tumblr専用マシン

「tumblr専用マシン」を考えてみました。もとい、「Dashboard閲覧/reblog専用マシン」を考えてみました。

最近、tumblrのDashboardに、tumblr論やtumblr入門記事のリンクなどが多数流れてきます。いよいよtwitterなどのように大ブレイクするのでしょうか。

突然ですが、便乗して(?)「tumblr専用マシン」を考えてみました。

モニタは縦型

Dashboardを眺めるにはやはり縦型モニタがいいでしょう。VAIO type Pでtumblrやりたい、という人はあまりいないはずです。
長いquoteも一気に読める、周辺視野で次のpostを先読みできる、縦型の写真も切れずに表示、いい事ずくめです。EIZOのモニタなどは画面の90度回転に対応しています。

OSはUbuntu

縦型モニタはいい事ずくめのはずなのですが、テキスト表示に問題があります。文字のアンチエイリアス表示にサブピクセルレンダリングを設定していると、ちょっとまずいです。本来rgbの並びの液晶の画素が、縦になってしまうのです。

そこで、Ubuntuの出番です。Ubuntuの画面表示のカスタマイズは強力で、vrgb(垂直のrgb)のサブピクセルレンダリングに対応しています。高品質なフォントを追加すれば、美しく縦に長いDashboardの出来上がりです。

ブラウザはFirefox

Ubuntuには最新版のFirefoxが最初からインストールされています。Greasemonkeyとユーザースクリプトなどで拡張すれば、快適な閲覧ができます。
Greasemonkey拡張の話題は、皆さんご存知ですよね。

キーボード

(写真とは異なりますが)キーボードはやはりテンキーのないものが良いのでしょう。j、k、p、tといったショートカットを駆使しまくる操作にはテンキーや拡張キーは不要です。最新のApple Keyboard(ワイヤード|テンキーなし)などがお薦めです。机の天板との段差が少ない薄型のキーボードはとても快適です。

まとめ

……と、ここまで書いてみましたが、正確にはこれ、「tumblr専用マシン」ではなく、「Dashboard閲覧/reblog専用マシン」ですね。
オリジナルのpostを大量に行なうアルファtumblr-erは、決してこんな環境ではないのかも知れません。

電源ケーブル周り

バケツで電源ケーブルをまとめました。机の下のごちゃごちゃを改善できます。

パソコン周りの電源ケーブルの処理、皆さんかなり苦労されているようです。
臓物状態になっているケーブル達をなんとかきれいにまとめるべく、いろんな工夫がなされているようですが……。

BALMUDA design | Colony
これを見たときは結構感動しました。でも、値段が……。ここのプロダクトって、基本的にどれもかなり高いですよね。

【Bluelounge Design】ケーブルボックス[The CableBox]
これもいいですよね。価格もお手頃だし。

無印良品のCDボックスでケーブルすっきり | 景観デザインを目指せ
お金をかけなくとも手間をかければ、の好例ですね。

で、私はこんな感じです。

お金もかからず、手間もかかりません。放熱も問題なし。かなりすっきりします。

周辺光量

APS-Cのレンズはやはりイメージサークルに余裕がない。

EF-S18-55mm F3.5-5.6 ISの周辺光量を調べてみました。

広角側の18mm、絞りは解放、無限遠です。レンズ前面にRWフィルター(※)をつけて、オートで撮影しています。

結構、落ちてますね。

書類の複写をする訳ではないので、撮影の際の周辺光量落ちとかは全然気にしないのですが、APS-C専用のこのレンズはやはりギリギリまでイメージサークルをケチっている事がわかりました。

専用ソフトのDPP(Digital Photo Professional)を使えばほぼ完璧に補正できますし、小型軽量の廉価なレンズなので、いい意味で割り切っているのでしょう。

////////////////////////////

一応繰り返しますが、レンズ性能とかは全く気にしない方です。歪曲とか周辺光量とか、写真を撮る上ではほとんどどうでもいい事だと思っています。念のため。

※「脇リギオ フィルター」とかでググってみてください。

EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS

EF-S18-55mm F3.5-5.6 ISは、レンズキットで買わないと絶対損。

ゴールデンウィークの家族旅行の為に、デジタル一眼レフ用の交換レンズを1本購入しました。
Canon EF-S18-55mm F3.5-5.6 ISです。

長らく銀塩時代の単焦点で済ませてきましたが、(APS-Cサイズの)広角側がどうしても足りません。小型軽量の単焦点が出ないかな〜とずっと待ってはみましたが、純正のキヤノンからもレンズメーカーからも一向に発売される気配がありません。で、我慢できなくなって、買ってしまいました。

実は初めてのズームレンズ(!)、初めてのIS(手ぶれ補正)レンズです。小型軽量で、(この価格帯にしては)描写も抜群に良い、と評判のレンズなので結果が楽しみです。

////////////////////////////

買い物メモ

Amazonで22,920円で購入しました。お急ぎ便(350円)を付けて。
価格.comの最安価格は22,470円でしたが、すぐに欲しかったので。それはまあいいのです。

レンズ単品で買うとこの値段なのに、ボディと込みの「レンズキット」だと、Amazonでの価格は、
EOS kiss X2レンズキット価格 63,480円
EOS kiss X2ボディ価格 57,236円
差額 6,244円……。

実質六千円!!!!私は10年以上前からEOSユーザーなのに……。既存ユーザーに対してこの仕打ち……。

私の払った金額と、レンズセットのレンズ相当の金額の差は16,226円。結構な額です。新規EOSユーザー獲得のための販促金を既存ユーザーの私が負担している、という事なのでしょう。

どこのカメラメーカーも似たような価格設定ではありますが、どうも納得いきません。特にキヤノンは「トナー商法」の会社ですし。

ブログ復旧中。

ブログ復旧中。

サーバーをhetemlに変更しました。

記事はそのまま移行しましたが、ページのフォーマット、追加js、cssなどをリセットしてしまったので、画像などが切れています。デフォルトのフォーマットなので、記事内容も意味不明になっています。

また、blogをサブドメインで展開することにしました。

徐々に復旧していきます。しばらくお待ちください。

Point vs Pixel

OSX、Adobeは72ppi、Windows、ブラウザは96ppi。困った。

(補)書いた後で読み返してみましたが、我ながらたいへんわかりづらい内容ですね。
一言でいえば、
「MS Pゴシックアンチエイリアスなしのユーザーを対象にデザインするのはしんどいな〜」
という事です。

////////////////////////////

気付いてしまったのでエントリー。

OSXは、画面解像度が72ppi(※1)であることを前提に設計されています(※2)。
 →したがってpixel=pointとなります(※3)。10ptの文字は、10pxの文字として表示されます。

Adobeのソフトウェアもそうです(※4)。画面解像度が72ppiであることを前提に設計されています。

Windowsは、画面解像度が96ppiであることを前提に設計されています(※5)。
 →OSXやAdobeのソフトに比べ「モニタのキメが細かいことを前提にしている」ともいえます。
  10ptの文字は、110*96/72=10*4/3≒10*1.333… 約13.3pixelを使って表示されます。

現在のほぼすべてのWebブラウザは(※6)、画面解像度が96ppiであることを前提にhtmlを解釈します。
 →「10px」、とピクセルで指定されたら10px相当の文字サイズで描画しますが、「10pt」とポイントで指定されたら96/72*10=13.333pxのサイズの文字を描画します。

ここまでよろしいでしょうか。
上記の前提から、

Adobeのソフトウェア、PhotoshopやFireworksなどのグラフィックソフトでは、ptによるhtmlの文字組みのデザインシミュレーションはできません。かなりアバウトな近似値となります。

「いいじゃん、べつにできなくたって。pxの絶対指定(※7)で組めば、そのシミュレーションはできるんでしょ」
いやいや、整数値のpxで絶対指定する限り、ブラウザの文字サイズは、整数値のptとむりやり解釈され(小数点以下は四捨五入)、意図しないサイズでの指定となってしまいます(※8)。それを実装後に微調整するのは馬鹿らしいと思いませんか。

「もう全部相対指定でいいじゃん。具体的な文字サイズはユーザーが最終決定すればいいじゃん」
いやいや、MS Pゴシックなど、ビットマップを持ったフォントは文字サイズによってキャラクター(文字形状やウェイト感)がかなりバラつくので、コントロールしておきたいのです。

結論。
96ppiはうざいですね。WindowsXP日本語版を対象にするのはほんとにうざい。まあ、諸悪の根源はMS Pゴシックなんですが……。
アンチエイリアス文字表示万歳。ヒラギノ万歳、メイリオ(一応)万歳です。

※1 たいていは、「dpi(dots per inch)」と書かれることが多いようですが、やはりここはppi(pixels per inch)でしょう。
※2 Appleの液晶モニタの解像度が72ppiだ、ということではありません。いまどきそんな粗い液晶モニタはありません。
※3 USの単位では、1pt=72分の1インチとなります。何進法だよ。あ、12進法の6倍か。
※4 Macintosh版もWindows版もどちらも同じです(検証終わってません)。
※5 Vistaであれば、[個人設定]→[DPI スケール コントロール パネル]を使ってDPIスケールを変更できます。ただし、大きく(粗く)することができるだけで、デフォルトの96ppiが最小値のようです。72ppiとかにはできません。
※6 昔のブラウザは、想定する画面解像度を変更できたような気がします。Macintosh版のIEなどがそうだったように記憶しています。
※7 絶対値指定の文字サイズのユーザー側の制御、ブラウザの機能が充実してきたので「文字大きくしたい人」問題はさほど重要でなくなった気はします。
※8 検証画面です。(実質的に)px指定は結局pt換算値を四捨五入して表示されていることがわかります。

上記は未検証な部分も多く、関連する疑問はほかにもありますが、今日はここまで。

TAXI DRIVER vs ALIEN 4

エイリアン4は、タクシードライバーからの引用があります。とりあえず3つ見つけた。

「ロスト・チルドレン」などで有名なフランス人監督の映画「エイリアン4(Alien: Resurrection)」は完全に駄作だと思いますが、私の一番好きな映画「タクシードライバー」からの引用がいくつかあるのでちょっと気になります。

単にオマージュでしょうか。引用の意味を読み解く事はできませんでした。

tumblr向きの内容ですが、postする前に自分のblogにエントリーしておきます。

上:TAXI DRIVER 下:ALIEN 4

靴クリームに火をつけて溶かすって、どのくらいポピュラーなのでしょうか。確かに便利なんですが……。

上:TAXI DRIVER 下:ALIEN 4

袖の中に銃を隠すのが目的です。

上:TAXI DRIVER 下:ALIEN 4

手のひらにナイフを……。痛いっ!