200円でつくるコンデジ用ストラップ

100円ショップのストラップを使ってコンデジ用の2点吊りストラップを作りました。

Ricoh CX5

R0010084

ときどき散歩をします。デジカメを持って出かけます。
大きなカメラでは「撮影ロケ」になってしまうのでコンデジを持ち歩きます。

その時のカメラは首からぶら下げるのが良いと考えています。
ポケットに入れておくと取り出すのが億劫となり、結局撮らずじまいになってしまうからです。

ですが、コンデジはストラップ取り付け穴が小さいので工夫が必要です。
高価な専用アクセサリーを買うのはもったいないので自分で作ってみました。

100円ショップのストラップ

100円ショップの名札カード用ストラップなどをふたつ用意します。

ストラップ(プラ製)金具

(プラスチック製の)金具を外します。

カメラストラップに取り付ける

カメラ用ストラップ(写真はCanonの一眼レフ用)の先に取り付けます。

Ricoh CX5

コンデジに取り付けます。こんな感じです。

ストラップ穴がふたつあるコンデジ(※)をお持ちの方は試してみてください。


////////////////////////////

2点吊り用にストラップ穴がふたつあるコンデジは意外と少ないようでした。

冒頭のカメラはRicohのCX5です。新型のCX6からは1つ穴になってしまいました。
GR Didital IVなどはふたつ穴ですが、こちらはいわゆるハイアマチュア向けの高級機です。
CasioであればExilim EX-ZR10ZR15などがふたつ穴です。
CanonならばPowershot S95S100などがあります。これらも高級機ですね。

追記|エントリー直後に「2点吊り」で検索をかけたらRicoh GX100のストラップを同じ方法で自作している方の記事がありました。2009年の記事です。

「200円でつくるコンデジ用ストラップ」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。