ウォークラプス動画テスト

近所のコンビニにコーヒーを飲みに行くついでに、ウォークラプス動画(移動しながらのタイムラプス動画)の撮影をしてみました。

DMC-GH2をリグ「まな板式」(の一回り大きいサイズ)に乗せ、両手で持って移動しつつ、タイマーを使い2秒間隔で撮影しました。現像した写真をQuickTime7 Proでつなぎ合わせ、12fpsの動画にまとめています。一応4Kです。

DSCN1369

後補正を想定していたので、7-14mmのレンズの広角端で撮影しました。GH2はレンズのイメージサークルを無駄にしないマルチアスペクトモードがあるので、対角14mm相当で撮影できています。

最初、Premiere Pro CCのワープスタビライザーで作成した動画を補正しました。ですが、2秒間隔ではフレームごとの差があり過ぎ、あまり効果的に機能しません。改めてLightroomの「upright」機能を使って水平垂直を整えて現像し直し、再度動画にしています(上の動画)。撮影時のraw素材は1390万画素(4976*2800)なので、補正や拡大を加えても4K(800万画素)の画質は確保できています。

2秒間隔では滑らかさがちょっと足りない感じがします。ただ、カードへの書き込み速度が追いつかないのか、撮影途中にシャッターが落ちないエラーが何回かありました(その際のコマ間は4秒)。1秒間隔とかではさらに発生してしまうかもしれません。


171015|追記 Lightroom現像時の「回転:自動」のみを適用したバージョンも作成してみました。ワープスタビライザーやuprightを使用するよりも、こちらの方が素直でよいですね。

250円のジンバル金具

DSCN1323

偶然、ジンバル金具を手に入れました。
DIYスタビライザーの材料として使えるかもしれません。

Amazonで4個で980円でした。

(おそらく)6mmのネジ穴が切ってあります。

本来は、(多分)家具用のダンパー金具のようです。両端にジンバルがついており、それが2本セットで売られています。
ダンパー自体はDIYスタビライザーの歩行時の上下揺れを抑えるための機構の材料になるかと思ったので購入してみましたが、非常に固く、あまり役に立ちそうもありませんでした。

DSCN1319

DSCN1315

自作スタビライザー「クランプ式」の試作

DSCN1347

ホームセンターの島忠で、大型のL型クランプが売っていたので、つい買ってしまいました。

DSCN1349

併せてコの字型の補助金具も購入し、カメラを固定してみました。

DSCN1352

スタビライザーのようなものが出来上がりました。

クランプは鉄製でそれなりの重量があるので、コンデジ程度の重さであればちょうどグリップ周辺の高さに重心がきます。
重心を中心に両手で構えることにより、水平撮り専用のスタビライザーとして一定程度の安定性は期待できそうです。

とはいうものの、このクランプは2,780円、補助金具は388円もします。
今時3,000円以上かけてDIYするならば、もう少し性能のよいものを作りたいところです。
性能だけでなく、価格でも既製品に負けてしまいます。

このジャンルのスタビライザーであれば、鉄製の水道管が定番の素材です。
私が初めて自作スタビライザーを知った頃に比べ、
制作方法も合理的になりました。

コンデジ用リグ「まな板式」

スマホ用リグに続き、コンデジの動画撮影用リグを作ってみました。

DSCN1313

板を用意します。100円ショップのまな板を使いました。

DSCN1332

ドリルで穴を空けます。

DSCN1335

クイックシューを取り付けます。安いもので十分ですが、平らな板に取り付けるので、固定ノブなどが引っかからないものを選んでください。
以前DIYのスタビライザーを作った時に購入したSLIKのクイックシューを流用しました。
下から長さ16mmの1/4インチネジをワッシャーを1枚噛ませて取り付けています。

DSCN1338

DSCN1341

出来上がりました。こんな感じです。
できれば組み合わせるカメラは液晶がチルトするタイプが良いと思います。

DSCN1343

三脚穴の位置、レンズの繰り出し量を考慮して穴の位置を決めたので、カメラがちょうど真ん中に来ています。
照り返し防止のために、黒のパーマセルを貼ってみました。


ゼンマイ式の茶運び人形のように両手で持って撮影します。手首の微妙な動きが封じられるので、撮影時のパン・ティルトが大幅に安定します。また、画面の水平も維持しやすくなります。

以前作成したものより小型化しているので、狭い室内などで特に役に立つと思います。逆に、歩行時の縦揺れはほとんど軽減できないので、屋外での使用ではあまり役立たないかもしれません。

もう一回り大きいまな板を使い、モバイルバッテリーを乗せる・(別録り用の)ボイスレコーダーを並べる、など、いろいろ夢も膨らみます。


171011|追記
DSCN1366

裏側がボルトで出っ張ってしまったので、ゴム足をつけました。持ち手に影響しないよう、三本足としています。

LED電球への交換

昨年(2016年)末、高演色LEDの存在を知り、自宅洗面台の電球を交換しました。
大変満足し、その後自宅の電球をすべて高演色LEDの電球に交換しました。
その際に気づいたことを書き留めておきます。

DSCN1300

LED電球や電球型蛍光灯いろいろ。長さと発光開始位置はまちまちです。

失敗:LED電球は、先端しか光らない。

最初に購入したのは「電球型」のLED電球でした。シルエットが白熱電球と同じタイプです(冒頭写真の左端)。
形状が近いので使い勝手も同じだろうと考えましたが、間違いでした。

通常の電球とは発光位置が異なり、先端しか光らないことに気づいていませんでした。
こちらを浴室のカプセル型の防水照明器具に使ったところ、

DSCN1279

照明の先端部だけが光っている状態になってしまいました。

照度自体は十分確保され(写真は暗めに現像しています)、光もきちんと拡散されているのですが、照明自体の見えはなんともバランスの悪い状態です(LED電球は寿命が長いので、この状態が長期間続きます。とほほ)。

対策:小型のE17型のLED電球を使う。

DSCN1301

キモは「形状」でなく「発光開始位置」ということがわかったので、対案を考えました。
一回り小さい、E17型のLED電球を使うことにしました(冒頭写真の右端)。装着には、E26ソケットに変換するアダプターが売っているのでそちらを組み合わせます。

DSCN1303

天井の埋め込み型のダウンライトもいい感じになりました。

DSCN1306

玄関の照明も光源が露出せず、いい感じです。

DSCN1285

卓上スタンドにつけてもいい感じです。電球をつけた場合の「フィラメント」とほぼ同位置に光源がきます。

(シャンデリア用?の)フィラメント型LED電球を使う、あるいは、回路部分が小さく、全長の短い(=発光開始位置の低い)E26型のLED電球があればいいのですが、高演色で手頃な価格なものをまだ見つけていません。

各部屋のシーリングライトのみ、まだ蛍光灯ですが、こちらもいずれLEDに交換しようと考えています。
もちろん、高演色タイプのものを選びます。

テープカッター

_PL60432

こういうプロダクトは大好きです。普通で、肩の力が抜けていて、整っている。
まるでデザイナーは介在していないかのように、こだわらず、ささっと作ってしまったような印象です。

色も良いです。クリームキャラメルのような、コーヒー牛乳を牛乳で割ったような絶妙なベージュ。
他にも可愛らしい緑やマゼンダ、青、チャコールグレーなどがありました。

Amazonで284円でした。信じられません。


170831|追記
後で読み返してみて、「無印良品のことか?」と突っ込みたくなってしまいましたが、微妙に違う気がします。このプロダクト、いい意味で(実際はどうあれ)「時間をかけて」「丁寧・綿密」に作った印象がありません。
「センスのあるデザイナーが9to5であっさりとデザインを済ませた感じ」「経験のある職人が、金型を一発で作った感じ」に惹かれているのだと思います。

ちなみに無印良品のテープカッター(テープディスペンサー)にはあまり惹かれません。

スマホ用リグ「受棚式」

_PL60409

スマートフォン用のリグをつくってみました。

「スマートフォン用リグ」とは、スマートフォンでの動画や静止画の撮影時に、持ちやすくしたり、アクセサリーをつけるための「枠」のことです。

本格的なやつはこんな感じです。↓

他にも、Smartphone Rigで検索すると色々出てきます。

ここまで多機能である必要はないので、もう少し簡単なやつを作ります。


_PL60426

↑ ステンレス製の受棚金具(「棚」を作るための金具)です。大きい方を使います。島忠ホームセンターで1,350円でした。質感はなかなかよいのですが、ちょっとだけ高価です。

_PL60421

↑ スマートフォン用の三脚です。100円ショップのダイソーで購入しました。上下にバラすと、スマホ固定用の金具とミニ三脚に分かれます。三脚部は使いません。

_PL60424

↑ 1/4インチネジです。インチネジは日本のホームセンターにはあまり売っていないので、カメラ用品売り場で購入する必要があります。商品名は「ETUMI 止めネジ」。以前つかっていたものを流用しました。180円でした。購入当時から値上げして、Amazonだと343円です。
170909|追記 頻繁に付け外しする必要はないので、簡便で安いものに交換しました。

_PL60430

↑ こんな感じに組み上げます。

_PL60411

↑ スマホ固定用金具のバネはかなりキツめなので、(壊れない限りは)意外としっかりと固定されます。

_PL60406

↑ スマホの液晶を隠さず、両手でしっかり握ることができます。


電動スタビライザーほどの威力はありませんが、十分実用になると思います。

DIY Smartphone RigでYouTubeを検索すると、もっと凝ったものも出てきます。

170828|追記 その後、Amazonを検索して、数百円でしっかりしたグリップが売られているのに気づきました。手作りなのに材料費で負けてしまいました。ただ、悪くありませんが、こちらは片手グリップになります。撮影時の安定のためには、「両手でしっかり持てる」ことが重要だと考えています。

170909|追記 その後、このようなアイデアを見つけました。フォトフレームと輪ゴムで材料費100円。素晴らしい。完敗です。

170918|追記 「受棚式」と命名しました。