DSC-RX100動画|シャープネスの設定

DSC-RX100のシャープネス設定を調べてみました。お好みでよいと思います。

前回のエントリーに引き続き、DSC-RX100で動画撮影をする際の設定を検証しました。シャープネスの設定(+3〜-3)を変更して撮影しています。


YouTubeでみる

(シャープネス以外の設定)

  • クリエイティブスタイル[スタンダード]
  • 彩度 +2
  • コントラスト -2
  • 露出補正 -1/3


YouTubeでみる

(シャープネス以外の設定)

  • クリエイティブスタイル[スタンダード]
  • 彩度 +2
  • コントラスト -3
  • 露出補正 -1/3

////////////////////////////

ディティールを等倍表示で比較してみました。

ディティール比較01

シャープネスと強くするとリンギングが目立ってきますが、ディティール/質感は出てきます。
シャープネスを弱くしてもリンギングは残るようです。全体としてはピントの甘い、ぬるりとした印象になります。

ディティール比較02

シャープネスを変更すると樹木の質感がかなり変わってきます。葉っぱの「固さ」がそれぞれ異なる印象です。

ディティール比較

シャープネスを強くすると葉脈などのディティールが強調され解像感が増しますが、実物の印象からは離れてきます。

////////////////////////////

どれも一長一短で設定値を機械的に決めることは難しいようです。
+2〜-2の間あたりで、撮影モチーフや自身の好みで決めればよいと思います。無難に±0でもよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。