DVD Player.app

DVD Player.app、「パねぇ」。

OSX純正のDVD再生ソフト「DVD プレーヤー」ですが、今さらながら感心しています。

Leopardになってから、さりげなく、仕様が変わっていました

ビデオの画質を向上

インターレース解除と逆3:2プルダウンをオンデマンドで適用できる適合型ビデオ分析テクノロジーで、さらに高画質なビデオを楽しめます。

「逆3:2プルダウン(※)」とありますが、要は、DVDにNTSCの規格(60i)で記録された映画やアニメを、(フィルム本来の)オリジナルの24fpsに変換して表示してくれる、という事です。

また、さらっと「インターレース解除」と書いてありますが、どうやらこれは、単にコーミング除去のための60i→30pではなく、(フレーム補間の)60pにしてくれているようなのです。

これは、いわゆる「ビデオカメラ」がソースの映像(家族のビデオやアダルトDVDなど)を視聴すると、明らかに動きの滑らかさが異なることでわかります。いわゆる「テレビっぽい」質感になるのです。

パソコンでDVDを視聴するときはこの「デインターレース(インターレース解除)」が悩みの種で、ずっと(このためだけに)Windows用のソフト、「WinDVD」を使っていました。LeopardのDVD プレーヤーがパワーアップしていたのに気付かず、つい最近も最新バージョンを買ってしまったくらいです。

////////////////////////////

それにしてもAppleのソフトウェア、万事がこんな感じですね。おそろしく改善しておきながら、ほとんど何にもいわない。素人がデフォルトで使って、最高品質をいきなり出してくる。それを「キラーソフト」とかではなく、地味な標準アプリでも徹底してやってるって……。こういうときこそ、「パねぇ」というべきなのでしょう。

少し前にも、「Leopard プレビュー.appの底力 – ザリガニが見ていた…。」というブログ記事で、(地味な)純正アプリの一つ、「プレビュー」が徹底解説されていました。

※「逆3:2プルダウン」をググったら、ここがたいへん詳しく、わかりやすかったです。
TMPGEnc 3.0 XPress掲示板

APS-Cの計算式

備忘録。デジタル一眼レフの焦点距離を正確に換算する式。

135(35mmフルサイズ)の画面サイズ。

36mm×24mm

Canon EOS Digital XのCCD(CMOSセンサー)のサイズ(は他社と微妙にサイズが違う……)。

22.2mm×14.8mm

36÷22.2=1.6216216…

焦点距離に定数1.6216216…を掛ければ35mm相当の焦点距離が割り出せる。

  • 17mm → 28mm相当
  • 24mm → 39mm相当
  • 28mm → 45mm相当
  • 30mm → 49mm相当
  • 35mm → 57mm相当
  • 50mm → 81mm相当
  • 85mm → 138mm相当
  • 100mm → 162mm相当

17mmの単焦点レンズがあれば、28mm風に使えるのに……。

////////////////////////////

(090513追記)

おお、各社のAPS-Cのサイズはこんなに違うのか。

APS-Cサイズ – Wikipedia

デジタルカメラで使用されているセンサーサイズの比較図

α200の撮像素子、同じAPS-Cなのに、自分のEOSに比べてでかいなぁ……。
え、(DP1とかの)Foveonって、ほとんどフォーサーズのサイズと一緒だ。APS-Cクラスだと思ってたのに、ちょっとだまされた気分……。

結構興味深いです。

InterVideo WinDVD

パソコンでエロDVDみるならWinDVDとかを使いましょう。

昔書いたエントリーを再利用。

Windowsのソフト、InterVideoのWinDVDは、30フレーム/秒のNTSC動画の各フィールドを補完して、実質60フレーム/秒相当の動画として表示してくれます。

プログレッシブ デインターレース搭載
インタービデオ独自の技術により、60fps の滑らかなプログレッシブ再生を実現。また、インターレース映像の上下ラインから中間にあたるラインを生成することで、より滑らかな映像表現が可能。

このソフトで見ると、動きの滑らかさの印象が明らかに異なります。パソコンで見てもテレビっぽく見えます。

大変重くて使い勝手の悪いソフトですが、手放せません(なんかアフェリエイトっぽくなっちゃったな……)。


DVDビデオの動画表示の改善だけが目的なら、WinDVD 7 GoldのCPRM 未対応版で十分です。

Macintoshでは、まだこのようなソフトウェアは見つけていません。残念です。このためだけにWindowsが必要です。


(以下解説)

NTSCは、60フィールド|インターレース表示の形式(60i)です。

ブラウン管でNTSCの動画は、1秒に60回、画面を(1本おきに半分ずつ)走査しています。半分ずつですので、1秒に30回、画面全体を描き変えています。
30フレーム/秒、60フィールド/秒です。
半分(の解像度)といっても、たいていの場合(動いていなければ)、60分の1秒前の画像はそのまま使用できます。
ですから、60フレーム/秒相当の動きの滑らかさを持っている、といえます。

パソコンを使って家庭用ビデオやアダルトDVD(要は撮影時にビデオカメラを使用した映像)を見ると、ブラウン管テレビで見るときと動きの印象がかなり違います。独特の生々しい感じがなくなり、ある意味「映画」のような質感になってしまいます。
これは、パソコンのDVDプレーヤーソフトが、30フレーム/秒のプログレッシブとして、映像を表示しているからです。
映画やアニメは元々24フレーム/秒ですので、「映像の滑らかさ」に関しては、影響は少ないですが、ビデオ映像をパソコンで表示する場合、ばっさり半分になってしまうので、印象が変わってしまうわけです。

パソコンに取り込むときに、皆「インターレース除去」などでなめてしまうけれど、あれは時間軸上の情報量を大幅に削っていることになります。


070626|追記 このエントリー、ハイビジョンテレビの技術革新が進む今日では、ひじょうにマイナーな話題ですね。
現在のトレンドは、

液晶テレビ倍速化、その効果のほどは?(本田雅一のAVTrendsより)

今年1月のInternational CES。引き続きAV機器の主役はフラットパネルテレビだが、中でも日本の家庭向けでは中心になっている液晶テレビでは、倍速駆動による動きボケ低減機能が注目を集めた。昨年から日本ビクターが提案し続けている、フレーム間の映像をデジタル技術で生成し、秒あたり60フレームのテレビ映像を、毎秒120フレームに増加させて表示させるテクニックだ。秒90フレームとやや中途半端な補間処理ではあるが、松下電器も液晶ビエラで高速フレーム化した機種を提供していた。

ですから。フルハイビジョンで120fps……。1920×1080を1秒間に120枚ですよ。
かたやこのエントリーではSDサイズで60iか/60pか……720×480を1秒間に30枚か60枚か、ですから。

ですが、インターネットとテレビではまだまだ圧縮率や画像サイズ/フレームレートに雲泥の差があります。
ハイビジョンの高画質をwebでは具体的に例示できないし、パソコンでは表示できる色域も全然違います(※1)。

単に愚痴になってしまいました。

※1 NTSC比90%とかが「高画質」な新商品と謳われるのですから。液晶テレビも最新のものがNTSC比102%ですから僅差になりつつあるようではあります。