iPhotoがAVCHDに対応?

iPhotoがAVCHDに対応するようになりました。拡張子がmovに変更されて取り込まれます。少しだけ便利かもしれません。

iPhoto(とAperture)がアップデートされました。「AVCHD ビデオがサポートされ」たそうです。サポートページまだ日本語化されておらず、日本語化されましたが、読んでも肝心なところがよくわかりません。少しだけ試してみた結果をメモします。備忘録です。

iPhoto+Aperture

  • AVCHDが扱えるようになったiPhotoのバージョンは、9.3(650.39)です。
  • AVCHDが扱えるようになったApertureのバージョンは、3.3(250049000000000.12)です。
  • iPhotoを立ち上げ、メディア(やカメラ)をMacintoshに接続すると取り込み画面が現れます。その際にメディア内のAVCHD動画ファイルが表示されるようになりました。
  • 動画はQuickTimeムービーに変換されて取り込まれます。拡張子は「mov」となります。
  • 取り込まれたQuickTimeムービーのエンコーディングはh.264です。(iMovieなどのような)Apple Intermediate Codecではありません。
  • 結構すいすいと取り込まれます。再エンコーディングは行われていないようです。コンテナ変換(re-wrap)のようです。
  • ファイル名は「Clip #1.mov」などに変更されます。
  • メディア内のオリジナルMTSファイルはiPhoto側から削除されません(することができません)。
  • 単体のMTSファイルをiPhotoに放り込んでも取り込めません(何だダメじゃん)。メディアの中のディレクトリ構造(/PRIVATE/AVCHD/BDMV/000.MTSなど)を保っておく必要があります。
  • 取り込み後、iPhotoの中で簡単なトリムなどができます。編集を加えてもオリジナルは残ります。

ちょっとだけ便利になりました。ほんのちょっとだけ。

「iPhotoがAVCHDに対応?」への2件のフィードバック

  1. iPhotoでAVCHD☆ (4) 使い物になりませんでした・・・

    さて…。
    Lionのインストールまでして、iPhotoでAVCHDを管理しよう!!
    と張り切ってトライしてみましたが…。
    ダメですこれ。使えません。
    画…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。