4K動画撮影時のクロップ量と換算後の焦点距離

借り物のPanasonic DMC-GH4を使って、簡単な検証をしてみました。

ホコリだらけの机の上を静止画FHD4Kで撮影し、イメージシーケンスを書き出します。

Photoshop上で重ね合わせるとこのようになりました。

check

4K動画はセンサーの中央部を全画素読み込み/dot by dotで使用しているようです。
FHDはセンサーをフル幅(4608px)で使用していますが、画素数(幅1920px)は大幅に少ないので、2.4倍で配置するとオリジナルの静止画とぴたりと重なりました。

計算(画面の対角線の長さを比較)してみたところ、

  • FHD撮影時は約1.1169倍の焦点距離相当になります。
  • 4K撮影時は約1.3058倍の焦点距離相当になります。

換算24mmのレンズを使用した場合、FHD撮影時では約26.80mm相当、4K撮影時では31.34mm相当となります。
4K撮影時に28mm相当の画角が欲しい場合は、21.44mm相当、m4/3なら10.7mmのレンズが必要です。一番近いのはCOSINAのNOKTON 10.5mm F0.95あたりです。

“4K動画撮影時のクロップ量と換算後の焦点距離” への 5 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。