InterVideo WinDVD

パソコンでエロDVDみるならWinDVDとかを使いましょう。

昔書いたエントリーを再利用。

Windowsのソフト、InterVideoのWinDVDは、30フレーム/秒のNTSC動画の各フィールドを補完して、実質60フレーム/秒相当の動画として表示してくれます。

プログレッシブ デインターレース搭載
インタービデオ独自の技術により、60fps の滑らかなプログレッシブ再生を実現。また、インターレース映像の上下ラインから中間にあたるラインを生成することで、より滑らかな映像表現が可能。

このソフトで見ると、動きの滑らかさの印象が明らかに異なります。パソコンで見てもテレビっぽく見えます。

大変重くて使い勝手の悪いソフトですが、手放せません(なんかアフェリエイトっぽくなっちゃったな……)。


DVDビデオの動画表示の改善だけが目的なら、WinDVD 7 GoldのCPRM 未対応版で十分です。

Macintoshでは、まだこのようなソフトウェアは見つけていません。残念です。このためだけにWindowsが必要です。


(以下解説)

NTSCは、60フィールド|インターレース表示の形式(60i)です。

ブラウン管でNTSCの動画は、1秒に60回、画面を(1本おきに半分ずつ)走査しています。半分ずつですので、1秒に30回、画面全体を描き変えています。
30フレーム/秒、60フィールド/秒です。
半分(の解像度)といっても、たいていの場合(動いていなければ)、60分の1秒前の画像はそのまま使用できます。
ですから、60フレーム/秒相当の動きの滑らかさを持っている、といえます。

パソコンを使って家庭用ビデオやアダルトDVD(要は撮影時にビデオカメラを使用した映像)を見ると、ブラウン管テレビで見るときと動きの印象がかなり違います。独特の生々しい感じがなくなり、ある意味「映画」のような質感になってしまいます。
これは、パソコンのDVDプレーヤーソフトが、30フレーム/秒のプログレッシブとして、映像を表示しているからです。
映画やアニメは元々24フレーム/秒ですので、「映像の滑らかさ」に関しては、影響は少ないですが、ビデオ映像をパソコンで表示する場合、ばっさり半分になってしまうので、印象が変わってしまうわけです。

パソコンに取り込むときに、皆「インターレース除去」などでなめてしまうけれど、あれは時間軸上の情報量を大幅に削っていることになります。


070626|追記 このエントリー、ハイビジョンテレビの技術革新が進む今日では、ひじょうにマイナーな話題ですね。
現在のトレンドは、

液晶テレビ倍速化、その効果のほどは?(本田雅一のAVTrendsより)

今年1月のInternational CES。引き続きAV機器の主役はフラットパネルテレビだが、中でも日本の家庭向けでは中心になっている液晶テレビでは、倍速駆動による動きボケ低減機能が注目を集めた。昨年から日本ビクターが提案し続けている、フレーム間の映像をデジタル技術で生成し、秒あたり60フレームのテレビ映像を、毎秒120フレームに増加させて表示させるテクニックだ。秒90フレームとやや中途半端な補間処理ではあるが、松下電器も液晶ビエラで高速フレーム化した機種を提供していた。

ですから。フルハイビジョンで120fps……。1920×1080を1秒間に120枚ですよ。
かたやこのエントリーではSDサイズで60iか/60pか……720×480を1秒間に30枚か60枚か、ですから。

ですが、インターネットとテレビではまだまだ圧縮率や画像サイズ/フレームレートに雲泥の差があります。
ハイビジョンの高画質をwebでは具体的に例示できないし、パソコンでは表示できる色域も全然違います(※1)。

単に愚痴になってしまいました。

※1 NTSC比90%とかが「高画質」な新商品と謳われるのですから。液晶テレビも最新のものがNTSC比102%ですから僅差になりつつあるようではあります。

QuickSilver(ランチャー)はいらない。

(実際に役に立つかどうかは別にして)スタンスとして大変参考になるTips。
CNET 江島健太郎のblogより

なぜQuickSilver使ってないの?という質問が多かったので。
ぼくはTiger以降、OSX標準のSpotlightをラウンチャーとして使っています。Ctrl + Spaceで入力窓を出して(デフォルトはCommand + SpaceでATOKの入力モード切替とバッティングするのでキーバインドを変える)、候補を絞り込んだらCommand + Returnで起動できます。これで必要十分。

デフォルトで用意されたものを使いこなすだけですむのなら、わざわざ新しいものを導入する必要はない、ってことか。

擬似ボールド

ググっても出てこないので、自分で「擬似ボールド」の定義をまとめてみた。
検証画像

上 Safari(2.0.3)による表示。正しい太字表示(W3→W6へのウェイト変更)。
下 Firefox(2.0.0.3)による表示。擬似ボールドによる太字表示。


定義ここから。
1.
欧文フォント(書体)は基本的に単体で設計されておらず、ファミリー(同デザインの書体群)で設計されている。
ファミリーの内訳は、太さ(ボールド/ライト)幅(コンデンス/エキスパンド)斜体(イタリック/オブリーク)など様々(※1)。
2.
日本語のOS(Macintosh/Windows)で、標準搭載されている日本語フォント「ファミリー」は大変少ない。具体的には、
Macintosh(OSX)ならば、
・ヒラギノ角ゴシック
・ヒラギノ明朝
Windows(Vista)ならば、
・メイリオ
のみである。
OsakaやMS ゴシックなど、永らく日本語OSには、フォント「ファミリー」は用意されていなかった(※2)。
3.
(各種ソフトウェアや)webブラウザでは、ファミリーを持たない書体の為に、ユーザーが太字指定したものを(上位のウェイトを使用せず)、輪郭を拡張することで「太字のようなもの」を表示させる機能がある。
この機能、およびこの機能で表示される表示を「擬似ボールド」と呼ぶ(※3)。
定義ここまで。


4.
cssで、日本語フォント「ファミリー」を指定した場合、
正しく解釈するものと、解釈できずに無視するものがある(ようだ)。
日本語フォント「ファミリー」を解釈できないブラウザに対しては、目的のフォントを表示させるためには、「フォントファミリー」でなく「(個別の)フォント名」を指定する必要がある(ようだ)。
5.
個別のフォント名を指定してしまうと、<strong></strong>などの太字指定は、擬似ボールドになってしまう(場合があるようだ)。
※1 活字時代の使用サイズから派生した「オプティカルサイズ」などもある。
※2 Osaka-Boldはあったが、ビットマップ表示では、実質的に擬似ボールドと同じ表示だった。
※3 擬似コンデンス、擬似オブリークなども定義しだすと収拾がつかないのでとりあえずここまで。
地道な検証終わり。

使えるメイリオのfont-size

XPのMS ゴシックにくらべれば、Vistaのメイリオはかなりできがよい。
だが、文字をすべてデバイスフォントでまかなえるほどでもない。
検証してみた(画像は「ワードパッド」で入力し、キャプチャーしたもの)。

◎ 7ポイントでは完全につぶれてしまっている。
◎ 9ポイントの「鬱」になぜかベースラインのずれが。
◎ 16ポイント以上は極端に品質の低下。特に欧文に。

太字も検証。

◎全般的にboldは品質が低い。
◎9ポイントと10ポイントの間に品質上のジャンプが。
◎同じく17ポイントと18ポイントの間にも。