Ubuntu+OSX fonts

安いnetbookには無料のUbuntuだ。OSXのフォントを入れれば、Ubuntuだって結構いける。

Dellなどから出ている、netbookが欲しくてたまりません。特にOSにUbuntuを使用した超低価格モデルがすごく気になります。

サブマシンの場合、webブラウザとメディアプレーヤーさえあれば大半の用は済むので、私的にはOSは何でもいいのです。暇と根気(と英語力)があれば、OSX86で無理やりOSX化もいいですが、以前挫折してますし、非力なnetbookでは使い勝手がスポイルされそうです。

お金を出して重いVistaを入れるのもバカらしいですし、いまさらXPを入れてもあまりうれしくありません。で、Ubuntu、というわけです。

ただ、OSは何でもいいのですが画面の描画にはこだわりたい。特にフォント表示。品質の高い日本語書体や欧文書体を、きれいなアンチエイリアシングで表示させたいのです。

そこで(ライセンス的には完全に真っ黒ですが、あくまでも実験として)、OSXの書体をUbuntuにインストールしてみました。下の画像がその検証結果です。OpenTypeのヒラギノ角ゴシックPro、TrueTypeのLucida Grandeを入れてみています。

(クリックでSafariも含めた比較画像を表示します)

左がUbuntu+OSX fonts、右が通常のOSX。ブラウザはどちらもFirefoxの最新版です。アンチエイリアスの方式が異なるのでUbuntuの方はやや細めでクリスプ、WindowsのClearTypeに近い描画です。文字サイズ/文字間などは完全に一致します。

なかなかいい感じです。「Ubuntuでよりコストパフォーマンスの高いnetbook」、ありだと思いますが、どうでしょう。

////////////////////////////
以下は余談です。

◎頭の片隅で「そんなにOSXがいいならMacintoshでいいんじゃない?」「XPとSafariの組み合わせの方がきれいで快適なんじゃない?」などといった声も聞こえます。すいません。安いものが大好きなんです。

◎以前、DellのVostro 1200にUbuntuをインストールして使っていたこともありましたが、売り払ってしまったので、いまはないのです。

◎欧文のLucida Grandeですが、OSXだと.dfont形式なのでUbuntuでは認識されないようです。ここではWindows版Safariに含まれている.ttf形式のLucida Grandeを利用しています。

◎Ubuntuにフォントをインストールする場合、homeに「.fonts」などの不可視フォルダをつくり、その中に格納するのがよいようです。また、インストール後にフォント
キャッシュの再構築が必要です。

sudo fc-cache -f -v

◎以上の検証はすべてMacBook ProにインストールしたVMware Fusion上のUbuntuで行っています(おいおい、それでまだノートが欲しいっていうのか)。

Inspiron Mini 10

(写真はDell Vostro A90です。Inspiron Mini 9の法人向けモデル。ブラックボディでかっこいい)

Inspiron Mini 10というのが出るらしいです。

プアマンズVAIO typeTといった趣きで、「Ubuntu選択可能」、「1.3kg」、「1366px*768px(16:9)」、「HDMI端子」、「802.11b/g/n」「(たぶん)ファンレス」など、結構グッと来るスペックです。VAIO typePと比べても、堅実ではありますが、勝ってる感じがします。

今月末(2009年2月末)にはリリースされるようです。当然、価格も相当こなれているでしょうし、いよいよ国内メーカーは全滅ですね。個人的には(SONYなど)国内メーカーのノートパソコンの液晶は、海外メーカーに比べ(値段が高い分)高スペックのものが使われている事が多いので、やや残念な気もしますが、まあ「価格破壊」の過程では仕方がないのでしょう。

まじでかなり欲しいです。
「液晶の品質、(多分)しょぼいぞ。キレイな写真観るのとかには向かないぞ」
「Express Card/34のスロットないから、イーモバイルのカード挿せないぞ。モバイルできないぞ」
と自分に言い聞かせてはいますが……。

090220追記:正式発表されましたね。

true tears

true tears」2008年で最も面白いアニメだと断言します。

ここ数年でもベストだと思います。っていうか、これより面白い作品があるなら教えて下さい。観るから。


……と、2008年の末にエントリーしました。その後いくつかのアニメを見る機会がありましたが、やはり今のところこちらがベストです。
シナリオ(台詞)のみならず、キャラクターの微妙な表情、細かな演出、美術(あるいは背景の要素)、音楽(および音響効果)など、すべての要素がストーリー展開のために緻密かつ相互補完的に用いられているので、見始めると文字通り「まばたき」ができなくなってしまいます。そのくらい情報量が多い、完成度の高い作品です。
ちなみに、お話自体はとってもベタな恋愛メロドラマです。泣けます。

その後に観た作品、どれも大変面白かったので追記します。

紅(kurenai)」こちらも非常に良かったです。僅差で「3位」くらいでしょうか。
よく練られた台詞と声優の上手さ、哀しくて熱くて温かいストーリー、無国籍な音楽、iPhoneに入れて何度も観ました。サウンドトラックも買いました。
全体の面白さあってですが、6話は「神」回です(ご覧になった方、そう思いますよね)。
勢い余って原作のライトノベルも読んでみましたが、こちらの方は正直なところ、大ハズレでした。

「喰霊 -零-」こちらも楽しめました。
ただ、シリーズ構成の大胆さに「掴まれた」ところもあるので、見終わってしまえば、「あ〜面白かった」しか残りませんが……。

ほかにも面白いものはたくさんありました。機会があれば追記します。
いずれにせよ、最近のアニメの質の高さと「多様性」には大変驚いています。
観ていないものもまだたくさんあるので、しばらくの間、こちらの世界は「掘り起こし」がいがありそうです。

さようなら、Vostro 1200。

Vostro 1200を処分しました。

先日購入したばかりのDellのノートパソコン、Vostro 1200を処分しました。

半年ほど使用しましたが、やっぱりどうしてもしっくりきませんでした。購入を検討している人のために、その辺を書き留めておきます。

液晶の品質
これはもう、どうしても耐えられなかった。
光沢液晶の映り込みはともかくとして、暗い視野角が狭い彩度が低いの三重苦。特に視野角の狭さは絶望的です。
12.1インチの小さな液晶にもかかわらず、通常の距離で、画面の上端と下端で色がまったく違う。目に対する負荷もかなりありました。
また、ノートパソコンは(「制作ツール」であるデスクトップパソコンに対して)「コンテンツビューア」としての側面が強いので、写真や動画の色(彩度/コントラスト)が貧弱だと、まったく意味がない事がよくわかりました。

大きさ・重さ
12.1インチ/A4サイズという大きさは、キーボードの大きさを犠牲にしない、という点で意味のあるサイズだと思います。これ以上キーピッチが狭いと多分使いづらいでしょう。
ですが、2kg弱(1.89kg|4セルバッテリの場合)という重さは、常時モバイルするにはちょっとつらい。家の中での移動が楽になる、という意味なら3kgのノートパソコンでも同じです。だとしたら小型化のメリットがあまりない(※1)、中途半端な軽量化、ということになります。

スピーカー
フロント中央部に(やや左にシフトした形で)小さなスピーカーがついています。ステレオ感のない、小型ラジオ程度の音質です。
もちろん、ヘッドホンを使用すればそこそこの音質で音楽も楽しめますが、ラジカセのように何となくそばで音楽を鳴らす、という利用には不向きでした(※2)。
そのような使い方は想定していなかったのですが、そばに「音楽を鳴らせる機械」があると、そういう風に使いたくなる、というのを改めて感じました。

その他

  • 他のノートパソコンに比べ、ファンが頻繁に回る様な気がします。ちょっと気になりました。
  • 無線LAN(802.11abg)の感度がやや低い気がしました。購入を検討している方は、802.11abgn対応を選んでおいた方が良いかもしれません。

結論としては、ビジネスユースのノートパソコンを家庭用に購入したのがそもそも間違いだった、という事なのでしょう。コストパフォーマンスの高さに目がくらんだ私が愚かでした。

費用一式
結局、以下のようになりました。

106,804円:本体購入時金額
10,500円:バッテリー/Bluetoothモジュール追加費用(※3)
45,382円:買い取り金額(Sofmap買い取り|ビックカメラポイントにて受け取り)

71,922円:消えてしまったお金/楽しませてもらった費用

約6ヶ月使用(2008年1月〜6月)したので、11,987円/月
月額1万2千円の使用料でレンタルしたと考えるか、7万円強で遊んだと考えるか。
iPhoneを2年間使用すると、約21万円かかる事を考えると、大したことない、とも言え……ないですかね。

Vostro 1200、短い間ありがとう。そして、さようなら。

※1 むしろACアダプターの内蔵化、小型化など、電源ケーブル周りを改善してもらった方がいいと思います。
※2 その意味ではMacBook Airも同じかも。
※3 同時期に購入した4GBのメモリはMacBookに換装しました。

prototype.js

「→」を欧文htmlで表記できるって気付かなかったよ。

prototypeのサイトを見ていて気付きました。備忘録です。

……。あれ?

ウホッ!!いい男。ではなくて……。

↑これ。

……。「→」って欧文フォントで普通に表記できたんですね……。ソースをみると、はぁ、「→」ですか……。英語サイトで使用されているのは初めて見た気がします。「→」でググると、ふむふむ……。改めて、勉強不足でした。

また、こちらを見ると、特定のフォントだけに用意されたキャラクターでないこともわかりました。う〜ん、勉強不足だなぁ。

Firefox 3.0

Firefox3のリリースにより、font-familyの指定方法は変わりました。OSXだけの話ですが。

Macintosh版のFirefoxですが、3.0になり、2.0以前とくらべて、font-familyの解釈が大幅に変わりました。

備忘録として、書き留めておきます。

font-familyの指定は、Macintosh用ファミリーネーム(英語)を使用します。

例えば、ヒラギノ角ゴシックProであれば、「Hiragino Kaku Gothic Pro」がMacintosh用ファミリーネーム(英語)です。

この指定のみで、Firefox 3.0とSafari 3.1.1に対応します。

さらに、Firefox 2.0やOpera 9.5も対象ブラウザとしたいのであれば、もう一つ、フルフォントネーム(日本語)も併用します。

例えば、ヒラギノ角ゴシックProであれば、「ヒラギノ角ゴ Pro W3」がフルフォントネーム(日本語)です。

それ以外の記述は、無駄に重複するか単に機能しないかのどちらかなので、必要ありません。

「ヒラギノ角ゴ Pro」不要、「HiraKakuPro-W3」不要、「Hiragino Kaku Gothic Pro W3」不要です。

「ファミリーネーム」、「フルフォントネーム」って何だ、という方は、以前のエントリー、「フォント名はいくつある?」をご覧ください。

ウィンドウのキャプチャーのドロップシャドウをなくす。

screencaptureの環境設定を変更すると、ウィンドウキャプチャーの際にドロップシャドウを消すことができます。でもTigerの時のようにきれいではありません。Property List Editorで設定できます。

またまた備忘録です。OSX Leopardになってから、ウィンドウのキャプチャー(⌘+shift+4、スペースバー)に盛大にドロップシャドウがつくようになってしまいました。

こんな感じです。

これはこれでもいいのですが、Tiger時代よりもシャドウが大きくなったこともあり、説明用のキャプチャーとして使うにはちょっと余白が多すぎるようです。

Macの手書き説明書に、スクリーンショットの影をなくす方法

というのがあったので、参考にしつつ、試してみました。

ターミナルにて、

defaults write com.apple.screencapture "disable-shadow" -bool true

その後、いったんログアウトします。再ログイン後のウィンドウのキャプチャーは、ドロップシャドウがつかなくなります。

こんな感じ。

……。あれ、両肩の角Rの背景は、透明(アルファ)なのですが、白背景(/淡い背景)だとラウンドせずになぜか角がでてしまいますね。濃い色だとRがきちんと出るのですが……。

背景色を濃色に背景色を白に

Tigerのウィンドウはこんな風に、

白背景でもきちんと角が丸くなっています。Leopardになってドロップシャドウの描画方法が変わったのでしょうか(ウィンドウとシャドウをきちんと分離できないから、デフォルトを影付きにしたのかな)。

元に戻す(再びドロップシャドウをつける)にはターミナルにて、

defaults write com.apple.screencapture "disable-shadow" -bool false

その後、再ログインです。

余談ですが、いったん「disable-shadow」という項目を記述すると、初期設定ファイルに今までなかった項目が追加されます。

Xcode(Developer)付属のアプリケーション(ユーティリティ)「Property List Editor」を使って、home/Preferences/com.apple.screencapture.plistを開くと、

このように表示されます(あ、「true」じゃなくて「Yes」だ)。

ブーリアン項目「disable-shadow」が追加されているのがわかります。

一旦こちらができてしまえば、ターミナルを利用しなくともこちらで設定変更が可能です。

いずれにせよ再ログインは必要ですし、ターミナルを利用した方が手軽で確実なのですが……。まめ知識ということで。