nextbit Robin

DSCN1156

2016年末にnextbit Robinを購入しました。今はこれを使っています。

中華スマホは性能がよくても/質感が高くてもどうしてもiPhoneのパチもん、劣化コピーに見えてしまいます。

デザインの良いAndroid機が欲しいと考えていたところ、並行輸入品がAmazonで2万5000円ほどで売っていたのでつい購入してしまいました。

  • 角を丸めない直方体の基本形状。
  • 金属削り出しではなく、プラスチック製のボディ。
  • 無彩色でなく、原色でもない渋目のカラーリング(ダークグレーに近い紺色です)。

など、ことごとくAppleの逆張りをしています。それでいて

  • 左右対称形・上下も対称形。
  • カメラ部・操作部などはフラット。音量ボタンもごくわずかに膨らんでいるだけ。

など、Appleがやりそうなアプローチを(外観が似ない限りは)積極的に採用しています。

1990年代のZiba Designのプロダクトのようにも見えます。SONYのXperiaにも少し似ているかもしれません。でも防水ではありません。上下についたスピーカーにラーメンのおつゆがはねないよう、上品に使う必要があります。

ADBコマンドでDensityを変更しました。rootは取れませんでしたが、6.0なのでフォントはNoto Sans(レギュラーのみ)です。前機種が5.5インチだったのでやや小さく(5.2インチ)なり、片手での操作もだいぶラクになりました。

FCPX|「マッチカラー」でカラコレもどき

Final Cut Pro Xの機能、「マッチカラー」を使って動画の色補正をしてみました。

撮影時に同じ条件でrawの静止画も撮影し、好みの色調に現像した画像データを素材に、マッチさせています。



色調は変わりますが、思ったほど「マッチ」しません。raw現像時の微妙なこだわりは再現されないようです。



モチーフによってはかなり「マッチ」する場合もあります。追加の色補正を行うことで、マッチさせたい画像にかなり近づけることができました。



青みがかった夕景をマッチさせています。「なんとなく同じ色調にする」ことしかできないのであれば、このように別の場所で撮影した動画を素材にしたほうがよいかもしれません。


動画編集ソフトの色調補正は、写真現像ソフトと使い勝手がかなり違います。
慣れているLightroomで好みの色調に整えられれば、と思いましたが、あまりうまくいきませんでした。
また、そもそもこれは「マッチカラー」の本来の使い方ではありません。

素直に動画編集ソフトを習熟したほうがよさそうです。

MacでADBコマンド

備忘録です。
とりあえずADBコマンドを打ちたいだけなのですが、MacでAndroidの開発をやるための環境設定方法について。

Android Studioのインストール。

こちらでOSX用の最新版を入手。何も考えず標準インストール。

パスを通す。

ターミナルで、

export PATH=$PATH:/Users/ユーザー名/Library/Android/sdk/platform-tools

そして起動。

adb start-server

終了の際はadb kill-serverで。

コマンドの例:Densityの変更

デバッグモードになっているスマホをつなぎ、ターミナルで、

adb shell dumpsys display

で、Density(ピクセル密度)などを把握できます。さらに、

adb shell wm density 400 && adb reboot

で、Densityを400に設定し、スマホを再起動します。Densityの変更だけならrootを取らずに作業できます。

以上。


以下のサイトを参考させていただきました。

ADBコマンドを打ちたいだけなら、Androidの開発環境を 用意する必要はないようです(Windowsのみ)。

プロポーショナル化雑感

blogのフォント表示をプロポーショナルにしました。

はてブで話題になっていた、文字詰めできるCSSのfont-feature-settingsが凄い! 日本語フォントこそ指定したい自動カーニング – ICS MEDIA や、Typekitヘルプ | CSS での OpenType 機能の構文を参考に、font-feature-settingsを記述してみました。その際に気づいたことをメモしています。

雑感

  • 色々試しましたが、結局 palt(全ての文字をプロポーショナル)にしました。(※1)
  • pkna(かなのみプロボーショナル)、halt(約物・句読点半角)なども試しましたが、やめました。本当は括弧類は半角、句読点は全角にしたいのですが、そのようなオプションはありません。
  • プロポーショナル(字幅に合わせた文字送り)にするのが目的で、たくさん文字を詰め込もうとしているわけではありません。試しに letter-spacing: 0.03em などを併記してみましたが、こんどは多用している三点リーダ二つ( …… )の間に隙間が出来てしまいました。やめました。
  • 項目の区切りに多用していた全角パイプ( | )の前後が詰まってしまいました。どうしよう。

あまりの融通の利かなさに、PageMakerの初期バージョン(30年近く前)を使用してる気分になりました。Web上でキレイなフォントをキレイに(かつ合理的に)組版できるようになるのはまだ数年ほどかかりそうです。

Webフォントのプロポーショナル化

  • Googleが用意したWebフォント(Noto Sans)にはfont-feature-settingsは適用されませんでした。軽量化のためにプロポーショナルメトリクス情報が削除されているようです。
  • 武蔵システムの「サブセットフォントメーカー」で軽量化するとやはりメトリクス情報は削除されてしまいます。ちなみに、ヒント情報なども削除されるので、表示も劣化してしまうようです(※2)。
  • (サブセット化・軽量化されていない)本来のNoto Sansを武蔵システムの「WOFFコンバータ」で変換するとメトリクス情報は削除されませんでした。ですが、容量が巨大なので、Webフォントとして使用するのは現実的ではありません。
  • メトリクス情報を残したままの合理的なサブセット化の方法はまだ見つけていません(※3)。アプリケーションFontForgeGlyphsなどを調べ始めています。

※1
OSXのSafariでは括弧類の挙動が変です。直後にリンクがあると特に文字詰めの崩れが激しいようです。バッドノウハウには関わりたくないのでとりあえず無視します。他にも制限・不具合はあるようで、こちらのページなどにもまとめられています。
「文字詰め」の使い方 – TypeSquare Blog

※2
武蔵システムさんのサブセットフォントメーカーを使うとフォントが劣化する件 | つめもよう

※3
源ノ角ゴシック(Source Han Sans)をサブセット化したい時にやったことまとめ – フロントエンド開発Blog | オレには鈍器がある 無料ゲーム公式サイト

CSSとJavaScriptで文章をメモ書き風に – ウェブログ – Hail2u.net

Webフォントの導入

blogのフォントを変更しました。

スマートフォンの表示が良くなかった(モトヤが好みでなかった)ので、Webフォントを導入しました。Google Fonts + 日本語 早期アクセス • Google Fonts + Japanese Early Accessで提供されているNoto Sansを使っています。

@font-faceの記述の際に、フォントファミリー「Coluli」を定義し、ローカルフォントとして游ゴシックを組み合わせました。変更後は、

OSX:游ゴシック体(ミディアムとボールド)
Windows10:游ゴシック(ミディアムとボールド)
Windows8.1:游ゴシック(レギュラーとボールド) ◎ミディアムが入っていないため。
Windows7:メイリオ ◎游ゴシックが入っていないため。
スマートフォン:Noto Sans(デミライトとボールド)

で表示されていると思います。

Feedlyにfeedが反映されない。

昨日エントリーした記事が未だにFeedlyに上がって来ません。rssは正しく吐き出されているようなので、wordpressのキャッシュに問題があるのかfeedlyが捌ききれていないだけなのか……。

こちらの記事を参考にwp_feed_cache_transient_lifetimeを変更してみましたが、数分経った今もFeedlyに表示される気配はありません。

inoreader」に登録して確認したところきちんと更新されているのでFeedly側の問題のようです。

気休めに、wordpressのプラグイン「PubSubHubbub」をインストールしてみました。相変わらずダメです。

しばらくしてFeedlyに表示されるようになりました。単に時間が経ったからなのか、上記いずれかに効果があったのか。不明です。

InDesignでWebDesign

備忘録ですらない完全な独り言。Adobe InDesign CCがWeb(グラフィック)デザインツールとして最適なのではないかという仮説。

ひとりQ&A

Q. え? InDesign? あれは印刷物を作るアプリでは? なんでまたInDesignなんかでWebデザインを?
A. とにかく速いから。軽いからです。速さは正義。軽さは正義。

Q. どのくらい速い/軽いアプリなの?
A. Adobe XD(Adobe Experience Design CC)より速いと思います。
◎「ヌルサク感」はXDの方がよいので、体感的にはXDの方が速く感じるかも。

Q. Adobe XDなんて使ったことない。もっと一般的なアプリで比較して。
A. Photoshopよりも当然速いです。Illustratorよりも速いです(Illustratorはそもそも激重アプリ。使う人の気が知れない)。Sketchは使い込んだ事がないので保留ですが、バージョンアップを繰り返し重くなってしまったと聞いています。Fireworksも作業効率の良いアプリでしたが、総合的にはInDesignに負けます。

Q. 信用できない。
A. 一定数の文字列や画像を配置して、いろいろ操作してみてください。ファイルオープンの時間や保存にかかる時間、レインボーサークルの発生する頻度を比較すればわかります。

Q. 多少速いだけでは意味ないのでは?
A. 速さは正義。InDesignは「ページ」の概念があるアプリ。「アートボード」が数個あった程度で能率は上がりません。1〜数枚のデザインを作成するためのアプリと数十枚以上のデザインを同時に進めるためのアプリの違いです。

Q. 速いだけがメリットのアプリなの?
A. 商業印刷物製作のデファクトなめるな。圧倒的なメリットとなる特徴が他にも複数あります。もちろんデメリットもあります。

Q. 具体的なメリットとデメリットを教えて。
A. 独り言なんで詳細に書く根気がでません。とりあえず箇条書きで放置することとします。


メリット

  • 強力なテキスト制御による(日本語含む)デバイステキストのシミュレーション。
  • 強力なテキスト制御による文字画像の並行製作。
  • 「段落スタイル」によるcssライクで効率的なテキスト操作。
  • 「段落スタイル」によるcssライクなパディング処理。エレメント処理。
  • 「テキストフレーム」を利用したcssライクなパディング処理。エレメント処理。
  • 「文字スタイル」によるcssライクなインライン修飾。
  • 「段落スタイル」の継承による合理的な要素管理。
  • 環境設定とグリッド設定による厳密なpixelベースの作業。
  • 「マージン・段組」を利用した、合理的なグリッドシステムの適用。
  • 小数点以下の数値入力による、高解像度デバイスへの対応。
  • 「ページ」「マスターページ」の概念による、ページ間のグリッド・デザイン・共通要素などの連関維持。
  • 「フレーム」を使ったクリッピングマスク処理いらず、スマートオブジェクト化いらずの画像割り付けと作業ファイルの軽量化。
  • 読み込みファイル形式の充実と何も考えずに下処理いらずで放り込めるリンク管理。
  • 割り付けたオブジェクトは全て「リンク」として外部ファイルに。ファイル容量の軽減。
  • 「Links」フォルダ内の「暫定」画像を「本番」画像で上書けば、デザインファイルもアップデート。トリミング位置も維持。
  • 読み込み・書き出し時のシンプルで容易なカラープロファイル管理。
  • 背景透過png書き出しによる、基本的な画像書き出し(2x含む)対応。
  • 余白も制御可能なパーツ単位でのjpg書き出し・png書き出し。
  • PDF出力・紙出力との親和性。デザイン完成時にプレゼン資料も併せて完成。
  • 高品質なワイヤーフレーム作成ツールとしての活用。以降のデザイン開発へのシームレスな移行。

デメリット

  • 「pixel by pixel」表示の概念がない。作業中は脳内補正が必要。
  • 作業中の表示がそれなりに粗い(「書き出し」後の画像ファイルは完璧)。
  • ブラウザプレビュー、外部デバイスプレビューなど、完成イメージを何度も素早くチェックする機能がない。
  • Photoshopの「アセット」のような、実装用画像切り出しの効率化を助ける機能はない。
  • 切り出し画像に事前にファイル名を付与しておくことができない(書き出しごとに1枚ずつ逐次命名)。
  • 書き出したpngファイルにカラープロファイルが付かない(jpgには付く)。
  • jpg書き出し時に細かな圧縮率の調整ができない。
  • 「透明」カラーの操作が貧弱。
  • (バイキュービック/ニアレストネイバーなど)画像拡大縮小の方法は選べない。拡大縮小時のシャープネス追加も行えない。
  • (今となってはもう不要だが)アンリエイリアス無しのデバイス文字はシミュレーション・作成不可。
  • 文字画像書き出し時のフォントのレンダリング方法(「クリスプ」「滑らか」など)は選べない。