CDのリッピング

P1000042

初めて音楽CDのリッピングをしたのは1999年頃、IBMのパソコン、AptivaにインストールしたBeOS上でだったと記憶しています。CDの実再生時間よりも数倍速く、データの変換/楽曲の取り込みが行なわれるのは衝撃でした。それまでの「録音」は再生時間と同じだけかかっていましたから。46分のCDを録音するには46分かかっていたのです。

自宅のCDを全てリッピング

2年ほどかけて、自宅にあるCDを全てリッピングし直しました。ハードディスクの中の音楽データは20,619項目、アルバム数で2,280枚ほどとなりました。取り込み直したCDは不要なので適宜処分しているのですが、一部のCDは妻が捨てるのをためらっているため、衣装ケースに3箱ほど残してあります。これから先、死ぬまでのどこかで処分することになるでしょう。

320kbps、48.000kHzのmp3

取り込みの設定はビットレート320kbps、サンプリング周波数48.000kHzのmp3形式にしました。汎用性のある形式で、一番高音質の設定です。取り込む元のCDは44.100kHzですが、それを目伸ばしするサンプリング周波数としています。音質にはさほどこだわらない方なので、ハイレゾ音源やロスレス形式などには興味はありませんが、128kbpsでは音の悪さに気付くことがあるので、精神衛生上十二分な設定です。取り込みは普通にiTunesですが、m4aにしなかったのは枯れた規格しか信じていないからです。

iTunes Matchで多少なりとも高音質に

レンタルCDやオンラインで入手した楽曲については取り込み直しはできないので、当時の低いビットレート設定のものもそれなりに残っています。それでも1年間だけiTunes Matchを契約していたので、その間に256kbpsのm4aに(iTunes Storeで取り扱いのある楽曲は)アップグレードを済ませておきました。

それがどうした

特に意味はありません。せっかくなのでエントリーしました。かなり長い期間かけたので、それなりに達成感はあります。これからも、こだわろうとすれば高品質なアートワークの取り込み、歌詞のエンベッドなど、やれることはまだまだありますが、ずぼらなのでこれ以上はがんばらないと思います。

Windowsタブレット

DSCN0850

2015年の初頭にWindowsタブレット「インテル入ってるタブレット2(Si02BF)」を購入しました。ちょろっと使ってみて、その後ほとんど使わなくなり、先日処分しました。

タブレットとして使ってみて

Windowsタブレットはそもそも「タブレット」ではないような気が。タッチ操作だけではまともに使えませんでした。出来の良いアプリを見つけられなかっただけかもしれませんが、使うにはキーボードが必須のように感じます。

ただ、これまでも外付けのキーボードをスマホやタブレットで試してみましたが、使い続けられたことがありません。キーボードをメインで使いつつ時々画面を触る、といった操作の流れはどう考えても使いづらい。キーボードありで使うなら、ノートパソコンのほうがずっとよいです。
でもノートパソコンは既に持っていました。

デスクトップパソコンとして

hdmi出力端子があるので外付けの大型ディスプレイに接続できます。Bluetoothのマウスやキーボードとセットでファンレス・超小型のデスクトップパソコンとして使えるような気がしていました(実際使えると思います)。
でもデスクトップパソコンは既に持っていました。

家庭用サーバーとして

タブレットに充電しながら使えるUSBハブを買って、イーサネットアダプターやHDDを繋いで、省電力・無停電電源装置付きの家庭用サーバーにも使いまわせるような準備をしてみました。
でも自宅用のファイルサーバーは既に持っていました。

我ながら何をやっているのだろうかと思います。こんな買い物ばかりしています。

10年以上もつ。

DSCN0846

使えなくなったニッケル水素電池をまとめて処分しました。

使えなくなった=最近まで使えていた、ということです。どれも10年以上もちました。20世紀に購入したものもあります。すごい。

大容量タイプはあまりもちませんでした。スタンダードタイプが良いと思います。

処分前に撮影

DSCN0472

使わなくなったおもちゃ、子供が描いた絵、海外旅行のお土産やレシート、工作の材料、その他がらくたなどを毎朝コンデジで撮影しています。

以前は「処分しました」タグをつけてコメント付きでひとつひとつ投稿していましたが、ちょっと大変なので今では現像後、Flickrにアップ(※)するだけにしています。タグ「処分前に撮影」をつけています。

その後は、捨てたりしまい込んだりします。少しずつですが片付けが捗ります。

※プライバシーに関わるものは「非公開」でアップロードしています。

ブローニーフィルム

ブローニーフィルムとケースを処分しました。

押し入れを片付けていたら、未使用の古いブローニーフィルムが出てきました。

_1000034

_1000032

FujiFilmのノベルティのブローニー用フィルムケースに5本ずつ。

Reala Ace(カラーネガ)が5本。
NC160(カラーネガ)が5本。
Ace400(カラーネガ)が5本。
NEOPAN400(モノクロネガ)が5本。
合計20本です。

利用できるカメラはもう手元にありません。
昔使っていた6×6のカメラは、おつきあいのあったカメラマンにあげてしまいました。

フィルムケースはちょっと気に入っていましたが、まるごと処分します。

CASIO W41CA 携帯電話

CASIO W41CA 携帯電話を処分しました。

iPhone(3G)以前に利用していた携帯電話です。
子供のおもちゃとしても使えないので捨てることにします。

P1000673.JPG

かなり悩んで納得した上で購入しましたし、ある意味において完成度の高いモデルではありました。ですが、その「完成度」とやらも今となっては……。

当時を思い出すと不思議な気持ちになります。

Fujifilm FinePix Z2

Fujifilm FinePix Z2を処分しました。

昨年(2010年)の夏に壊れたまましまってありました。不要なので捨てます。

P1000660

P1000661

iPhotoを確認すると最後のショットは「DSCF3850.JPG」。4,000枚撮らないうちに壊れてしまったことになります。逆に、最初のショット「DSCF0001.JPG」は2006年3月27日とあります。4年と数ヶ月使用したことになります。

プロダクトデザインとしてはとても気に入っていました。ホワイトバランスはやや冷調(青い)で、肌の色は好みでありませんでした。