自作スタビライザー「クランプ式」の試作

DSCN1347

ホームセンターの島忠で、大型のL型クランプが売っていたので、つい買ってしまいました。

DSCN1349

併せてコの字型の補助金具も購入し、カメラを固定してみました。

DSCN1352

スタビライザーのようなものが出来上がりました。

クランプは鉄製でそれなりの重量があるので、コンデジ程度の重さであればちょうどグリップ周辺の高さに重心がきます。
重心を中心に両手で構えることにより、水平撮り専用のスタビライザーとして一定程度の安定性は期待できそうです。

とはいうものの、このクランプは2,780円、補助金具は388円もします。
今時3,000円以上かけてDIYするならば、もう少し性能のよいものを作りたいところです。
性能だけでなく、価格でも既製品に負けてしまいます。

このジャンルのスタビライザーであれば、鉄製の水道管が定番の素材です。
私が初めて自作スタビライザーを知った頃に比べ、
制作方法も合理的になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。