Nokia Lumia 520

P1000051

MVNOにMNPした時にNokiaのLumia 520も買いました。新興国向けのローエンドのWindows Phoneです。Amazonで13,000円でした。

RAMは512MB、フロントカメラ無し、デュアルコア1GHz、画面は非レチナの480×800ドット。LTE非対応です。

この手のミニマムな仕様の機械は大好きです。Android Oneとか、Facebook Liteとか、「新興国向け」を大義名分にした、ロースペック/低価格の禁欲的なプロダクツにはとても惹かれます。これもその一つです。

スペック的にはiPhone3以上、iPhone4未満くらいの貧弱なモデルですが、OSは最新のWindows Phone 8.1です。まだ全然切り捨てられていません。

Microsoft謹製の同期ソフトがあるのでMac版iTunesとの同期も普通にできます。残念ながら曲のレート(★)の同期はできないようです。

きびきびと動きます、とは言えません。全体的にかなり緩慢な動きです。ですが、ユーザーの操作に対する反応が適切なので「ん? 返事しろよ」的な不快さはありません。

基本的にはとてもよい印象ですが、メモ用途のためのDropbox上のテキストファイルと自動同期するテキストエディタ(iOSのTextforce for Dropboxのようなアプリ)をみつけられなかったので、ちょっと使い続けられません。少しの期間しか使っていませんが、しまい込む事になります。


余談|OSのUIについてちょっと

ホーム画面のTile designばかりが喧伝されていますが、Modern UIは、下位階層の方が面白いです。タイポグラフィの極端な抑揚だけで構成されたインターフェイスはとても新鮮です。面分割も罫分割も使われていません。全て余白だけで分割。ボタンの角丸も無し。日本語環境ではメニューもどデカい日本語。潔いです。画面の効率的な利用はあまり考慮されていないので、スワイプ/スクロールがたくさん発生しますが、使っていて納得感はあります。疑似立体表現も使わない表現縛りなど、UI的にはなかなか厳しいとは思いますが、他のOSを真似しない態度はとても好みです。

欧文はSegoe、日本語は游ゴシックのはずですが、漢字に簡体フォントの「Yahei」が頻出します。調べてみたところ、OSの問題ではなく個々のアプリの不備のようです。多言語対応を適切に設定していないアプリが多数あるようです。

Bluedot BNP-500K

P1000032

MVNOにMNPしたのをきっかけに、simフリーのスマホを何枚か購入しました。最近はBluedotのBNP-500Kを使用しています。

税込で9,799円でした。

使い始めてから一月も経っていないものの、特に困っていません。
「困っていない事」に困惑しています。9,799円なのに……。

iPhoneの1/10の値段なのに……。

数年後、スマートフォンも「電卓」や「CDプレーヤー」程度の存在になるのでしょうか。
いずれにせよ「ワクワクする」物ではなくなっているような気がします。

こんなにすぐにスマートフォンが「枯れてしまう」とは思いませんでした。

各社のいろんな機種を購入して、取っ替え引っ換え使い込んでみようと考えていましたが、なんかどうでもよくなってしまっています。


以下はおまけ。使っていての感想です。

  • 5インチのスマホは初めてです。かろうじてズボンの前ポケットに入ります。座ると角が当たって痛いです。
  • 一応片手で持てます。でも、片手で操作する事はできません。せいぜい大雑把なスワイプ程度。
  • 片手で操作するなら4.7インチ(iPhone6)が限界かもしれません。
  • LTE未対応ですが、特に困っていません。
  • SoftBank時代のLTEと同程度、あるいはそれよりも快適かも。
  • 3G H(FOMAハイスピード)に対応しているからかもしれません。
  • 自宅やオフィスにWi-Fi環境があるのも困っていない理由かもしれません。
  • メインで使うアプリは、画像データの先読み(イメージキャッシング)のできるrssリーダー「PRESS」なので、出先では大きなデータをやりとりしないのです。
  • 「戻るボタン」が右側なのにはびっくりしました。機種によってまちまちだったとは思ってもみませんでした。
  • でも、ボタン類が画面の外にあるので、画面を有効に使えてとても快適です。
  • 液晶はとってもキレイです。
  • 「ROM 4GB」というのはアプリをたくさん入れるにはやや心許ないサイズなのですね。Androidのアプリ管理方法を知りませんでした。microSDカードを挿せば、どうにでもなると考えていました。 150621|追記 4GBがパーテーション分けされているのでユーザー領域が狭い、ということのようです。
  • microSDカードは128GBまで対応しているようなので、音楽や動画は山ほど入れられます。

MVNOにMNP。

家族のスマートフォン3回線をすべてSoftbankからIIJmio(みおふぉん)に乗り換えました。

契約更新時期がそれぞれ異なるので、10ヶ月ほどかかってしまいました。今月(2015年6月)、3回線目、最後の乗り換えを終えました。

新しい契約での料金は、全部で月額6,000円弱(※)の予定です。ピーク時には月あたり20,000円以上かかっていたので、1年あたり十数万円の節約になります。大幅に固定費を減らすことができそうで、とてもうれしいです。

キャリア変更後も家族はiPhoneのままですが(買い直しました)、私は脱iPhoneすることにしました。
勢いで安いSIMフリー端末を3枚ほど買ってしまいました。固定費が減ると精神的にとても楽になります。


※契約によってはもっと安くできます。私の場合、ミニマムスタートプラン(SIM1枚|3GB)+ファミリーシェアプラン(SIM3枚|10GB)で合計4枚のSIMを入手しています。音声通話契約×3+データ専用契約×1です。データ専用のSIMはモバイルルータやタブレットで使う予定です。