250円のジンバル金具

DSCN1323

偶然、ジンバル金具を手に入れました。
DIYスタビライザーの材料として使えるかもしれません。

Amazonで4個で980円でした。

(おそらく)6mmのネジ穴が切ってあります。

本来は、(多分)家具用のダンパー金具のようです。両端にジンバルがついており、それが2本セットで売られています。
ダンパー自体はDIYスタビライザーの歩行時の上下揺れを抑えるための機構の材料になるかと思ったので購入してみましたが、非常に固く、あまり役に立ちそうもありませんでした。

DSCN1319

DSCN1315

建築資材

近所に分譲地がありました。

_PL60116

オレンジ色の見慣れないもので囲ってありました。

_PL60117

「布」ではあるのですが、不思議な素材です。

_PL60118

ポリプロピレンの荷造り紐を編んだような質感です。

_PL60122

建築資材には心惹かれるものがあります。価格もおそらくふんだんに使えるような設定でしょう。

つい、「何かほかの用途に使えないだろうか」と考えてしまいます。東急ハンズの店内でよく感じる気分です。

普段歩いていると時々このようなものに出会います。タグ「何かに使えないだろうか」を設定しました。


公開前に追記:
エントリーを書きながら、「深澤直人のプラスマイナスゼロにこんな素材を使ったトートがあったような」と思って検索してみましたが、違う素材でした。


160205|追記 「防炎シート 仮設フェンス用シート」だそうです。1m幅×50mが2本で15,000円。安い!

MBAの緩衝材

MBAの緩衝材はなんか気になります。

MacBook Airが届いたときの緩衝剤。箱の四隅にこれを挟んだ状態で、配送用の段ボールに収めてありました。
発泡スチロールなどではなく、卵のケースなどによくある再生紙タイプ。なかなかいい質感です。

P1000601.JPG

この手のものはついつい「何かに使えないだろうか……」と考えてしまうのですが、使ったためしがありません。

燃えるゴミとして捨てます。

手作りグライドカム

手作りグライドカム用の素材を見つけました。

いわゆるステディカムの派生で「グライドカム」というのがあるのですが、

グライドカム – Google 検索

自作でグライドカムをつくるのなら、これ、材料になるかも。下部のパーツとして……。
地元のOlympicで見つけました。

photo