなども定義しだすと収拾がつかないのでとりあえずここまで。
地道な検証終わり。

“擬似ボールド” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。