font-familyの指定は謎だらけ……

font-familyの指定方法、「極めた!」と思ったのは一瞬だった……。もう、矛盾が生じている。

font-familyの指定方法、「極めた!」と思ったのは一瞬だった……。もう矛盾が発生してしまった。

  • フルフォントネーム(英)を理解するはずのFirefox3で、OSXのシステムフォント「AquaKana」を認識しない。
  • フォントファミリーを理解しないはずのOperaで、ヒラギノ角ゴシックPro W3の<strong>をきちんとW6として認識して(表示して)いる。

さっぱりわからないや……。W3Cの書類を隅から隅まで読むしかないのか……。ううう。

いやいや「拘泥せずに進もう(©野口悠紀夫)」。

font-familyの指定方法(エントリー「Firefox3」のつづき)

font-familyを記述するにあたり、フォント名のどの部分を指定すべきかよくわからない。だが少なくとも、Firefox 3であればどのフォント名で指定しても大丈夫。すべて「フォントファミリー」として認識される。

だいぶはっきりしたのですが、まだ、エントリーをまとめきれません。Windowsも含めた検証がすんだら再度アップしますが、Macintoshのみの検証結果は以下のようになります。

実用面でいえば、今までと特に結論は変わらず、

font-family: Macintosh用ファミリーネーム(英語), フルフォントネーム(日本語)

で指定すればOKです。

具体的な検証結果としては、

◎Macintosh版 Safari(3.0.4)は、

  • Macintosh用ファミリーネーム(英語)を「ファミリー」として理解する。
  • フルフォントネーム(英語)兼PostScriptネームを「単独のフォント」として理解する。
    そして、「ファミリー」を理解できずに<strong>をブラウザのデフォルトフォントで表示する。

◎Macintosh版 Firefox(3.0b2)は、

  • Windows用ファミリーネーム(日本語)を「ファミリー」として理解する。
  • Macintosh用ファミリーネーム(日本語)を「ファミリー」として理解する。
  • フルフォントネーム(日本語)をなぜか「ファミリー」として理解する。
  • フルフォントネーム(英語)兼PostScriptネームをなぜか「ファミリー」として理解する。
  • Windows用ファミリーネーム(英語)を「ファミリー」として理解する。
  • Macintosh用ファミリーネーム(英語)を「ファミリー」として理解する。
  • 要はどのフォント名称でも「ファミリー」として理解する。

◎Macintosh版 Firefox(2.0.0.11)は、

  • フルフォントネーム(日本語)を「単独のフォント」として理解する。
    そして、「ファミリー」を理解できずに<strong>を疑似ボールドで表示する。

◎Macintosh版 Opera(9.25)は、

  • フルフォントネーム(日本語)を「単独のフォント」として理解する。
    そして、「ファミリー」を理解できずに<strong>をスルーしてとぼける。

ようです。

以下のような方法で検証しました。

////////////////////////////

以下は検証方法です

まず、検証用にフォントを作成しました。

「作成しました」といっても、既存のフォントOTEditを利用して切り貼りしただけです。ヒラギノ角ゴシックProをベースに、欧文はLucida Grande、かなはAquaKanaを利用してます。

文字の形状はある意味どうでもよいのですが、フォントファイルに埋め込まれる各種の名称をいろいろ変えて、レギュラーとボールドの二つの書体を「ファミリー」として、つくったわけです。

↑こんな感じです。判別しやすいようにかなりストレートな名称にしています。

↑太字の方は別の名称にしましたが、「ファミリーネーム」はそろえてあります。

↑ファミリーのどのウェイトになるかはこちらで設定します。レギュラーのウェイト設定です。 080707追記(+画像変更)「中」だと実際には「中太(デミボールド)」相当として扱われるようです。ヒラギノW3も「細」であることから、「細」に変更しました(「書体名…/詳細…」の各種フォント名称は「中」のままです)。

↑ボールドのウェイト設定です。

上記のフォントに埋め込んだ様々な「名称」フォント指定(font-familyの指定)を行い、htmlを作りました。

意図通りにこのフォントで表示されれば、その記述がブラウザが「理解できる」フォント指定方法です。

様々な「フォント名」で「font-family」を指定。

↑私自身の備忘録としてのページです。上記のフォントをインストールしていないはずのあなたの画面では、単にブラウザのデフォルトフォントで表示されるだけです。すみません。

Bluetooth内蔵モジュール、参阡円也。

Vostro1200をいろいろ拡張してます。メモリ増設(4GBに)、バッテリー交換(後ろが出っ張らなくなりました)、Bluetooth内蔵モジュールの追加、などなど。

bluetooth module

先日購入したDellのノートブック、Vostro1200ですが、いろいろと追加しています。

メモリを換装しました。2GBを2枚。4GBです。実際には3GBしか認識されませんが、仕様なのでしかたがありません。消費税/送料/代引き手数料込みで12,229円でした。安くなったものです。

Dellのサポートに連絡してBluetoothの内蔵モジュールを購入して取り付けました。外付けのモジュールと大して変わらない値段、3,000円でした。USBのポートが減らないのはありがたい。
ちなみに、送付されてきたbluetoothモジュールは、BCM92045NMDというもの。
ドライバは、http://ja.broadcom.com/products/bluetooth_update.phpから入手しました。

同時に、4セルのバッテリも購入しました。6,000円でした。(モバイル向けに)軽くしたかった訳ではなく、デザインをすっきりさせたかったのです。後ろが出っぱらなくなりました。家の中で使うだけなので、バッテリ容量の低下も特に気になりません。
バッテリの値段ですが、SonyのVAIOとかだと平気で1万数千円〜2万数千円かかってしまうので、かなり良心的です。

実際には送料や消費税がかかっているので、ふたつ合計10,500円です。

本体の値段が106,804円なので、これまでにかかったお金は、129,533円。性能を考えればとてもお買い得、コストパフォーマンスは抜群なのですが、結局「激安ノートを購入」ではなくなってしまいました。

しばらくは無駄遣いはできません。

Firefox 3.0

Firefox 3からは、フォントの太字が疑似ボールドでなく、フォントファミリーの上位ウェイトで表示されるようになりました。期待大。

(OSXの)Firefox 3には期待しています。

今回のバージョンアップで日本語のレンダリングも若干変わったようです。

<strong>などによる、太字表現が、疑似ボールドではなく、きちんとフォントファミリーの上位ウェイトで表示されるようになりました。

従来のFirefoxでは、

と、太字が疑似ボールドでしたが、新しい3.0(b2)では、

と、太字がきちんと上位ウェイト(W3→W6)になります。

(参考:htmlによる表示)

ヒラギノ角ゴシック Pro W3

ヒラギノ角ゴシック Pro W3の太字

ヒラギノ角ゴシック Pro W6

※説明用の記述なので、Safariなどでは意図通りに表示されません。

フルフォントネームによるfont-family指定で表示されるようなので、フォントの認識の方式が変わったようです。

引き続き、検証したいと思います。

今回のバージョンアップで、Safari、Operaに続き、Firefoxからも疑似ボールド表示がなくなりました。

OSXってやっぱりいいなぁ。

液晶画面を回転しても、サブピクセルレンダリング。

Ubuntuはサブピクセルレンダリングが充実しています。液晶モニタを(90度)回転した場合の、RGB画素の並び順の変更も想定された設定画面になっていて、すげ〜。

Vostro1200 + Ubuntu 7.10

Ubuntuすごい。

サブピクセルレンダリングの設定が充実している。液晶画面を回転させた場合をきちんと想定して、RGB画素の順番を変更可能にしている。

「VRGB」「VBGR」ってのがすごい。これってWindowsのビデオカードの世界などでは普通にあるのかな? 少なくともMacintoshにはない設定。

画面の回転はMacintoshでもできる(iMac/CoreDuoなどの一体型デスクトップではできない)。

だけれども……

“液晶画面を回転しても、サブピクセルレンダリング。” の続きを読む

Ubuntu 7.10

Ubuntu 7.10をDellのノートブック、Vostro1200にインストールした。ほぼノートラブル。楽しく使えそうだ。

Ubuntuの最新版、7.10をDellのノートブック、Vostro1200にインストールしました。インストールに関しては、ほぼノートラブル。無線LANなどの周辺機器もあっさりつながり、設定いらず、コマンドいらず。しばらくは楽しく使えそうです。

導入の決め手は、

フォントの表示環境はWindows XPよりも進んでいる。LinuxではVista同様にサブピクセルを活用したClearTypeフォントの表示に対応しており、Webブラウザでもデスクトップでも美しい文字の表示が可能だ
Ubuntu Linuxが注目される理由 − @IT

でした。とはいうものの、肝心の日本語書体がダメダメだといくら表示が綺麗でも意味がないので、好みの日本語フォントを入れることから始めています。

Genkyのメモ帳: Ubuntuにフォントをインストールするなどを参考にして、徐々にフォントを追加しています。

Vostro 1200

Vostro1200を買った。安かったから。でも、失敗かも。液晶の品質は悪いし、そもそもかっこう悪い。でも、Ubuntuをインストールしたら、そんなことはどうでもよくなってしまった。

Vostro1200 + Ubuntu 7.10

Dellのノートブック、Vostro 1200を購入しました。080701|追記 思うところがあり、処分しました

だってすごく安かったから(※1)。

でも、梱包箱を開けた瞬間、かなり後悔しました。すごく後悔した。がっかりした。「返品」の二文字が浮かびました。

うわぁ、かっこ悪い……。

期待していたのは、ビジネスユースとしての「割り切った」造り、そこから醸し出される「業務用」デザインによくあるような「こだわらない」機能美……みたいなものが感じられるんじゃないかと思っていたのですが……。
届いたのは、妙に色気を出そうとして、しかし失敗しているディティール、「本当に」製造オリエンティッドな造りのアバウトさの、「持つ喜び」を全く感じさせない、ある意味すばらしく「Dellらしい」製品でした。

実物を見ずに注文したとはいえ、予想を上回るかっこ悪さで、もう本当にがっかり……。

さらにがっかり感を加速させたのは、液晶ディスプレイの品質。

「うわぁ!暗い!」」

「うわぁ!視野角狭い!」

「うわぁ!発色悪い(彩度低い)!」

「うわぁ!黒のしまり悪い!」

(ビジネスユースの)ノートの液晶って、品質低かったんですね。忘れてました。

もう一台のノートがVAIOのTypeF(FE|販売終了)で、明るさ、視野角、コントラスト、発色ともに割とよい方なので、「ノートの液晶はデスクトップに比べ、品質が低い」という基本を忘れていました(※2)。
それにしても、壁紙を単色にして、上と下で色が違う、ってどんだけ……。緑色の壁紙で、モニタの上端が既に紫色w。
グラフィックの環境設定をいじると、かなり改善されますが、ニュートラルグレーがどうしても出せない……。モノクロ写真がどうしてもアンバーに転んでしまいます。

めちゃくちゃけなしていますが、多分、ずっと使うでしょう。なぜならUbuntu 7.10がノートラブルですっごく簡単にインストールできたから。

さすがDell(※3)。

※1

  • A4サイズ/2kg以下の重量。
  • Windows XP Professional
  • Core2 Duo T7250(2.0GHz)
  • 英語キーボード
  • メモリ1GB
  • ハードディスク120GB
  • DVD/CD-RWコンボドライブ
  • 光沢液晶ディスプレイ(1280×800)
  • 無線LAN 802.11a/b/g

でしめて106,804円(税/送料込)。
これだけ安ければ、EeePCやAppleの「Air」なノートが発売されても後悔しない、と思って(たんですが後悔しました)……。

※2

めちゃくちゃけなしてはいますが、銀座のApple StoreでみたMacBookも五十歩百歩の品質でした。はさすがにここまでひどくありませんでした。MacBook Air > MacBook > Vostro 1200ぐらいでしょうか。
昔買ったThinkPadもhpも思い出せばこんなもんでした。今回は光沢液晶な分、黒の締まりは良いですが、気休め程度です。
家電メーカーのノートパソコンの液晶ディスプレイはその点とてもキレイ。

※3

Ubuntu 7.10の完成度が高いせいもしれません。っていうか多分そう。