Vostro 1200

Vostro1200を買った。安かったから。でも、失敗かも。液晶の品質は悪いし、そもそもかっこう悪い。でも、Ubuntuをインストールしたら、そんなことはどうでもよくなってしまった。

Vostro1200 + Ubuntu 7.10

Dellのノートブック、Vostro 1200を購入しました。080701|追記 思うところがあり、処分しました

だってすごく安かったから(※1)。

でも、梱包箱を開けた瞬間、かなり後悔しました。すごく後悔した。がっかりした。「返品」の二文字が浮かびました。

うわぁ、かっこ悪い……。

期待していたのは、ビジネスユースとしての「割り切った」造り、そこから醸し出される「業務用」デザインによくあるような「こだわらない」機能美……みたいなものが感じられるんじゃないかと思っていたのですが……。
届いたのは、妙に色気を出そうとして、しかし失敗しているディティール、「本当に」製造オリエンティッドな造りのアバウトさの、「持つ喜び」を全く感じさせない、ある意味すばらしく「Dellらしい」製品でした。

実物を見ずに注文したとはいえ、予想を上回るかっこ悪さで、もう本当にがっかり……。

さらにがっかり感を加速させたのは、液晶ディスプレイの品質。

「うわぁ!暗い!」」

「うわぁ!視野角狭い!」

「うわぁ!発色悪い(彩度低い)!」

「うわぁ!黒のしまり悪い!」

(ビジネスユースの)ノートの液晶って、品質低かったんですね。忘れてました。

もう一台のノートがVAIOのTypeF(FE|販売終了)で、明るさ、視野角、コントラスト、発色ともに割とよい方なので、「ノートの液晶はデスクトップに比べ、品質が低い」という基本を忘れていました(※2)。
それにしても、壁紙を単色にして、上と下で色が違う、ってどんだけ……。緑色の壁紙で、モニタの上端が既に紫色w。
グラフィックの環境設定をいじると、かなり改善されますが、ニュートラルグレーがどうしても出せない……。モノクロ写真がどうしてもアンバーに転んでしまいます。

めちゃくちゃけなしていますが、多分、ずっと使うでしょう。なぜならUbuntu 7.10がノートラブルですっごく簡単にインストールできたから。

さすがDell(※3)。

※1

  • A4サイズ/2kg以下の重量。
  • Windows XP Professional
  • Core2 Duo T7250(2.0GHz)
  • 英語キーボード
  • メモリ1GB
  • ハードディスク120GB
  • DVD/CD-RWコンボドライブ
  • 光沢液晶ディスプレイ(1280×800)
  • 無線LAN 802.11a/b/g

でしめて106,804円(税/送料込)。
これだけ安ければ、EeePCやAppleの「Air」なノートが発売されても後悔しない、と思って(たんですが後悔しました)……。

※2

めちゃくちゃけなしてはいますが、銀座のApple StoreでみたMacBookも五十歩百歩の品質でした。はさすがにここまでひどくありませんでした。MacBook Air > MacBook > Vostro 1200ぐらいでしょうか。
昔買ったThinkPadもhpも思い出せばこんなもんでした。今回は光沢液晶な分、黒の締まりは良いですが、気休め程度です。
家電メーカーのノートパソコンの液晶ディスプレイはその点とてもキレイ。

※3

Ubuntu 7.10の完成度が高いせいもしれません。っていうか多分そう。

「Vostro 1200」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。