液晶ディスプレイのRGB配列

スマートフォンやタブレットは液晶を回転させるので、常に[R]→[G]→[B]に並ぶとは限りません。

ちょっと気になったので調べてみました。特に何の意味もありません。

パソコン画面の液晶画素のカラーフィルターは、通常は左から右に[R]→[G]→[B]の順番で並んでいます。
デスクトップもノートも同じです。

iMac

iPadの場合、ホームボタンを左にして画面を横にした時に、[R]→[G]→[B]の順番に並びます。

ipad2

Retinaになった(※1)iPadは、ホームボタンを下にして画面を縦にした時に、[R]→[G]→[B]の順番に並ぶようになりました。

iPad Air

4以降のRetinaディスプレイのiPhone(※2)も同様です。

IPhone5


横向きの[R]→[G]→[B]以外の環境ではサブピクセルレンダリングの表示に影響があります。
もちろん、iOSはサブピクセルレンダリングに対応していないので、基本まったく関係はありません。
強いて言えば、VNCでWindowsを利用する際のClearType表示などに影響があるかもしれませんが、極めて稀な状況だと思います。

※1 ちなみに、MacBook Pro Retinaディスプレイモデルの配列も他のノートパソコンと同じでした。左から右に[R]→[G]→[B]の順番で並んでいるので、サブピクセルレンダリングを有効化できます。

※2 Retinaになる前のiPhone3は調べそびれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。