2段絞ってF2.8

2段絞ってもF2.8。大口径ズーム並みの明るさです。

ZUIKOの50mm f/1.4のレンズ、絞って使えば確かに高画質ですが、既存のレンズとかぶります。あえて使う意味がありません。

一方、開放で使うとフレア爆発。描写の癖が強すぎます。

結局、少し絞って使うことにしました。2段絞ってF2.8、それでも大口径ズームレンズ並みの明るさです。

また、フルサイズ対応のレンズの、APS-Cよりもさらに狭い領域の中央部分だけを使用する、大変贅沢な(無駄の多い)使い方です。高画質が期待されます。


こんな感じです。被写界深度の浅さと画質が両立します。オリジナルはこちら


画面中央部です。(周辺含め)高画質です。おや、羽虫が。


ありがちな写真も撮りました。やはり高画質です。実サイズで花びらの描写なども確認してみてください。オリジナルはこちら


これまたありがちな写真。光源に現れる絞り形状は八角形です。オリジナルはこちら


もともとは標準レンズですが、実質100mm相当になります。それなりに深いフードを付けて使っています。フードは実用重視、ゴム製の折りたたみ式です。Hamaだったかな。

レンズのテストは以上です。お付き合いいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。