素朴な問題解決

素朴な問題解決がもっとも解決する(のかも)。

小さなリンク集、あるいは限りなく独り言に近いエントリーです。


ロシアは鉛筆を使った的思考 – ザリガニが見ていた…。

ネットに定期的に流れてくる有名なジョーク、「一方、ソ連は鉛筆を使った」を問題解決の手法として前向きにとらえたエントリー。


There, I Fixed It

「とりあえず、直ってます。概ね問題ありません」的な写真を集めたジョークサイト。


山形浩生「Hackについて」

「ハック(hack)」の語源、語義を解説した文。併せてハッカーの美意識(ダンディズム?)と問題解決のアプローチなどについて。


『傷はぜったい消毒するな 生態系としての皮膚の科学』(夏井睦|光文社新書)

火傷やケガの合理的かつシンプルな治療方法を紹介しつつ、現代の医学がいかに「トンデモ」で「パラダイム」に毒されているかについて語った本。


これらの内容は私の中でかなり密接に関連しています。

……テクノロジーの独占と「DIY」、可視化できる/できないエンジニアリング、高度で対処療法的なアプローチvs素朴で本質的なアプローチ、「暫定」的な問題解決と「β版」の継続、「枯れた」技術の採用……。いろんな言葉が浮かんできます。

以上です。オチはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。