font-family

現時点でのゴシック系ベスト。
font-family: “Lucida Grande”, “Hiragino Kaku Gothic Pro”, “ヒラギノ角ゴ Pro W3”, “メイリオ”, Verdana, “MS Pゴシック”, Osaka, sans-serif;

直前でちょっと変えた。XPも和欧混植になるように。Verdanaの位置を変更した。
色々悩んでこのようにしたけれど、結局OSXの為の設定だな……。
Windowsにはあまりたいした影響がない……。
冷静に考えると不毛かも。

Lucida Grande
OSX用|文章中の欧文がLucida Grandeになる。
Safariでは、特定のキャラクターに(※|アスタリスク状になる、●|ブレット状になる、…‥|ベースラインが変わる)影響があるが、目をつぶる。

Hiragino Kaku Gothic Pro
OSX用|フォントファミリーを認識するブラウザであれば、「strong」などを指定した際、きちんとW3→W6のウェイトの変更が行なわれる。

ヒラギノ角ゴ Pro W3
OSX用|フォントファミリーを認識しないブラウザのための指定。「strong」などを指定した際、
擬似ボールドによる太字になってしまう場合がある(きちんと表示されるブラウザもある)。

メイリオ
Vista用|Windowsで最もましな日本語書体はこれだけ。ClearTypeにきちんと対応している日本語書体もこれだけ。

Verdana
2000、XP用|ユーザーの環境設定次第では欧文部分にのみアンチエイリアス(ClearType)がかかってしまう場合もあるが、目をつぶる。

MS Pゴシック
2000、XP用|入れないわけにはいかない。別に表示が改善するわけでもない……。

Osaka
OS9用|一応入れた。

sans-serif
その他(unix)用|一応入れた。