ビデオスタビライザー(3|追記あり)

三脚をビデオスタビライザーとして利用。今回は失敗。

090819追記。このエントリーは全て失敗談です。興味は既にジンバル付きのスタビライザーに向かっているのですが、一応まとめ直しておきます。

////////////////////////////

PanasonicのGH1を購入したので、動画のテストをしてみました。

手持ち動画をぶれなく撮影するために、前回は一脚を簡易ビデオスタビライザーとして利用しました。今回はさらに素直に普通の三脚を使ってみました。


こんな感じです。って、安物の三脚にカメラが載ってるだけですけども……。
赤いスポンジは100円ショップで購入したドアストッパーです。グリップの「鍔(つば)」として利用しています。

////////////////////////////

撮影してみましたが、大失敗でした。ブレブレの揺れ揺れです。

全く効果がありません。カメラ本体(約1kg)に対して、三脚の重量(約1.4kg)が足りず、重心の高い、頭でっかちになってしまっている点が主な敗因のようです。

////////////////////////////

そこで、持つ所を変えて重心がなるべく下にくるようにしてみました。


こんな感じです。三脚の足は拡げても撮影中にぶつかるばかりなので畳んでいます。

////////////////////////////

撮影してみました。

ううう。効果があったようななかったような……。

////////////////////////////

そもそもこの方式、意味があるのでしょうか。そんな気分にもなってきました。

比較用に、何も使わず手持ちで撮影してみました。

一歩歩くごとにがくんがくんと揺れます。三脚スタビライザーも全く効果がないわけではないようです。

////////////////////////////

いずれにせよ、この方式で改善を続けようとする場合、後はひたすら重量増による重心の調整しかありません。
機動性をアップさせたいのに重くする、というのは本意ではないので、ちょっと行き詰まってしまいました。

やはりジンバルの採用でしょうか……。

Lumix DMC-FX150にびっくり

Lumix DMC-FX150を買いました。ソフトウェアで歪曲補正を行っていて、とても高性能。驚きました。

Panasonicのコンパクトデジカメ、Lumix DMC-FX150を買いました。

性能も写りも結構よくて、かなり驚いています。
コンパクトデジカメに対しての考えを改めました。
また、「光学機器メーカー」としてのPanasonicに対しての印象もかなり変わりました。

////////////////////////////

歪曲収差が少なくてびっくり。

見かけはただのコンパクトデジカメなのに、広角端(28mm相当)の歪曲収差があまりに少なくてびっくりしました。
直線はほぼ直線。よく見ると僅かに樽型ですが、通常の使用ではほとんど問題になる事はないでしょう。少なくとも私は大満足です。

画像(上)オリジナルサイズ画像(下)オリジナルサイズ

f2.8、3.6倍の28mm広角ズームでこの歪曲の無さ、というのはいままでの経験上ちょっと考えられません。周辺光量落ちも全く感じない(※1)。こんなしょぼい見かけのレンズなのに。

スペック表には「非球面レンズ5面4枚(使用)」、とありますが、コンデジのズームレンズの歪曲がそんな簡単に解決する時代が来ているとも思えない。

調べてみたところ、ソフトウェア上でリアルタイム処理して歪曲を補正しているようです。

価格.comの口コミ掲示板より

ニュートンの差分のような補間による歪曲補正は比較的負荷の少ない処理ですし並列処理も可能。ライブビュー用の小さな画像なら楽勝です。

////////////////////////////

画素数が多くてびっくり。

(一応)やや大きめの1/1.72型のCCDに1470万画素。所有しているデジカメで最も高画素のモデルになってしまいました。
今までは「受光面積の小さい高画素の素子なんてダメダメ」という偏見を持っていましたが、改めました。実際に観てみるとやはり綺麗です。また、トリミングもし放題。縮小すればこれまたしっとりときめ細かい質感になる。
等倍表示の品質はややざらついていて「鑑賞」の対象にはなりませんが、きちんと解像しています。


上記画像の中央部分を実サイズでトリミング

ただ、やはりラチチュードはやや狭めです。油断すると空は白く飛んでしまいますし、高感度だとノイズもそれなりに。低感度(ISO100とか)でノイズを抑えつつ、(ハイライトが飛ばないように)ややアンダー気味に撮影するなどの工夫が必要なようです。
でも、「F2.8のレンズのカメラをISO100で使用する」のは「工夫」というほどの負担ではありませんし、ノイズも見方を変えればフィルムの粒状感のようでもあり、嫌な印象はありません。

////////////////////////////

(もちろん、知ってて買ったのですが)raw対応でびっくり。

見た目はオーソドックスなコンパクトカメラですが、一応raw対応。高速連写はできませんが、内蔵メモリにそれなりにバッファがあるようなので、データ書き込みで撮影を極端に待たされる事もありません。普通に使えます。

rawはホントに楽です。色温度や(微妙な)露出、コントラストやシャープネス、彩度などの画質設定などを気にする事なく、「とりあえず」撮影しておけば後で何とかなる。これに気付いてからはraw以外では撮る気がなくなりました。
ストレージの値段もどんどん下がるので1枚あたりのデータの巨大さもさして負担ではありません(でも17MB!)。同時に、PCのスペックも日々上がってきているのでraw現像処理も「遅い」とは感じません。

これからは「お気楽な撮影のためにrawを使う」というコンセプトがいいと考えています。

////////////////////////////

あまりに安くてびっくり。

秋葉原の小さなお店で22,000円でした。かなりびっくり。
ちなみに、勤務先近くの量販店でも似たような値段でした。
また、価格.comで「raw対応」で検索するとヒットする中の最安のモデルでもあります。
それにしても発売からもうすぐ1年になるとはいえ、Made in Japanのこの性能のデジカメがこの値段とは……。工場の人に申し訳なくなります。

////////////////////////////

まとめ。

アフェリエイトでもないのにちょっとほめすぎたようです。

ただ、歪曲補正のための「ソフトウェア処理を前提としたレンズ設計」というコンセプトはある意味「ずる」ですが、デジタル時代の正しいアプローチのような気がします。旧来の光学機器とは異なる「デジタルカメラ」の在り方として、かなり納得し、感動しました(※2)。

さらにはNikonやCanonからではなく、「カメラメーカー」として後発のPanasonicからこのような商品が出ていたことに愉快な気持ちがしています。

////////////////////////////

※1
ちなみに色収差は結構あります。が、こちらはraw現像時に簡単に減らせます。

※2
あまりに感動したので、Lumix GH1とG VARIO 7mm-14mmを買いました。こちらも光学ファインダーが存在しない事を前提にした、レンズとソフトウェア補正の併せ技の製品です。

ビデオスタビライザー(2)

通販で購入可能な「ステディカム」をいくつか。

備忘録です。

市販のビデオスタビライザー、いわゆる「ステディカム」をいくつか見つけたのでメモしておきます。

////////////////////////////

ビデオスタビライザーといえば、やはり「ジャイロ」的なもの、「やじろべえ」的なものが思い浮かびます。

こんなタイプのやつ。

この中で紹介されているスタビライザー、“Merlin” はいわゆる本家の「ステディカム」のようです。オンライン通販で買えます。お値段はちょっと高めの税込126,000円也

////////////////////////////

三脚で有名な伊Manfrottoからも、“585 Modosteady” という安価なスタビライザーが出ています。Amazonでも売ってます。かなりお手頃価格の税込16,890円也。

ただ、この商品をほめている人はあまり見かけませんね……。

////////////////////////////

国産なら、広島のメディアルームという会社から、“ES_PRO mini” というなかなか良さげなスタビライザーが出ています。今なら税込25,840円也。2009年6月10日までの限定価格Amazonでも同じ値段で売ってます

////////////////////////////

当然ですが、どれも「本格的に撮影してまっせ」のルックスになります。それなりの覚悟がないと使えないですね。運動会や授業参観でこれらを使ってたら周りの人もドン引きします。

でも、欲しいなぁ。

ビデオスタビライザー(1)

一脚を使ってビデオカメラの撮影を改善しました。

先日のエントリー、「60fpsで(やっと)テレビ並み」のサンプル動画、われながらひどい出来でした。反省しています。

「カメラをくいくい振り回す」、「むやみにズームを使いまくる」、「移動中に腕をだらりと下げて地面を延々映す」等々、たかだか2分半ほどの動画にビデオ撮影の初歩的な間違いを山ほど盛り込んでしまいました。

ご覧になった方は「60fps」のサンプル、というよりも「お父さんがやってしまいがちなビデオダメ撮影」サンプルに見えたかもしれません。

再撮影に挑戦してみました。


ビデオスタビライザーを導入

たまたま(本当に偶然に)読んでいた『Make:』の創刊号(日本版|Volume 01)に「14ドルで作るビデオカメラスタビライザー」という記事が載っていました。


記事の扉です。確かにこんな道具があれば、ビデオカメラが安定するかも知れません。


使うときにはやや腰を落とします。この人が作者のようです。


概念図。記事には、材料の解説や実際の作り方が懇切丁寧に載っていました。

確かにこれを導入すれば、撮影は改善するかもしれません。

090620|追記 作者のサイトに内容がまるまる掲載されていました。「$14 Steadycam The Poor Mans Steadicam」。


スタビライザーの動作原理

作り方は細かく書いてあったのですが、肝心の動作の原理はいまひとつ詳細に書かれていませんでした。誌面を眺め、動作原理を想像してみました。次のようなものです。

◎まず、質量(重さ)を増やす。

慣性の法則を利用します。質量を増やす事により、外部の(力学的な)影響を受けにくくします。あえて「とり回しにくくする」ことでカメラの動き全般を滑らかにします。

◎上下に長くする。

Y軸方向に質量を分布させます。「上も下もまんべんなく重くし、また、塊として大きく(上下に長く)する」という事です。これにより慣性モーメントが大きくなり、カメラのティルト(Y軸の傾きのぶれ)が起こりにくくなります。おもりのついた鉄パイプは、いかにも振り回しづらそうです。

◎重心は手元(のやや下)に。

記事には書いてありませんでしたが、重心は持ち手のやや下あたりのようです。質量を大きくするためにむやみにおもりを(下に)つけると重心が下端に偏り、振り子のようにぶらぶらとしてしまいます(動かしてみてわかりました)。重心が手元近くであれば、左右に振り回しても、カメラは傾かず、平行に移動します。

◎腕をバネ代わりに使う。

いわゆるステディカムのような複雑な機構がない分、人間が補ってやる必要があります。要は使っている本人がカメラを揺らさないようがんばれ、という事です。


作らずに済ます

動作原理はわかった気になったのですが、めんどくさいので「わかった! さあ作ろう」という気にはなりません。なんとか楽に済ます方法を考えてみました。

結論からいうと、
ビデオカメラに一脚をつけて、それを手で持って撮影してみる
事にしました。

手持ちのビデオはもともと軽いもの(約600g)なので、一脚程度の重量増(+650g)でも十分効果が見込めると思いました。また、(総重量を変えずに)長さを調整できるので、重心のコントロールも容易だと考えたのです。


こんな感じです。SONYのHandycamにSLIKの一脚の組み合わせ。

使っている一脚はもっと伸ばす事もできますが、使い勝手と効果のバランスでこの長さにしています。また、先端におもりをつけ、重量増を試してみましたが、重心が下に偏るばかりで効果はありませんでした。この長さぐらいが良いようです。


撮影結果

こんな感じです。どうでしょう。

◎フルサイズ版をこちら(MobileMe)に用意しました。

「シャイニング」程ではないですが、縦/上下共におおむね安定していると思います。
カメラを横にパンする際に若干もたつく(後、スキップする)感じがありますが、これはビデオカメラ自体の手ぶれ補正の誤作動(誤判断)です。今度はオフで試してみます。

実質、Lumix GH1だけ。|追記あり

1280*720pxで60fpsの動画が撮れるのはLumix GH1だけなのか……。追記。Xactiの旧機種が対応していました。EOS 7Dも。

60fpsで大画面の動画が撮影できるデジカメ、最近ずっと探しているのですが、全然見つかりません。

今のところ、Panasonicのデジカメ、Lumix GH1だけが1280px × 720pxの60p動画を撮ることができるようです。

最近どっとでた、デジタル一眼レフの動画性能はどれも軒並み20〜24fps。被写界深度の浅さはかなり魅力ですが、あちらが目指しているのは「なんちゃって映画風味」の動画。どうも私の求めているものとは違うようです。

「ハイビジョン動画が撮れる!」を売りにした(レンズ一体型の)コンパクトデジタルカメラも多数でましたが、スペックをよくよく確認してみると、ほぼ全て30fps止まりのようです。

数少ない例外は2機種。SANYOのXacti DMX-HD2000(および姉妹機のDMX-FH11)、CASIOのEX-F1です。どちらもフルハイビジョンサイズ(1920px × 1080px)の動画を60fps(60i)で撮影できます。

ちなみにXactiの方は、60pのフルハイビジョンも撮れるようです。でもこんな巨大(24Mbps)なH.264動画、並のPCでは再生すらできませんね……。少なくとも私のマシンでサンプル動画を再生してみましたが、30fpsあたりまでコマ落ちしてしまいました。

また、60iの動画なら、素直にハイビジョンビデオカメラで撮ればいいじゃないかとも思います。PCで鑑賞するには向きませんが、ハイビジョンテレビにつないで観るなら無問題です。また、Final Cut Proを使えば、かなり簡単にフィールド補間の60p動画も作れるようです。

////////////////////////////

090611追記

60fpsで大画面の動画が撮影できるデジカメをもうひとつ見つけました。SANYOのXacti DMX-HD1010(およびマイナーチェンジ前の機種、DMX-HD1000)です。既に最新カタログからは落ちていますが、一応現行商品です。1280px × 720pxの60p動画の撮影に対応しています。

ただ、各種のレビューを読む限りではAFやマイクなど、ビデオカメラとしての基本性能が今ひとつのようです。小型軽量で価格も下がっているのですが……。

////////////////////////////

090905追記

CanonのEOS 7Dも参戦。PAL向け(?)に50fpsを追加しつつ、30fpsを省略したのも渋い。相変わらずヘッドホン端子がないのが解せません。プロの映像関係者の要望はないのだろうか……。

周辺光量

APS-Cのレンズはやはりイメージサークルに余裕がない。

EF-S18-55mm F3.5-5.6 ISの周辺光量を調べてみました。

広角側の18mm、絞りは解放、無限遠です。レンズ前面にRWフィルター(※)をつけて、オートで撮影しています。

結構、落ちてますね。

書類の複写をする訳ではないので、撮影の際の周辺光量落ちとかは全然気にしないのですが、APS-C専用のこのレンズはやはりギリギリまでイメージサークルをケチっている事がわかりました。

専用ソフトのDPP(Digital Photo Professional)を使えばほぼ完璧に補正できますし、小型軽量の廉価なレンズなので、いい意味で割り切っているのでしょう。

////////////////////////////

一応繰り返しますが、レンズ性能とかは全く気にしない方です。歪曲とか周辺光量とか、写真を撮る上ではほとんどどうでもいい事だと思っています。念のため。

※「脇リギオ フィルター」とかでググってみてください。

EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS

EF-S18-55mm F3.5-5.6 ISは、レンズキットで買わないと絶対損。

ゴールデンウィークの家族旅行の為に、デジタル一眼レフ用の交換レンズを1本購入しました。
Canon EF-S18-55mm F3.5-5.6 ISです。

長らく銀塩時代の単焦点で済ませてきましたが、(APS-Cサイズの)広角側がどうしても足りません。小型軽量の単焦点が出ないかな〜とずっと待ってはみましたが、純正のキヤノンからもレンズメーカーからも一向に発売される気配がありません。で、我慢できなくなって、買ってしまいました。

実は初めてのズームレンズ(!)、初めてのIS(手ぶれ補正)レンズです。小型軽量で、(この価格帯にしては)描写も抜群に良い、と評判のレンズなので結果が楽しみです。

////////////////////////////

買い物メモ

Amazonで22,920円で購入しました。お急ぎ便(350円)を付けて。
価格.comの最安価格は22,470円でしたが、すぐに欲しかったので。それはまあいいのです。

レンズ単品で買うとこの値段なのに、ボディと込みの「レンズキット」だと、Amazonでの価格は、
EOS kiss X2レンズキット価格 63,480円
EOS kiss X2ボディ価格 57,236円
差額 6,244円……。

実質六千円!!!!私は10年以上前からEOSユーザーなのに……。既存ユーザーに対してこの仕打ち……。

私の払った金額と、レンズセットのレンズ相当の金額の差は16,226円。結構な額です。新規EOSユーザー獲得のための販促金を既存ユーザーの私が負担している、という事なのでしょう。

どこのカメラメーカーも似たような価格設定ではありますが、どうも納得いきません。特にキヤノンは「トナー商法」の会社ですし。