低価格のビデオスタビライザー「TEEDA STB-145」の購入とバランス調整

低価格のスタビライザー「TEEDA STB-145」を購入しました。まずはバランス調整を行ないました。

市販ステディカムのバランス調整

プロ機材ドットコムで低価格のビデオスタビライザー「TEEDA STB-145」を購入しました(※1)。税込み19,740円と市販品としては破格値ですが、それなりに本格的なボールジョイントのジンバル式スタビライザーです。自作ステディカムの材料費と比較しても十分安いと思い、どんなものかと試しに購入してみました。

////////////////////////////

P1020049.JPG

こんな感じの可愛いトートバッグに入っています。

P1020051.JPG

全てのパーツです。冒頭のLumix GH1+14mm/F2.5と組み合わせる際にはエクステンションパーツは使用しませんでした。

P1020046.JPG

微調整用としてスライドレール(2,200円)も購入しました。

////////////////////////////

まずはバランス調整を行いました。

市販ステディカムのバランス調整

仮組み後、まず重心の調整をします。お盆と菜箸で「シーソー」を作り(※2)、ウェイトをつけはずししながらジンバル下部辺りに重心が来るようにします。

市販ステディカムのバランス調整

次に、前後の傾きを本体のスリットを使って調整します。カメラの取り付け位置を前後させながら、カメラがうつむかないよう/あおむかないように調整します。

市販ステディカムのバランス調整

同時に、スライドレールを使って左右の傾きも調整します。目盛りがついているので液晶を開いたとき/閉じたときなど再調整を容易に行うことができます。

市販ステディカムのバランス調整

調整完了時の組み合わせです。やはり市販品は各種調整がやりやすいです(※3)。冒頭の写真のようにバランスが取れている状態では机の端にそのまま立てることもできました。

////////////////////////////

※1 STB-145は「現在取扱停止中」となっています。購入できません。予約も受け付けていないので、もしかするとバージョンアップを控えているのかもしれません。あるいはパテント関連で販売できなくなってしまったのか……。一回り小さいSTB-094は2012年1月現在でも入手可能ですが、搭載可能重量、各種調整範囲が異なります。

※2 重心の割り出し方法はYouTubeの「ステディカム マーリン セットアップ」という動画を参考にしました。そちらでは杜撰な私とは異なり、細いワイヤーを利用して精度の高い調整を行っています。

※3 ウェイトをつけ外ししやすいように市販の蝶ネジに変更しました。また、本体に金属用のドリルで穴を追加しています(今回は利用していません)。

120215追記|STB-145の販売が再開されたようです。同時に新しい機種も出て、ラインナップが充実しました。小型タイプのSK-W02などが良さげです。さっそく使い始めた方もいました。

剪定鋏式スタビライザー

新方式の自作ステディカムを考案しましたが、まだうまくいっていません。

ほぼ2年ぶりにビデオスタビライザーの製作を再開してみました。

従来のジンバル式とは異なる、新コンセプトのスタビライザーです。
先日、テスト撮影をしてきました。

……。あんまりうまくいっていないので詳細は割愛します。
改善したらまた紹介します。

新方式の名前は「剪定鋏(せんていばさみ)式スタビライザー」です。

111221追記|やっぱりVimeoはやめてYouTubeで上げ直しました。

200円でつくるコンデジ用ストラップ

100円ショップのストラップを使ってコンデジ用の2点吊りストラップを作りました。

Ricoh CX5

R0010084

ときどき散歩をします。デジカメを持って出かけます。
大きなカメラでは「撮影ロケ」になってしまうのでコンデジを持ち歩きます。

その時のカメラは首からぶら下げるのが良いと考えています。
ポケットに入れておくと取り出すのが億劫となり、結局撮らずじまいになってしまうからです。

ですが、コンデジはストラップ取り付け穴が小さいので工夫が必要です。
高価な専用アクセサリーを買うのはもったいないので自分で作ってみました。

100円ショップのストラップ

100円ショップの名札カード用ストラップなどをふたつ用意します。

ストラップ(プラ製)金具

(プラスチック製の)金具を外します。

カメラストラップに取り付ける

カメラ用ストラップ(写真はCanonの一眼レフ用)の先に取り付けます。

Ricoh CX5

コンデジに取り付けます。こんな感じです。

ストラップ穴がふたつあるコンデジ(※)をお持ちの方は試してみてください。


////////////////////////////

2点吊り用にストラップ穴がふたつあるコンデジは意外と少ないようでした。

冒頭のカメラはRicohのCX5です。新型のCX6からは1つ穴になってしまいました。
GR Didital IVなどはふたつ穴ですが、こちらはいわゆるハイアマチュア向けの高級機です。
CasioであればExilim EX-ZR10ZR15などがふたつ穴です。
CanonならばPowershot S95S100などがあります。これらも高級機ですね。

追記|エントリー直後に「2点吊り」で検索をかけたらRicoh GX100のストラップを同じ方法で自作している方の記事がありました。2009年の記事です。

絹ごし豆腐のパッケージ

絹ごし豆腐のパッケージを乳白色のフィルターとして利用。

絹ごし豆腐のパッケージ

レンズの前にかざして光源に向けて撮影すると、周辺光量落ちのテストに使えます。
テイクアウトのコーヒーの蓋で同じことをやっている人もいました。

Sony Cybershot DSC-WX30

こんな感じです。
また、ホワイトバランスのセットにも使えると思います。
さらには、ストロボの前につければディフューザーとしても使えるかもしれません。

Panasonic Lumix GF2+28mm外付けファインダー

GF2がバカ安。外付け28mmファインダーがバカ安。

Panasonic Lumix GF2

2011年10月現在、Panasonic Lumix GF2があり得ないほど底値です。底値のピークは過ぎたようでやや上昇に転じていますが、今が買い時だと思います。興味のある方は急ぎましょう。

私自身は14mm/F2.5のレンズ欲しさに(広角パンケーキのみの)レンズキットを2011年7月に38,923円で購入しました(※1)。 現在は標準ズームもついたダブルレンズキットがそれよりもさらに安く、3万円台前半で売られています。やや早まってしまい、ちょっと残念です。

レンズだけ残してボディは売り払うつもりでしたが、試しに使ってみたところ予想外に楽しく、使い続けることにしました。直線的なデザインがカッコよかったGF1、笑っちゃうくらい小型軽量のGF3。間に挟まれ、微妙な位置付けのGF2ではありますが使いやすく、写りもよいのでとても気に入っています。


もうひとつ底値の商品があります。
ニコン P7000アンティークキット NHAKP7000。10月現在 8,484円です。

Nikonのデジカメ、P7000用の専用ケースと28mm外付けファインダーのセット商品です。専用ケースの方は本体を持っていないのでいらないのですが、同梱の外付けファインダー「NH-VF28」は希望小売価格が税込26,250円、実売価格でも単品では20,753円の商品です。
外付けの光学ファインダーはたいてい2万円以上するのでそれが8千円とはバカ安です。このファインダー欲しさにこちらも購入し、GF2のアクセサリーシュー(※2)に付けてみました。冒頭の写真となります(※3)。


外付けの光学ファインダーはともすれば単なる「ドレスアップ」となりがちですが、私は実用品としてきちんと利用します。

背面液晶を使わずに、外付けファインダーを覗いて撮影します。クリアな見え味のファインダー(※4)は使っていて大変気分が良いです。
また、厳密な構図が取れない分、撮りたい被写体を「見る」ことに専念できます。些末な情報表示に煩わされることなく、撮りたいものを見て、撮るだけ。シャッターがどんどん進みます。AFエリアはど真ん中、目一杯大きく設定してあるのでピント合わせも全く気にしません。
お気楽に気持ちよく撮れます。とても良い気分で散歩カメラとしては抜群です。もちろん、「いい写真」が撮れるかどうかは全く別なのですが……。


_1000143

_1000139

_1000156

_1000158


※1 私はブラックモデルを購入しましたが、レンズ入手目的の方にはホワイトをお勧めします。ホワイトモデルの14mm/F2.5はレンズ鏡胴の色が標準のメタリックグレーなので、Lumixの他の交換レンズと色が揃います。ブラックモデルの14mm/F2.5は鏡胴も黒です。

※2 新型のGF3にはアクセサリーシューがありません。あえてGF2を選ぶ大義名分ができました。

※3 フードはエツミのフジツボ型フードを合わせましたが、径が異なるので追加で37mmのキャップを買う必要が出てしまいました。Discover Photoで購入しました。最初からユーエヌとかから出ているキャップ付きのフードセットを購入した方が手軽かもしれません。

※4 ファインダー枠はデジカメ専用の4:3比率です。近距離補正枠もついています。

111012|追記 m4/3の広角パンケーキは28mmでなく14mmでした。修正しました。

クラシックデジカメ

お金のかからない趣味「クラシックデジカメ」。

PowerShot G2

写真はCanonのPowershot G2。2001年に発売されたカメラです。ヤフオクで5,000円程で(2010年に)購入しました。

Adobeのサイトに「Photoshop CS5:デジタルカメラRAWファイルのサポート」というページがあります(※1)。
これまでに発売された、カメラメーカー各社のraw対応機種、すなわち当時の高級機が多数掲載されています(※2)。

これって、ほとんど「クラシックデジカメ推奨コレクションリスト」ですね(※3)。


※1 Appleはこんな感じSilkypixはこんな感じです。2001年頃の古い機種はAdobeが最も多くサポートしている気がします。

※2 一眼レフだと普及機もraw対応なのでちょっとつまらないですね。(接眼ファインダーのある)コンデジタイプの高級機がとても楽しいと思います。

※3 「クラシックデジカメ」って矛盾した概念ですが、10年ほど前の(当時の)高級機は使っていて楽しいですし、特定の条件下では写りも決して悪くありません。また、rawで撮影すれば最新の画像処理エンジンも活用できます。お金のかからない趣味として、長く楽しめると考えています。

Fujifilm FinePix Z2

Fujifilm FinePix Z2を処分しました。

昨年(2010年)の夏に壊れたまましまってありました。不要なので捨てます。

P1000660

P1000661

iPhotoを確認すると最後のショットは「DSCF3850.JPG」。4,000枚撮らないうちに壊れてしまったことになります。逆に、最初のショット「DSCF0001.JPG」は2006年3月27日とあります。4年と数ヶ月使用したことになります。

プロダクトデザインとしてはとても気に入っていました。ホワイトバランスはやや冷調(青い)で、肌の色は好みでありませんでした。