AquaKanaを普通に使う。

htmlで表示できるフォントなら、リッチテキストエディタで利用できます。

AquaKanaはなぜか「不可視フォント」のため、フォントメニューには表示されません。
ですが、font-familyの指定を使い、htmlで表示させる事ができます。
htmlで表示可能なフォントは、テキストエディットやMailなどのアプリケーションで普通に使うことができます。

利用方法を簡単にまとめました(基本、Snow Leopard以降のSafari、Chrome限定です)。

////////////////////////////

①まず、この文字列をコピーし、「テキストエディット」や「Mail」などのリッチテキストフォーマットを扱えるエディタにペーストします。

①まず、この文字列をコピーし、「テキストエディット」や「Mail」などのリッチテキストフォーマットを扱えるエディタにペーストします。

②次に、フォントパネルから[よく使う項目]に登録します。

③以後、いつでも使えるようになります。

////////////////////////////

一度お試しあれ。

「AquaKanaを普通に使う。」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。