作画厨

「ハイスクールD×D NEW」のエンディングが大変印象的でした。

今期(2013Q3)のアニメ、「ハイスクールD×D NEW」のED(エンディング)が大変印象的でした(※)。

テロップを確認すると、「絵コンテ/演出/作画監督/原画 田中宏紀」とあります。実質一人で作っているようです。

「田中宏紀」で検索すると、「作画@wiki」というアニメーターに関するDBサイトがヒットしました。

作画@wiki

必ずしも著名でない、アニメーターの略歴や携わった作品の一覧などが数多く掲載されています。

「田中宏紀(ひろのり、だそうです)」の項は、

一目見て氏の作画と分かるそのキャッチーさで一般アニオタからのウケも良く、幅広い人気がある。

とあるので、ニワカにもわかりやすい、かなり有名な方のようです。

紅 Kure-nai」の第6話、ミュージカル回を担当した方である事を知りました。
なるほど、既視感があったのでたいへん合点がいきました。

また、YouTubeやニコニコ動画にはアニメーターの担当パートだけを切り貼りして集めた「MAD」というものがアップされているようです。
田中宏紀バージョンは7つもあります。多忙かつ人気のアニメーターのようです。


YouTubeでみる

非常に興味深い世界です。深入りすると出られなくなりそうです。

……、とは言うものの、検索を続けてみると「アニメを『作画』に着目して鑑賞する」というオタク趣味は下火、という説もあります。

でも、だとしたら逆に先人の蓄積がある分、上澄みだけをあとからゆっくり享受できるのでありがたい、とも言えるかもしれません。

////////////////////////////

※アニメ2期、1話〜6話のエンディングを指しています。7話からは別の方(織葉清司)に変更になってしまいました。また、世の中的には1期のED(鈴木典光)の方が評価が高く、一部でかなり評判になったようです。

130904|追記 アニメの作画に言及のあるblogです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。