Bluetoothリモコン

_1000680

なんとなく、Bluetoothのリモコンを購入してみました。

なんとなく、というのは嘘で、スマートフォンのビデオカメラのリモコンとして使いたかったのが理由です。ですが、音量調節ボタンで静止画のシャッターは切れるのですが、動画の撮影開始・停止がうまく機能しません。本来の使い途がなくなってしまいました。

スマートフォンと一緒に持ち歩くことにしました。ポケットの中でもぞもぞと音量を変えたり曲をスキップしたりしています。

iPodなどの音楽プレーヤーを使っていた頃のように、画面を見ずに触覚だけで操作するのは久しぶりです。なかなか新鮮・快適です。


中国の通販サイト、Banggoodで購入しました。ポイントを利用して1200円くらいでした。
本来は、自動車のステアリングホイールに取り付け、運転しながらスマートフォン(の音楽プレーヤー)を操作するためのリモコンのようです。
ポケットに入れると正円で凹凸もないこともあり、意図するボタンを見つけるのに少し苦労します。
Amazonには四角いモデルもあるので、ポケットに入れるのであればそちらの方がよいかもしれません。

Ulefone T1

_1000675

中国メーカーUlefoneのスマホ、T1を購入しました。
海外通販で、送料込みで24,000円ほどでした。

製品レビューは検索するとたくさん出てくるので割愛します。

指紋認証センサーの位置

指紋認証センサーが画面の下にあるスマホを使うのは初めてです。結局(一桁)iPhoneと同じ位置になってしまいましたが、やはりこの場所が一番良いように思います。
背面に配置ではロック解除専用ボタンになってしまい、無駄にボタンが増えますし、側面に配置して電源ボタンと兼用すると、ロック画面(通知のみ画面)を表示できなくなってしまいます。

戻るボタンの位置

ロックを解除した後は、指紋認証センサーは「戻るボタン(Back Button)」として機能します。自分にとってAndroid機を使う根本的な理由は、戻るボタン(+インテント機能)の存在なので、それなりの大きさのボタンが押しやすい位置、かつ「定位置」にあるのは大変ありがたいです。

ナビゲーションバーの位置

ナビゲーションバー(Android OSの基本操作ボタン3個セット)は画面内下部に表示可能ですが、普段は隠しておくこともできるようになっています。画面を有効活用したいので、非表示で使うことにしました。
普段は「戻るボタン」は指紋認証センサーのタップ、「ホームボタン」は指紋認証センサーの長押しで行います。
残念ながら、「オプションボタン(起動中アプリの表示(※1)/画面分割など)」を使いたい時は、都度ナビゲーションバーを表示させる(※2)必要があります。

ちなみに、指紋認証センサーのダブルタップは「戻るボタン×2」です。正しいと思います。

Android標準のUIは?

レファレンスモデル(※3)のGoogle Pixelは、指紋認証センサーは背面、ナビゲーションバーは画面内です。Googleの推奨する配置は一応、そういうことなのでしょう。
使いやすさのため(そうは思いませんが)なのか、将来追加する機能を見込んでいる(※4)からなのか、単に外観がiPhoneと似ないようにするためなのかはよくわかりません。
画面下に何もないのは間が抜けていてどうももっさりした印象があります。あまりかっこいいとは思いませんが……。
171029|追記 「Pixel 2 XL」は画面率高くてかっこいいですね。

その他

  • Densityは「開発者向けオプション」メニューの「最小幅」から簡単に変更できるようになっているのを最近知りました。rootを取る必要もADBコマンドを打つ必要もありません。
    400(432dp)にしています。
  • チップセットの性能は最新のiPhoneの半分以下(Antutuで68182でした)ですが、ゲームをやらないこともあり、実用上の不足は感じません。また、開発者向けオプションでUIのアニメーション速度を半分(0.5)にしたり、「なし」にしたりして、体感上はきびきびと動いています。
  • ケースや保護フィルムは使いません。低価格機ならではです。ただ、アルミの梨地は滑りますね。

いずれにせよ、このモデルは大変気に入りました。しばらくは自分が一番使いやすい設定で使ってみようと思います。


※1. 「起動アプリの一覧表示」のために、「三本指で画面を左から右にスワイプ」というジェスチャーがデフォルトで用意されていますwww
ただ、このスマホはRAMを6GB(通常の1.5〜3倍)搭載しているので、バックグラウンドのアプリをマメに終了する必要はありません。

※2. 非表示にしたナビゲーションバーは画面下端から上にスワイプすると現れます。Google日本語入力の「ん」や「?」のスワイプ入力とバッティングしています……。

※3. Android One(非カスタマイズAndroidが搭載されたモデル)の中には、ナビゲーションバーが画面外側に配置されたものもあります。

※4. Google Playには、ナビゲーションバーをカスタマイズするアプリがたくさんあります。3つを5つにしようとすると、ハードウェアとしての配置は無理ですね。

MIX

本日(2017年10月27日)はiPhone Xの予約開始日だそうです。
Androidにスイッチしてから、iPhoneの動向にはあまり興味がなくなってしまいました。

最近興味があるのは、中国製のスマホです。

「MIX」という名称で、有象無象の中国メーカーからベゼルレス(狭枠)のスマホが出ています。「smartphone mix」で画像検索すると、たくさん出てきます。

中国製のベゼルレススマホはiPhone Xのような画面上部の切り欠き(※1)がありません。インカメラはどうしているかというと、単に画面の下端に配置しているのでした。
自撮りの際はカメラを逆さにするそうです。ある意味合理的です。

また、狭枠化は画面占有率の向上を目的にしているので、液晶は縦長(18:9とか)になるはずなのに、単に16:9の液晶を上部に寄せているだけだったりします(※2)。

デザインスタディモデルをそのまま商品化してしまうような中国の勢い(※3)にはとても驚かされます。


※1. 米国メーカーのベゼルレススマホのEssencial Phone(PH-1)などにはカメラ部の切り欠きが画面内にあります。また、SamsungのGalaxy S8には切り欠きはありませんが完全なベゼルレスではなく、上部にカメラやスピーカーを収めるためのスペースが確保されています。

※2. 単純にボディをやや短くしていることが多いです。また、中国大手メーカーのXiaomiのMi MIXなどはきちんと縦長の液晶を使っています。

※3. 「ベゼルレス」といった外観のトレンドだけでなく、高性能なチップセットと有機EL液晶、さらに広角・望遠のダブルカメラを搭載したハイエンドスマホもあっさり出してきます。それでいてiPhoneの1/3の価格です。

スマホ用リグ「受棚式」

_PL60409

スマートフォン用のリグをつくってみました。

「スマートフォン用リグ」とは、スマートフォンでの動画や静止画の撮影時に、持ちやすくしたり、アクセサリーをつけるための「枠」のことです。

本格的なやつはこんな感じです。↓

他にも、Smartphone Rigで検索すると色々出てきます。

ここまで多機能である必要はないので、もう少し簡単なやつを作ります。


_PL60426

↑ ステンレス製の受棚金具(「棚」を作るための金具)です。大きい方を使います。島忠ホームセンターで1,350円でした。質感はなかなかよいのですが、ちょっとだけ高価です。

_PL60421

↑ スマートフォン用の三脚です。100円ショップのダイソーで購入しました。上下にバラすと、スマホ固定用の金具とミニ三脚に分かれます。三脚部は使いません。

_PL60424

↑ 1/4インチネジです。インチネジは日本のホームセンターにはあまり売っていないので、カメラ用品売り場で購入する必要があります。商品名は「ETUMI 止めネジ」。以前つかっていたものを流用しました。180円でした。購入当時から値上げして、Amazonだと343円です。
170909|追記 頻繁に付け外しする必要はないので、簡便で安いものに交換しました。

_PL60430

↑ こんな感じに組み上げます。

_PL60411

↑ スマホ固定用金具のバネはかなりキツめなので、(壊れない限りは)意外としっかりと固定されます。

_PL60406

↑ スマホの液晶を隠さず、両手でしっかり握ることができます。


電動スタビライザーほどの威力はありませんが、十分実用になると思います。

DIY Smartphone RigでYouTubeを検索すると、もっと凝ったものも出てきます。

170828|追記 その後、Amazonを検索して、数百円でしっかりしたグリップが売られているのに気づきました。手作りなのに材料費で負けてしまいました。ただ、悪くありませんが、こちらは片手グリップになります。撮影時の安定のためには、「両手でしっかり持てる」ことが重要だと考えています。

170909|追記 その後、このようなアイデアを見つけました。フォトフレームと輪ゴムで材料費100円。素晴らしい。完敗です。

170918|追記 「受棚式」と命名しました。

InDesignのインライングラフィック

前回作成したグラフィックエレメントを、テキストフレームを使って一つにまとめてみました。

  • テキストフレームには、文字列だけでなく、グラフィックを挿入することができます。
  • 前回作成した、「加飾した小さなテキストフレーム」を、「グラフィック」と捉え、大きなテキストフレームに挿入しました。
  • カット+ペーストで挿入していきます。
  • 個々のエレメントの左右の隙間は、全角スペースの挿入で済ませました。
  • 文字サイズ・行間を操作することで、意図する左右間・上下間を実現します。
  • 全てのグラフィックまとめた後は、いわゆる「リキッド」な一つのエレメントになりました。

行頭のバレット、行末のリンクアローやアウターリンクアイコンなどを挿入したい時にも使います。

別レイヤーに一つ一つ手作業で配置するのではなく、「きちんと文字列に付いてくる」グラフィックなので、レイアウトの効率はとてもよいです。

InDesignの「テキストフレーム」への加飾

以前のエントリー、InDesignの「段落スタイル」の続きです。

InDesignでは文字列は全て、「テキストフレーム」という専用の「容れ物」の中に収められます。

基本、「テキストフレーム」はテキストを収めるための「透明な容れ物」ですが、簡単な装飾を施すこともできます。枠線の付与、各種配色、角R表現、ドロップシャドウ効果、など、通常の矩形と同等の表現が可能です。

また、格納したテキストに対して配置位置の指定や、余白の確保(cssの「padding」に相当します)もできます。

テキストフレームを加工して、デザインパーツの作成を行ってみました。このサイトのサイドバー下部にある、「タグクラウド」を再現しています。

次のような作業を行っています。

  • 文字列に対して、あらかじめ作っておいた「段落スタイル」を適用します。游ゴシック(プロポーショナル・青文字)になります。
  • テキストフレームに対して、あらかじめ作っておいた「オブジェクトスタイル」を適用します。角R付きの1pxの矩形で囲まれます。
  • テキストフレームに対して配置を「中央」に設定しているので、文字列はフレームの中央に配置されます。
  • テキストフレームのサイズを調整し、文字列の量なりのサイズにします。オブジェクトスタイルには余白の設定も含めているので、ぴったりサイズになります。
  • フレームの横や角をダブルクリックして、サイズ調整します。自動で最適なサイズになります。
  • 右クリックから[オブジェクトサイズの調整]→[フレームを内容に合わせる]で、サイズ調整します。自動で最適なサイズになります。

(文字要素を伴う)エレメントは、「段落スタイル(・文字スタイル)」と「オブジェクトスタイル」の組み合わせで効率良く作成できます。

USB Type-Cケーブル

DSCN1183

近所のコンビニ(ローソンストア100)に売っていました。税込108円でした。白と黒がありました。白を購入しました。
microUSBのものは以前からありましたが、Type-Cケーブルは最近入荷したようです。
パソコンとスマートフォンを繋いでみたところ、データ通信も充電も問題なくできました。
コネクタの根元もしっかりしています。

Apple MFi認証のLightningケーブルも売っていますが、千数百円します。


170722|追記 関連リンクです。
【山田祥平のRe:config.sys】Type-Cポリスの憂鬱 – PC Watch
HANPEN-BLOG