InDesignのテキストの割り付け

InDesignの画像の割り付け方法に続き、テキストファイルの割り付け方法についても動画を作成してみました。
実際には、テキスト割り付け後に「段落スタイル」を適用するところまでとなります。1分10秒ほどの動画です。

「段落スタイル」は、書体・文字サイズ・行間・詰めなど、組版に関する指定をセットにして保存・適用する機能です。htmlに於けるブロック要素(≒段落)に適用するcssに近いもの、と捉えると理解しやすいと思います。罫線を付与できるところ、padding(段落間のアキ)を設定できるところなどもcssに似ています。

使い込めば使い込むほど、再利用可能な自分専用の「スタイル」が増えていく/洗練されていくので、作業効率アップのためにはとても重要な機能です。

Webデザインとも親和性の高い機能だと思うのですが、SketchやXDには残念ながら(まだ)搭載されていません。

ちなみに、PhotoshopやIllustratorにも同じ名称の似た機能があるのですが、フォントのレンダリングにこだわっているからなのか、挙動がかなり緩慢・不審、はっきり言ってバギーな印象があり、あまり使いやすくありません。

“InDesignのテキストの割り付け” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。