Mac mini (Mid 2011)の
HDD換装

カエル

自宅のMac mini (Mid 2011)の内蔵hddを大容量のssdに換装しました。備忘録です。

参考にさせていただいたblogはたくさんあったので割愛します。みなさん、ありがとうございます。

私自身のメモを追記しておきます。

  • 購入したssdのファームウェアを確認しましたが、最新でした。機種によってはファームアップ後にフォーマットが必要なものもあるので注意が必要です。
  • データの移行はCarbon Copy Clonerを利用しました。有料ソフトですが、試用モードで作業できました。
  • リカバリー領域(Recovery HD)もそのままコピーできました。
  • 当初は標準の「ディスクユーティリティ」を使おうとしましたが、なぜかうまくいきませんでした。
  • blogによって記述が異なるのですが、私が使用したトルクスドライバーはT6とT8のみでした。
  • Wi-Fiアンテナのケーブルは最後まで外しませんでしたが、作業には支障はありませんでした。
  • 内蔵hddに温度センサーは付いていませんでした。製造ロットによって異なるのかもしれません。
  • Trim EnablerによりPRAMリセット後に起動できなくなる、という情報を見かけました。今回は適用を避けてみました。

交換は思ったよりも簡単でした。交換後はアプリの起動などが大幅に速くなり、ディスク容量にも余裕ができました。外したhddも再利用できます。

使い始めて間もなく5年になりますが、もう数年がんばってもらえそうです。

Lightningケーブル

DSCN0844

Lightningケーブルが使うそばから壊れていきます。

純正品はコネクタ根元の被覆がすぐ破れてしまうし、耐久性を売りにしたケーブルも見た目は丈夫なまま壊れて使えなくなってしまいました。microUSB端子にはめるアダプタータイプのもの購入してみましたがやはり普通に壊れます。いったいどういう事でしょう。

ケーブルに限らず、最近(※)のAppleは「使い捨て」の製品ばかり作っているように感じます。Macのメモリは直付けになり、後から増設できなくなりました。つい最近発売の、Magic KeyboardやMagic Mouse 2も乾電池式から充電式になり、強力な接着剤で固定され中身の交換はできないそうです。バッテリーは何年持つのでしょうか。

金持ちだけが享受できるシンプルさ」を目指しているようでもあり、どうも納得がいきません。

私が大金持ちであれば何の問題もないのかもしれません。LightningケーブルはmicroUSBケーブルよりも使い勝手は良いですし、新しいキーボードやマウスはとても素敵な製品に見えます。高価なオプションを目一杯つけた最新のMacintoshを頻繁に買い替えれば、快適に使い続けられるのでしょう。

「メンテをしながら長く使う楽しみ」は他のプロダクツでやることにします。


※ 今使用しているMac miniは2011年に購入したものですが、その後、メモリの増設をしています。16GBに換装したので今でも普通に使えています。また、今使用しているApple Keyboardは2010年に購入したものですが、特にトラブルもなく普通に動いています。

151120|追記 こんな記事もありました。「Apple Pencil」は破壊しないと分解不可能、バッテリーの寿命が製品寿命になる | iPod LOVE

細野晴臣の「Close to You」。

tumblrを閲覧していたらカーペンターズ(バート・バカラック)の「Close to You」のカバー曲(をYouTubeにアップしたもの)がrblgされてきました。

これです。

とても良い感じです。
調べてみたところ、Jim O’Rourkeのアルバム『All kinds of People ~love Burt Bacharach~』に収録されている曲のようです(※1)。入手することにしました。

AmazoniTunesストアにはありましたが、320kbps/DRMフリーのMP3で提供しているXbox Music(※2)には登録されていません。急いでいるわけではないので結局GEOの宅配レンタルにしました(※3)。

旧作なので50円(※4)でした。50円? 50円……。10曲入りのアルバムなので、1曲あたり5円……。

う〜ん。音楽配信ビジネス、デフレ、著作権収入……。いろんなことを考えてしまいます。

結論は特にありません。


※1. 細野晴臣のアルバム『Heavenly Music』に収録されているバージョンとは違います。
※2. AmazonやiTunes Storeは256kbpsです。
※3. レンタルしたCDは48.000kHz(44.100kHzでなく)/320kbpsのMP3形式で取り込むことにしています。
※4. 送料は別ですが……。

外付けHDDをExFATにしました。

2014年の年末に、自宅の外付けHDDのファイルフォーマットをExFAT形式にしました。MacintoshとWindows双方で標準対応する形式です。
テラ単位のHDDが複数台あったので、玉突きコピーで数日かかってしまいました。

Paragon NTFS for Macなどを使っていた時期もありましたが、KEXT(kernel extension)を色々加えるのはどうも気持ちが良くないので使うのを止めました。

今のところ意図通りに役立っており特に困ってはいませんが、検索するとExFATにまつわるトラブル話もいくつか見かけます。一抹の不安は残りますが、Macintosh標準のHFS+も必ずしも完璧なファイルフォーマットというわけではないようなのであまり気にしないこととします。

ちなみにExFAT形式はAndroidやlinuxには標準で対応していないのですね。
追加でドライバをインストールする必要があるようです。フォーマットし直した後で気付きました。
Androidの場合、root権限が必要なのでそれなりにハードルは高いです。

Hiragino Kaku Gothic Interfaceを普通に使う。

以前の記事、AquaKanaを普通に使う。の再利用です。
Yosemite(OSX 10.10)限定です。

////////////////////////////

①まず、この文字列をコピーし、「テキストエディット」や「Mail」などのリッチテキストフォーマットを扱えるエディタ(※1)にペーストします。(W1)

①まず、この文字列をコピーし、「テキストエディット」や「Mail」などのリッチテキストフォーマットを扱えるエディタ(※1)にペーストします。(W2)

①まず、この文字列をコピーし、「テキストエディット」や「Mail」などのリッチテキストフォーマットを扱えるエディタ(※1)にペーストします。(W3|参考)

②次に、フォントパネルから[よく使う項目]に登録します。

③以後、いつでも使えるようになります。

////////////////////////////

※1 Pagesなどでも使えます。さらに、iOSにも搭載済みの書体なので、iCloudを経由してiOS版Pagesなどでも使用できます。

なんでできるの? と思った方は、上記の記事または、タグ:AquaKanaの記事などをお読みください。

60p素材から60iのDVD作成

備忘録です。DVD-Videoを焼く機会がすっかり減ってしまい、作業のたびに忘れてしまうので。

60pの動画素材から60iのDVD-Videoを作成する際のApple Compressor(4.1.2)の設定です。

[インスペクタ]パネルで、元動画素材のプロパティ、[フィールドの順番:]を[プログレッシブ]に。

ファイルのプロパティ

書き出すMPEG-2(DVD用)[ビデオ]のプロパティ、[フィールドの順番:]を[下を優先]に。

フィールドの順番

この設定により、インターレースされた60iのDVDが作成できます。

源ノ角ゴシックとNoto Sansをcssで指定

源ノ角ゴシック(Source Han Sans)とNoto Sans内のメタデータを調べたので、cssのfont-familyとしてあてがってみました。

源ノ角ゴシックとNoto Sansをcssで指定してみるテスト

◎確認するにはあらかじめフォントをインストールしておく必要があります。

Preferred Family(日・英の2つ)だけが「ファミリー」でフォントを命名していますが、それ以外はウェイト込みの名称となります。源ノ角ゴシックは「Normal」、Noto Sansは「Regular」を使用しました。

異なるnameIDに対して同じ命名(文字列)をしている箇所も多いので、実際には数個(源ノ角ゴシック:5個)で済みました。Noto Sansは言語別の命名をしていないのでさらに少なく(Noto Sans:3個)なります。

  • 源ノ角ゴシック(Windows用・日本語・Preferred Family)
  • 源ノ角ゴシック Normal(Windows用・日本語・Full font name 兼 Family name)
  • Source Han Sans J Normal(英語・Full font name 兼 Family name)
  • Source Han Sans J(Windows用・英語・Preferred Family)
  • SourceHanSans-Normal(Postscript name)
  • Noto Sans Japanese(Windows用・Preferred Family)
  • Noto Sans Japanese Regular(Full font name 兼 Family name)
  • NotoSansJp-Regular(Postscript name)

複数のOS、ブラウザで表示を確認してみていますが対応はバラバラです。昔からちっとも変わっていません。ざっくり調べてみたところ、

Macintosh Chrome:

  • Source Han Sans J(Windows用・英語・Preferred Family)
  • SourceHanSans-Normal(Postscript name)
  • Noto Sans Japanese(Windows用・Preferred Family)
  • NotoSansJp-Regular(Postscript name)

Macintosh Safari:

  • Source Han Sans J(Windows用・英語・Preferred Family)
  • SourceHanSans-Normal(Postscript name)
  • Noto Sans Japanese(Windows用・Preferred Family)
  • NotoSansJp-Regular(Postscript name)

Macintosh Firefox:

  • 源ノ角ゴシック(Windows用・日本語・Preferred Family)
  • 源ノ角ゴシック Normal(Windows用・日本語・Full font name 兼 Family name)
  • Source Han Sans J Normal(英語・Full font name 兼 Family name)
  • Source Han Sans J(Windows用・英語・Preferred Family)
  • SourceHanSans-Normal(Postscript name)
  • Noto Sans Japanese(Windows用・Preferred Family)
  • Noto Sans Japanese Regular(Full font name 兼 Family name)
  • NotoSansJp-Regular(Postscript name)

Windows Crome:

  • 源ノ角ゴシック Normal(Windows用・日本語・Full font name 兼 Family name)
  • Source Han Sans J Normal(英語・Full font name 兼 Family name)
  • SourceHanSans-Normal(Postscript name)
  • Noto Sans Japanese Regular(Full font name 兼 Family name)
  • NotoSansJp-Regular(Postscript name)

Windows IE11:

  • 源ノ角ゴシック(Windows用・日本語・Preferred Family)
  • 源ノ角ゴシック Normal(Windows用・日本語・Full font name 兼 Family name)
  • Source Han Sans J Normal(英語・Full font name 兼 Family name)
  • Source Han Sans J(Windows用・英語・Preferred Family)
  • Noto Sans Japanese Regular(Full font name 兼 Family name)
  • Noto Sans Japanese(Windows用・Preferred Family)

Windows Firefox:

  • 源ノ角ゴシック(Windows用・日本語・Preferred Family)
  • 源ノ角ゴシック Normal(Windows用・日本語・Full font name 兼 Family name)
  • Source Han Sans J Normal(英語・Full font name 兼 Family name)
  • Source Han Sans J(Windows用・英語・Preferred Family)
  • Noto Sans Japanese(Windows用・Preferred Family)
  • Noto Sans Japanese Regular(Full font name 兼 Family name)

の記述が有効でした。ただし、「Preferred Family」が機能してもその際に表示されるウェイトはまちまちです。

ウェイト含めて意図通り表示させようとするとさらにブラウザごとの表示が変わります。

源ノ角ゴシックExtraLightとNoto Sans Thinをcssで指定してみるテスト

実際に使う際には、複数の名称を重ねる必要があります。また、ユーザーが源ノ角ゴシック/Noto Sansのどちらをインストールしているかはわからないので、両方とも記述する必要があります。エラーの発生する(が反応してしまう)指定を先に記述すると、意図する表示が実現しません。

さらに、Bold(<strong>タグ)の再定義も必要だと思います。