周辺光量

APS-Cのレンズはやはりイメージサークルに余裕がない。

EF-S18-55mm F3.5-5.6 ISの周辺光量を調べてみました。

広角側の18mm、絞りは解放、無限遠です。レンズ前面にRWフィルター(※)をつけて、オートで撮影しています。

結構、落ちてますね。

書類の複写をする訳ではないので、撮影の際の周辺光量落ちとかは全然気にしないのですが、APS-C専用のこのレンズはやはりギリギリまでイメージサークルをケチっている事がわかりました。

専用ソフトのDPP(Digital Photo Professional)を使えばほぼ完璧に補正できますし、小型軽量の廉価なレンズなので、いい意味で割り切っているのでしょう。

////////////////////////////

一応繰り返しますが、レンズ性能とかは全く気にしない方です。歪曲とか周辺光量とか、写真を撮る上ではほとんどどうでもいい事だと思っています。念のため。

※「脇リギオ フィルター」とかでググってみてください。

EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS

EF-S18-55mm F3.5-5.6 ISは、レンズキットで買わないと絶対損。

ゴールデンウィークの家族旅行の為に、デジタル一眼レフ用の交換レンズを1本購入しました。
Canon EF-S18-55mm F3.5-5.6 ISです。

長らく銀塩時代の単焦点で済ませてきましたが、(APS-Cサイズの)広角側がどうしても足りません。小型軽量の単焦点が出ないかな〜とずっと待ってはみましたが、純正のキヤノンからもレンズメーカーからも一向に発売される気配がありません。で、我慢できなくなって、買ってしまいました。

実は初めてのズームレンズ(!)、初めてのIS(手ぶれ補正)レンズです。小型軽量で、(この価格帯にしては)描写も抜群に良い、と評判のレンズなので結果が楽しみです。

////////////////////////////

買い物メモ

Amazonで22,920円で購入しました。お急ぎ便(350円)を付けて。
価格.comの最安価格は22,470円でしたが、すぐに欲しかったので。それはまあいいのです。

レンズ単品で買うとこの値段なのに、ボディと込みの「レンズキット」だと、Amazonでの価格は、
EOS kiss X2レンズキット価格 63,480円
EOS kiss X2ボディ価格 57,236円
差額 6,244円……。

実質六千円!!!!私は10年以上前からEOSユーザーなのに……。既存ユーザーに対してこの仕打ち……。

私の払った金額と、レンズセットのレンズ相当の金額の差は16,226円。結構な額です。新規EOSユーザー獲得のための販促金を既存ユーザーの私が負担している、という事なのでしょう。

どこのカメラメーカーも似たような価格設定ではありますが、どうも納得いきません。特にキヤノンは「トナー商法」の会社ですし。

APS-Cの計算式

備忘録。デジタル一眼レフの焦点距離を正確に換算する式。

135(35mmフルサイズ)の画面サイズ。

36mm×24mm

Canon EOS Digital XのCCD(CMOSセンサー)のサイズ(は他社と微妙にサイズが違う……)。

22.2mm×14.8mm

36÷22.2=1.6216216…

焦点距離に定数1.6216216…を掛ければ35mm相当の焦点距離が割り出せる。

  • 17mm → 28mm相当
  • 24mm → 39mm相当
  • 28mm → 45mm相当
  • 30mm → 49mm相当
  • 35mm → 57mm相当
  • 50mm → 81mm相当
  • 85mm → 138mm相当
  • 100mm → 162mm相当

17mmの単焦点レンズがあれば、28mm風に使えるのに……。

////////////////////////////

(090513追記)

おお、各社のAPS-Cのサイズはこんなに違うのか。

APS-Cサイズ – Wikipedia

デジタルカメラで使用されているセンサーサイズの比較図

α200の撮像素子、同じAPS-Cなのに、自分のEOSに比べてでかいなぁ……。
え、(DP1とかの)Foveonって、ほとんどフォーサーズのサイズと一緒だ。APS-Cクラスだと思ってたのに、ちょっとだまされた気分……。

結構興味深いです。