フォントの名前を減らしてくれ〜。

前々回のエントリー、「フォント名はいくつある」の続きです。一応これで最後です。
いろいろ厳密に検証した結果。

font-familyで参照可能なフォント名称(フォントファイル内に複数格納されている呼称)は、
OSやブラウザの組み合わせ、参照するフォントの形式によって様々、となります。
わかりやすい法則は存在しません。

と結論づけられてしまいました……。
しんどいな〜。
まだ整理できてないけれども、


概要
◎Mac/Winの大半のブラウザは、フルフォントネーム(日)を参照しています。

◎Windowsの場合だけならば、Windowsファミリーネーム(日)を記述しておけば確実に表示されます。
ただし、強調の太字などが擬似ボールドになってしまいます。

◎Windowsの大半の書体はフルフォントネーム(日)とWindowsファミリーネーム(日)が同じです。
ですから、css上、記述するのはひとつです。

◎MacintoshのSafariに対しては、Macintoshファミリーネーム(英)で指定するのがお勧めです。
強調文字が上位のウェイトにて表示されます。


実用上の結論
font-family { “Macファミリーネーム(英)”, “フルフォントネーム(日)” ; }
としておけば、まず間違いないでしょう。


Windows

Windows IE(7.0.5…)が参照するフォント名
Winファミリーネーム(日)
Winファミリーネーム(英)
フルフォントネーム(日)

Windows Firefox(2.0.0.5)が参照するフォント名
TrueTypeの場合、
Winファミリーネーム(日)
フルフォントネーム(日)

OpenTypeの場合、
Winファミリーネーム(日)
PostScriptネーム|フルフォントネーム(英)
Windows Opera(9.22)が参照するフォント名
Winファミリーネーム(日)

Windows Safari(3.0.2)が参照するフォント名
TrueTypeの場合、
Winファミリーネーム(日)
フルフォントネーム(日)


Macintosh

Macintosh Safari(3.0.2)が参照するフォント名
Macファミリーネーム(英)
PostScriptネーム|フルフォントネーム(英)

Macintosh Firefox(2.0.0.5)が参照するフォント名
フルフォントネーム(日)

Macintosh Opera(9.22)が参照するフォント名
フルフォントネーム(日)

Macintosh IEが参照するフォント名
フルフォントネーム(日)

フォント名はいくつある?


OTEditのMac版がいつの間にか発売されていたので作成。
ここで問題です。
ヒラギノ角ゴシックProのレギュラー(W3)。
このフォントはいくつ名前を持っているでしょうか。
答え:7個

“フォント名はいくつある?” の続きを読む

サブピクセルレンダリング


Windows版のSafari(3.0.2)で日本語表示が可能になったのを記念して。
「サブピクセルレンダリング」という技術がある。液晶モニタの特性(RGBの画素が横に並んでいる)を利用して、アンチエリアスの滑らかさを横方向に実質3倍向上させるためのものだ。
OSXにもいつの間にか(最初から?)導入されていたが、当時、自分のモニタはCRTだったので気づかなかった。
「サブピクセルレンダリング」は一般名刺だが、ライセンスの問題だろうか、各社様々な呼び名がある。
OSXでは具体的な名称はないが(※1)、Windowsだと「ClearType」となる。
また、Adobe Flashにも同様の技術がある(※2)。こちらにも特に名称はない。
さらにはAdobe Acrobat(pdfの文字表示)だと「CoolType」と呼称している(※3)。
基本的な技術/概念は共通なのだが、表示はそれなりに違う、ていうかかなり違う。困っちゃうぐらい違う。
条件を極力揃えてブラウザごとに比較してみた。
サブピクセルレンダリングの比較

“サブピクセルレンダリング” の続きを読む

QuickSilver(ランチャー)はいらない。

(実際に役に立つかどうかは別にして)スタンスとして大変参考になるTips。
CNET 江島健太郎のblogより

なぜQuickSilver使ってないの?という質問が多かったので。
ぼくはTiger以降、OSX標準のSpotlightをラウンチャーとして使っています。Ctrl + Spaceで入力窓を出して(デフォルトはCommand + SpaceでATOKの入力モード切替とバッティングするのでキーバインドを変える)、候補を絞り込んだらCommand + Returnで起動できます。これで必要十分。

デフォルトで用意されたものを使いこなすだけですむのなら、わざわざ新しいものを導入する必要はない、ってことか。