Sketch解説本『Sketch』

DSCN1173

BNN新社から発行された、吉竹 遼 著 『UIデザイナーのためのSketch入門&実践ガイド』を購入して読んでみました。

Sketchは使い込んだことがなく、色々と「気づき(笑)」がありました。
備忘録としてメモしておきます。

  • 概念「ページ」。
    複数種の「アートボード」をまとめたもの。IllustratorやInDesignの「(ページ含めた)ペーストボード(エリア)」の概念に近い。ただし、複数枚持てる。1種類のアートボードを(ページとして)複数枚持つのではなく、複数種のアートボードの「セット」を複数枚持てるというのはいい。
  • 概念「シンボル(とインスタンス)」。
    FireworksやFlashを使っていた時に経験・理解済み。
  • 「シンボルの入れ子」とAtomic Design。
    使いこなしの話。
  • 概念「シンボルの(部分的な)オーバーライド」。
    おぅ、これは便利。
  • 概念「リサイズ」。
    要素の拡大縮小の際の小要素の挙動。マルチデバイス対応には必須なのだろうな。
  • 要素・スタイルのセルフライブラリ化・メンバー間共有。
    CC以降(?)、Adobeも普通にやるようになった。
  • プラグインによる拡張。
    どうやらSketchを利用する上では必須らしい。
    • レイヤー名・シンボル名の置換・管理。
      これは新鮮、これは便利。「キレイなファイル」をみな作りたがっている。
  • 外部サービスによる連携。
    これもSketchが選ばれている理由らしい。

新時代のソフトは新しいですね。

でも、やっぱりSketchも、画像の割り付け方法は「配置+大きさ調整+マスク作成+マスク適用」でした。面倒です。
また、角を引っ張ると、トリミング(クロップ位置・量)はそのままで、写真が歪むのがデフォルトの挙動でした……。

InDesignの画像の割り付け

(以前のエントリー、「InDesignでWebDesign」の続きです)

例えば、InDesignの画像の割り付け作業は、他のAdobeソフトに比べ、とても簡単、かつ効率的です。

チュートリアル(のようなもの)を作成しました。1分47秒の動画です。

「画像の割り付け(+トリミング)」自体はもちろん、Photoshop、Illustratorを使って行うこともできますが、InDesignに比べ、工程はもう少し煩雑です。

Adobe XD(Adobe Experience Design CC)はInDesignに似た割り付け方法ですが、対応ファイルが少ない(例えば、.aiや.psdは割り付け不可)、画像を(外部リンクでなく)内部に持ち、ファイルがそれなりに重くなる、カラープロファイルを管理する機能がない、など、まだまだ荒削りです。

WebデザイナーがInDesignをさわることはまずないと思いますが、SketchやXDを「発見」した方なら、InDesignも一度触ってみることをオススメします。

また、印刷物のデザイナーでも、タイミングを逸すると、InDesignを全く経験しないままキャリアを積むこともあるようです。以前から使っているアプリを惰性でそのまま使い続けていると、作業効率でいつのまにか他者に差を付けられてしまいます。

InDesignの実務での導入をオススメするかはさておき、開発環境に於けるアプリケーションの選択は、常に柔軟に考えたいと思います。


ちなみに、InDesignの画像の割り付け方法は他にもあります。

  • Finderから画像ファイルを(何も配置されていない)アートボードやペーストボードにドラッグ&ドロップで割り付け。
    • クリックで実物大・ノートリミングで割り付け。
    • マウスで範囲を指定し、その範囲内に(縮小して)ノートリミングで割り付け。
  • ⌘+Dまたはメニューバー[ファイル]→[配置…]で割り付け。
    • さらにオプションを指定して割り付け。
      • 例)aiの背景を透明にしてアートワークのみを割り付け。
      • 例)pdfのページを指定して割り付け。
      • 例)psdのレイヤーを指定して割り付け。

「雑」な作業、段取りを考慮した細かな作業、どちらにも対応しています。

キヤノンのロゴ

canon

キヤノンのロゴをゲシュタルト崩壊を起こす直前までじっと眺めていると、手塚治虫や石森章太郎の匂いを感じます。

総体としては古臭さを感じない、洗練されたロゴだと思いますが、個々の要素はけっこう素朴です。特に小文字の「a」など。

キヤノンロゴ | キヤノングローバル

考案されたのは1956年だそうです。
『ジャングル大帝』よりも後、『サイボーグ009』よりは前です。

今時の、タイプデザインの素養のあるデザイナーならやらなそうな造形だと思いましたが、癖のある表現は旧ロゴをリファインしたことが理由のようです。

DMC-G7動画|大森ふるさとの浜辺公園

近所の(といってもバスに乗って)公園で散歩がてら、撮影テストをしました。

簡単な撮影ですが、色々と思うところがありました。

撮影時の機材・設定

  • カメラ: DMC-G7
  • レンズ: G X VARIO PZ 14-42mm / F3.5-5.6 ASPH. / POWER O.I.S. + DMW-GWC1(ワイドコンバージョンレンズ)
  • 三脚: Velbon CUBE
  • 輝度レベル: 0-255
  • 撮影モード: マニュアル
  • ISO: 200
  • ホワイトバランス: 昼光
  • フォトスタイル: CineLikeV
  • コントラスト: -5
  • シャープネス: -5
  • ノイズリダクション: -5
  • 彩度: -4
  • ハイライトシャドウ: -3・+3
  • iDレンジコントロール: AUTO
  • 超解像: 拡張
  • 回折補正: OFF

編集・色調補正

  • アプリ: FCP X
  • ソフトウェアスタビライズ: 三脚モード
  • シャドウ補正: -10%
  • ハイライト補正: +15%

機材について

  • 純正のワイコンは倍率が低い(0.79倍)こともあり、画質の低下は少ないようです。G7のクロップ量(1.214倍)と合わせると0.98倍。装着前の画角で撮影できます。
  • ですが、付け外しが面倒です。また、ネジが切られていないため、フィルターやフードを付けることができません。
  • 三脚は軽くて素早くおりたたみのできる、とても小型のものですが、強度が全く足りないので風で揺れっぱなしでした。編集時にソフトウェアスタビライズをかける必要がありました。もっとずっとしっかりしたものを使うべきなのですが、機材が重いと行動力が鈍ってしまいます。悩ましいところです。

露出について

  • マニュアルモードでヒストグラムを見ながら露出を決定しました。オート+露出補正を使うより楽かもしれません。
  • 天気の良い屋外のため、シャッタースピードがどうしても速くなってしまいます。「映画風」の質感にするためには1/50秒程が良いのですが、実際には1/100秒前後になってしまいました。
  • シャッタースピードを上げ過ぎないために、絞りもF13前後にせざるを得ませんでした。回折の影響の少ない値はF8.0までなので、かなりぼやけてしまっているはずです。
  • NDフィルターの必要性を痛感しました。また、明るいレンズはいつ使えばいいのだろう、と考えてしまいます。
  • ちなみにG7はマニュアルモードの場合、ISOオートを併用できません。

設定について

  • 編集時の加工を前提にした設定ですが、ちょっと軟調にし過ぎたかもしれません。ハイライトシャドウは逆S字カーブにしていますが、ややリニアに戻そうと思います。
  • 回折の影響も含め、解像「感」が足りない感じがします。リンギングが嫌いなのですが、シャープ量もある程度増やす必要がありそうです。回折補正もオン(AUTO)にしておくべきでした。
  • 彩度ももう少し上げておいてもいいかな。視聴時の環境にもよりますが……。

編集について

  • 後加工は全て劣化の元だと考えているので、なるべくしたくありません。ですがその分、現場の設定が重要になるも面倒です。8bitで撮影する限りは仕方がありません。raw撮影ができれば……。

ちなみに、加工前の動画は以下になります。白とび・黒つぶれを抑えたlog収録風ですが、ここまでレンジを狭めて撮影すると、加工後の劣化が避けられないと考えています。また、風の影響で画面が揺れています。

……。色々書き連ねましたが、スマホなどを使ってもっと無邪気に撮影したほうが、人の心に響く動画が撮影できると思います。

メカニカルキーボード

DSCN1168

Amazonで安いメカニカルキーボードを購入しました。しばらく使ってみて、使うのやめました。その時思ったことのメモ。


  • 購入したのはCherry青軸(軽め・クリック音あり)互換の英語配列キーボードです。
  • クリック音の発生と打鍵は連動していませんでした。「う〜ん、これでは意味がない」と感じました。
  • キーを押し込む過程でクリック音が発生し、実際の打鍵はさらにその奥にありました。クリック音を出さずに連打することもできます。
  • やはり無駄にうるさかったです。
  • 修飾キーの大きさは揃っており、(Mac用に使うための)キートップの入れ替えは簡単にできました。
  • (キートップ変更後の)キーアサインの変更は「キーボード環境設定」からできましたが、どうも左右の修飾キーを独立したキーとして認識していないように感じます。カスタマイズソフトはきちんと導入したほうがよいと思いました(未検証)。
  • 購入したのはテンキーレスモデルですが、テンキーはあったほうがいい、と改めて思いました。
  • 独立したカーソルキーや、「home」「end」「page up」「page down」「del」「ins」などはついているモデルでした。コンパクトモデルを選ぶとしても、これらのキーはゆずれない、と感じました。
  • 「(Backspaceでなく)delete」はあったほうが何かと便利です。「page up/down」もけっこう使います。
  • キーボードが厚いと、けっこう手首が疲れます。あるいは、天板を低めにする必要があります。
  • 薄型の、Apple純正の有線キーボードが自分にはあっているようです。

またしても無駄な買い物でしたが、何かの経験値が少しアップしたのでよしとします。

鼻うがい

妻に「いびきがひどい」と言われたので、鼻うがいをすることにしました。

(インド風の急須を使って)鼻から水を吸うのは怖くてどうしても抵抗があるので、無理やり鼻の奥に水を送り込む方法を考えました。

DSCN1162

100円ショップでスプレー容器を購入し、水を入れます。生理食塩水がよいらしいのですが、面倒なので水道水で済ませます。スプレーのノズルを、

トータルリコール

鼻の穴に当て、何度かシュッシュッシュッとスプレーします。口や反対側の鼻の穴から水が溢れ出てきます。両方の穴にスプレーします。
その後、軽くてばなをかみ、タオルで拭いて終わりです。

すっきりします。若干鼻の奥がヒリヒリし、小学校のプールを思い出します。

効果はあるようです。

nextbit Robinの4K動画

昨年末に購入したnextbit Robinですが、4K動画が撮影できることに気づきました。
テスト撮影をしてみました。

解像については申し分ありませんが、小型センサーということもあり、発色・階調はそれなりな印象です。

カメラアプリ「FiLMiC Pro(Ver 5.5.3)」を使って撮影しました。100Mbpsの4K@24fpsの動画を撮ることができます。ピント・明るさはオートですが、色温度はマニュアルで固定して撮影しています。

撮影された動画はコントラストの高い(※)ものでした。編集の際にシャドウ部を明るくするなどの補正を行っています。また、いくつかのカットでは傾きや構図の調整を行っています。手持ち撮影のカットについては、ソフトウェアによるスタビライズをかけました。

スマホ画面をタッチしての動画撮影はさほど使い勝手のよいものではありませんでした。RobinはmicroSDなどの外部メディアに対応しておらず、内蔵メモリの空き容量だけでは長時間撮影はできません。また、三脚に据えて「カメラ」として使っている間はスマホとして使えません。

ジンバル式スタビライザーなどと組み合わせないと、あえて使用する意味はなさそうです。

iOS版の次期バージョンではLog/Flat撮影をサポートするそうです。