InDesignのインライングラフィック

前回作成したグラフィックエレメントを、テキストフレームを使って一つにまとめてみました。

  • テキストフレームには、文字列だけでなく、グラフィックを挿入することができます。
  • 前回作成した、「加飾した小さなテキストフレーム」を、「グラフィック」と捉え、大きなテキストフレームに挿入しました。
  • カット+ペーストで挿入していきます。
  • 個々のエレメントの左右の隙間は、全角スペースの挿入で済ませました。
  • 文字サイズ・行間を操作することで、意図する左右間・上下間を実現します。
  • 全てのグラフィックまとめた後は、いわゆる「リキッド」な一つのエレメントになりました。

行頭のバレット、行末のリンクアローやアウターリンクアイコンなどを挿入したい時にも使います。

別レイヤーに一つ一つ手作業で配置するのではなく、「きちんと文字列に付いてくる」グラフィックなので、レイアウトの効率はとてもよいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。