Lightroomの自動ホワイトバランスは温調?

Lightroomの自動ホワイトバランスはややウォーム系に転ぶ。なぜだろう。なんか間違えたかな。

デジタルカメラのホワイトバランス(※1)を調べていたら、変なことに気づきました。

Lightroom(ver.3.6|Macintosh版)でのraw現像時(※2)、ホワイトバランス「自動」を選択すると、ニュートラルグレーではなくややウォーム系に調整されます。

KissDXで撮影。撮影時の(カメラの)自動ホワイトバランス

EOS Kiss DXで撮影。Lightroomで現像。rawファイルを撮影時のカメラのホワイトバランス(AWB)のまま現像。

KissDXで撮影。Apertureでホワイトバランス「自動」

EOS Kiss DXで撮影。比較のためApertureでraw現像。ホワイトバランス「自動」を選択。

KissDXで撮影。Lightroomでホワイトバランス「自動」

EOS Kiss DXで撮影。Lightroomで現像。ホワイトバランス「自動」を選択。

GF2で撮影。撮影時の(カメラの)自動ホワイトバランス

Lumix DMC-GF2で撮影。Lightroomで現像。rawファイルを撮影時のカメラのホワイトバランス(AWB)のまま現像。

GF2で撮影。Apertureでホワイトバランス「自動」

Lumix DMC-GF2で撮影。比較のためApertureでraw現像。ホワイトバランス「自動」を選択。

GF2で撮影。Lightroomでホワイトバランス「自動」

Lumix DMC-GF2で撮影。Lightroomで現像。ホワイトバランス「自動」を選択。


普通に考えれば全て「ニュートラルグレー」に調整しそうなものですが、Lightroomだけが明らかに温調です。

理由はよくわかりません。単に私が環境設定を間違えていじってしまったのでしょうか。


※1 レンズの前に乳白色のフィルターを付け、光源(太陽)に向けて撮影しました。豆腐のパッケージをフィルターとして使っています。

グレー撮影用フィルター

※2 Lightroom 4(試用版)でも同じでした。また、タイトルからバージョンを削除しました。

「Lightroomの自動ホワイトバランスは温調?」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。