DMC-G7の4K動画撮影時のクロップ量

PanasonicのDMC-G7の4K動画撮影時のクロップ量を調べてみました。

DMC-G7

静止画撮影時の4592px*3448pxに対し、センサー中央部のおよそ4122px*2319px分を使用(※)して、4K(3840px*2160px)動画を生成しているようです。

中央部をdot by dotで使用するDMC-GH4とは異なり、やや広い画角で撮影可能です。

画面の対角線長を比較してみたところ、

  • 4K撮影時は約1.214倍の焦点距離相当になります。

28mm相当のレンズは34mm相当になり、24mm相当の画角が欲しい時は約20mm(19.77mm)相当のレンズが必要になります。


海外のサイト「CAMERA LABS」には、「around 4120×2318 pixels」とありました。いずれにせよ、4Kの画素数に対してきりの良い比率ではないようです。

「DMC-G7の4K動画撮影時のクロップ量」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。