ローファイな写真

スマホのカメラのエフェクトですっかりおなじみ、既に陳腐化してしまった「ローファイな写真(lo-fi photography)(※1)」ですが、思うところ(※2)があり、ちょっとやってみました。

レンズの先端に安物のワイドコンバージョンレンズ(※3)を付けて色々撮影しています。AFはそのまま使えるので、トイカメラ風撮影のための専用レンズよりも便利です。

_PL60147

0.6倍のワイドコンバージョンレンズなので換算28mmのレンズに付けると、換算16.8mmの超広角になります。画面が魚眼レンズで撮影したように大きく歪曲し、同時に周辺部に大量の収差や「流れ」が発生します。

_PL60142

色温度もあえて間違ったもの(蛍光灯)に変更し、さらに周辺減光も付与しました。

_PL60141

_PL60145

スマホのエフェクトとは異なり、どれも中央部の解像はしっかりしています。


世の中にはもっと「ローファイ」な写真がありますが、自分はこれが限界です。これ以上はちょっと勘弁。ちなみに階調や粒状感については「hi-fi」なままです。

※1. 英語版wikipediaの「See also」の欄にはLo-fi photographyを撮るための様々な手法が分類されています。

※2. 画面の中央部に視点を促すための手法を探しています。また、巷でいまだに流行っている「過度なカラーグレーディング」についての検証も兼ねています。

※3. 周辺の「流れ」も作例は激しすぎると感じていますが、動画撮影時にクロップされる分を勘案すると、今回購入したコンバージョンレンズの描写は意図通りの「lo-fi」具合でした。

「ローファイな写真」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。