絹ごし豆腐のパッケージ

絹ごし豆腐のパッケージを乳白色のフィルターとして利用。

絹ごし豆腐のパッケージ

レンズの前にかざして光源に向けて撮影すると、周辺光量落ちのテストに使えます。
テイクアウトのコーヒーの蓋で同じことをやっている人もいました。

Sony Cybershot DSC-WX30

こんな感じです。
また、ホワイトバランスのセットにも使えると思います。
さらには、ストロボの前につければディフューザーとしても使えるかもしれません。

200円でつくるMacBook Air インナーケース

MBAの幅はジャストA4サイズ。ケースなどいろいろ流用が利きます。

P1000069

MacBook Air(11インチ)用のインナーケースを手作りして使っています。

P1000065

材料は、A4サイズのウレタンケースとA4クリアフォルダー(20ポケットタイプ)です。
どちらも100円ショップで購入できます。
クリアフォルダーは大きなスーパーでは88円だったりします。税込でも200円以内に収まるかもしれません。

P1000067

ウレタンケースの中にクリアフォルダーを入れます。これで出来上がりです。

P1000073

インナーケースとしてカバンに入れ、Airの持ち運びに使います。
柔らかいウレタンと固いポリプロピレンの併せ技で外部のショックからガードします。
素朴ですが、きちんと実用になります。

P1000066

クリアフォルダーは購入時の状態、包装用ポリエチレンの袋に入れたまま利用するのがキモです。
ページがばらけず、滑りもよくなります。

P1000071

MacBook Airの幅は実測299mm。A4長辺(297mm)とほとんど同寸です。他にもぴったりサイズのものがあるかもしれません。

煮沸消毒

煮沸消毒でポロシャツについたカビの臭いがなくなった。

P1000085

家のポロシャツを煮沸消毒しました。

汗などで湿るとすぐにカビ臭くなり、とても困っていました。陰干しや生乾きが原因かと思い、天日に干してカラッとさせてもみましたが何も改善せず、半ばあきらめていました。

台所の一番大きな鍋を使い、お湯をグラグラと沸騰させ、まとめてでなく1枚ずつ、1枚当たり1分間ずつ煮立てました。その後まとめて洗濯機で脱水し、普通にピンチで干しました。

結果、もう臭うことは全くなくなりました。新品のようです。

ポロシャツのニットの隙間にカビが住みついていたのでしょう。太陽光線程度では滅菌はされない。布団を干してダニを退治するのとは違うのですね。

「洗濯物 臭い」などで検索したら同様の話がたくさんヒットしました。知っている人にとっては常識だったようです。

また、ひたひたに濡らして電子レンジで加熱するのも良いようです。哺乳瓶の滅菌処理と一緒ですね。

iPhone用 ホーン型スピーカー(兼スタンド)

一目瞭然かと。結構実用的です。

タイトルの通りです。けっこう音大きくなります。ちゃんと実用になります。

証拠の動画もお付けします。

こんな感じの本格的な商品もありますけどね。

◎101205追記|さらに大掛かりな商品も登場したようです。

最後の長岡鉄男世代なので、高能率なバックロードホーンスピーカーはなんでも気になります。

めがね型電源コネクタ(二芯)|追記あり

めがね型電源コネクタ(二芯)、規格が同じAppleのプラグで代用。

ACアダプター周りの電源ケーブル、かさばらないように整理しようとするとそれなりの工夫が必要になります。
こんなのや、こんなのを買って、ケーブルを短くまとめるのがいいと思います。

私もこんなのを買って短くまとめたりしています。

ちなみに、メガネ型(二芯)であれば、AppleのACアダプター付属のプラグで代用できます。


そうです。同じ規格なのです。


こんな感じです。


形状によってはつないだ際に隙間があく場合があります。ご注意ください。


古いiPodの電源アダプタなどが余っていたら、一度お試しください。
100510追記|既に同じことを数年前に実践している方がいらっしゃいました。


20101128さらに追記|短いACケーブルが必要なら切って縮めればいいことに今さらながら気付きました。手作りしました。ACプラグ、ホームセンターで100円です。


外付けの電源アダプターを繋いだままにすると電気を食うので、途中にスイッチを付けたものも作ってみました。中間スイッチ、同じくホームセンターで190円です。

歳時記

自分専用の歳時記は便利です。

備忘録。昔から(ごくたまにでしたが)季節ごとに、そのとき何をしていたか/どんな体調だったかを、書き留めています。

1月

  • 空気がカラカラだからかものがクリアに見える。990102
  • 目が悪くなっているのは空気が乾いているせいか。020111
  • 手帳がもうすぐなくなる。新しい年のものを購入。020112
  • フリースを着て寝ている。020118
  • パソコンのカスタマイズ病発症。020121
  • 夜寒くてしょうがない。疲れがとれない。020129

2月

  • (家族揃って)インフルエンザにかかってしまう。1週間寝込む。その後も結構引きずる。110208
  • インフルエンザにかかってしまう。020210頃
  • とにかく疲れている。020221
  • 先々週あたりから花粉が始まっている。本調子でない。030225

3月

  • 花粉ががんがん。くしゃみしまくり。020302
  • とってもとってもいい天気だが、忙しくて屋外で過ごせない。風は冷たい。030311
  • 花粉!花粉!花粉!花粉! のどがイガイガ。顔もガサガサ。100314
  • 花粉が原因かどうか、眠くて仕方がない。080323
  • 花粉で目がかゆくてしょうがない。020326
  • 気候は素晴らしく良いが、花粉で辛すぎる。030329
  • 体調は比較的良い。ただし花粉を除く。030330

4月

  • ずっと花粉症で体調が本調子でない。000401
  • 睡眠不足にもかかわらずとても体調がよい。030401
  • 非常にいい天気。気持がいい。花粉も終っている。020407
  • 非常にいい天気。気分もいい。やる気も満ちている。020414
  • 非常にいい天気だが、やはり花粉が飛んでいる。030429
  • 花粉症再発。この春で一番ツラい。020430
  • 終わったと思った花粉症がまた。080430

5月

  • クリーニングにだした毛糸もの(カーディガンなど)を受け取る。030503
  • 暑いので久し振りにTシャツを着る。でもたぶん長袖はまだしまえない。030504
  • 冷房も暖房も不要な時期なので、エアコンの掃除をする。030505
  • 花粉症と思ったら風邪をひいていた。080505
  • 暑くも寒くもない。冷暖房は使わず。毛布1枚、掛布団1枚。020521

6月

  • 一時的にカメラ欲しい病(デジカメ)が発症。02060X
  • なぜかやる気が全くでない。いわゆる五月病が続いている。020606
  • 家族で風邪をひいてしまっている。自分は中途半端な軽い風邪。020606
  • 寒い日と暑い日が交互に来て体調に揺さぶりをかけてくる。020616

7月

  • 天気がいいのでものがきれいに見える。台風の過ぎた後、というのもあるかも。020715
  • 昨日まで土日二日間こんこんと寝てしまう。疲れ切っている。020715
  • 暑いが布団と毛布は手放せない。020715
  • のど風邪をひいて痰がからむ。会社を2日休む。070718
  • エアコン(冷房)をほとんど使っていない。070718
  • 今までになかったほどの夏バテ。020722
  • さすがにスウェットを着ては寝れない。Tシャツで寝ている。020728

8月

  • 今年の夏はとにかく暑い。020807
  • 半端でない暑さが続く。冷房を入れて寝ても暑くてたまらない。070821
  • 今年の夏の前半はホントに涼しかった。030826
  • 冷房を入れたまま寝るとやはり疲れない。030826

9月

  • 夏以降初めて窓を閉めて寝る。000913
  • 急に寒くなる。雨がたくさん降る。020914
  • 雨がそれなりに降る。大きな台風が来ている。000916
  • 体調も精神状態も比較的良好。020917
  • 久しぶりに上着を着て出社。020917
  • 台風の訪れと共に急に寒くなる。030921
  • 寒くなったからなのか仕事が一段落したからなのか、燃え尽きている。030922

10月

  • いつも疲れきっている。やる気が全く出ない。タバコばかり喫っている。041013
  • 暑くもなく寒くもなくエアコンを使用しなくても快適な日々が続く。011023
  • 長袖しか着ていないのだが、半袖をまだしまっていない。051021
  • エアコンの掃除をする時期だ。

11月

  • 布団だけでは足りず、毛布を使用する。011101
  • 毛布とふとんでも寒い。011111
  • 今年はまだ布団と毛布で過ごしている。021112
  • 紅葉する。991120
  • 急に寒くなり冬の訪れに気づく。991120

12月

  • 素直に寒い。冬が来ている。011208

自分専用の歳時記、結構役に立ちます。

湿潤療法

湿潤療法、劇的とは言わないまでもそこそこの効果がありました。白色ワセリン、オススメです。

7月の末に泊まりがけで家族で海水浴に行ってきました。

もともと色が白い方なので、海に入るときもずっと長袖のラッシュガードを着て過ごしたのですが、日焼け止めを塗らなかったこともあり、露出している顔や手、足におそろしく日焼けをしてしまいました。特に膝から下などは完全にマゼンダ色になってしまい、家に戻ってからは、歩くのが痛い状態です。

たまたまその頃、湿潤療法について書かれた本『傷はぜったい消毒するな 生態系としての皮膚の科学』(夏井睦|光文社新書)を読んだ後だったので、さっそく試してみることにしました。

結果、劇的とは言わないまでもそこそこの効果がありましたので、記録としてエントリーしておきます。


湿潤療法

皮膚の自己治癒力を最大限に生かすために、

  • (細胞のタンパク質を破壊する)消毒薬を使用しない。
  • 乾燥させない。
  • 滲出する体液を逃さないようキズを被覆する。

比較的新しいキズやヤケドの治療法です。

私が読んだ本の著者のサイト「新しい創傷治療」などに詳しく載っています。


帰宅直後は鼻筋が真っ赤になるなどかなりひどい状態でした。
白色ワセリンをたっぷり塗っておきました。数日で、日焼けした皮膚がごっそりはがれ落ち、すっきりきれいに治りました。

手の甲

こちらも白色ワセリンを塗っておきました。痛みはさほどなかったのでいい加減に処理していましたが、特に問題もなく1週間ほどして皮が剥け、治りました。

脛・ふくらはぎ

白色ワセリンをたっぷり塗って、さらに食品包装用ラップ(いわゆるサランラップ)を巻いておきました。痛みは劇的に減りました。
ふくらはぎの一部に水ぶくれが発生しましたが、きれいに治ったので満足しています。
ただ、「治りが早い」印象はありませんでした。完全に治るまでは10日程かかりました。治りかけでラップをはがした後、掻きむしってしまったのが原因かもしれません。
また、ラップを巻かなかった(巻けなかった)足首などは、腫れやかゆみが消えるまで、さらに1週間程かかっています。


まとめ

治りの早さにびっくりしたりはしませんでしたが、そこそこの成果があったと考えています。ラップの鎮痛効果などは大変役に立ちました。
また、万能保湿薬としての白色ワセリンにかなり好印象を持ちました。鎖状飽和炭化水素は化学的に不活性ということで、安全性も高いようです。

湿潤療法、今後も活用すると思います。