ZTE Blade V7 Lite (Dual-SIM V0720)で豆腐発生。

DSCN1095

Android 6.0のスマートフォンを使ってみたくて、ZTE Blade V7 Lite(Dual-SIM V0720)を購入してみました。
国内未発売の香港モデル(?)をEXPANSYSで購入しました。送料込みで14,585円でした。

ちょっと失敗だったかもしれません。

  • 日本語書体のNotoSansJPが1ウェイトしか搭載されていませんでした。

Screenshot_20160702-105716

  • 太字は擬似ボールドで表示しているようです。
  • 容量は3.05MB。かなりの軽量なので、記号など、特定のグリフが割愛(※3)されているような気がします。
  • Webページの表示で文字化け(豆腐)がそれなりに発生します(※1)。

まもなく国内仕様モデルが発売される(※2)ので、素直にそちらを購入するべきでした。典型的な「安物買いの銭失い」です。


※1 実用上はさほど問題ありません。精神衛生上は最悪です。このサイトのサイト名など、欧文のBoldが豆腐化しています。
※2 日本法人の商品サイトを見ると国内版はカメラの画素数が少なめ、Band19に対応しているなど、それなりに仕様が異なります。日本語環境はしっかりチューニングしてあると期待します。


※3 フォントファイルを調べてみたところ、「NotoSansJP-Regular.otf」は、ラテン文字非格納CJK共通文字一部非格納でした。Webページの言語設定によって、豆腐化の発生具合は変わるようです。「lang="en"」に変更すると、欧文文字の豆腐化は発生しませんでした。あるいは、system/etc内の「fonts.xml」の記述(順序?)を変更すれば直る可能性はありますが、ファイルの修正にはroot権限が必要になります。


160808|追記 コメントにもあるように国内発売のモデルでも豆腐が発生しているようです。これはさすがにアップデータを出すだろう、と考えたいところです。できれば、全グリフが揃ったタイプのNotoSansJPに変更することで、ワールドワイドにアップデートしていただけると私の海外モデルも生き返るのですが、果たしてどうなることやら。

擬似ボールド

ググっても出てこないので、自分で「擬似ボールド」の定義をまとめてみた。
検証画像

上 Safari(2.0.3)による表示。正しい太字表示(W3→W6へのウェイト変更)。
下 Firefox(2.0.0.3)による表示。擬似ボールドによる太字表示。


定義ここから。
1.
欧文フォント(書体)は基本的に単体で設計されておらず、ファミリー(同デザインの書体群)で設計されている。
ファミリーの内訳は、太さ(ボールド/ライト)幅(コンデンス/エキスパンド)斜体(イタリック/オブリーク)など様々(※1)。
2.
日本語のOS(Macintosh/Windows)で、標準搭載されている日本語フォント「ファミリー」は大変少ない。具体的には、
Macintosh(OSX)ならば、
・ヒラギノ角ゴシック
・ヒラギノ明朝
Windows(Vista)ならば、
・メイリオ
のみである。
OsakaやMS ゴシックなど、永らく日本語OSには、フォント「ファミリー」は用意されていなかった(※2)。
3.
(各種ソフトウェアや)webブラウザでは、ファミリーを持たない書体の為に、ユーザーが太字指定したものを(上位のウェイトを使用せず)、輪郭を拡張することで「太字のようなもの」を表示させる機能がある。
この機能、およびこの機能で表示される表示を「擬似ボールド」と呼ぶ(※3)。
定義ここまで。


4.
cssで、日本語フォント「ファミリー」を指定した場合、
正しく解釈するものと、解釈できずに無視するものがある(ようだ)。
日本語フォント「ファミリー」を解釈できないブラウザに対しては、目的のフォントを表示させるためには、「フォントファミリー」でなく「(個別の)フォント名」を指定する必要がある(ようだ)。
5.
個別のフォント名を指定してしまうと、<strong></strong>などの太字指定は、擬似ボールドになってしまう(場合があるようだ)。
※1 活字時代の使用サイズから派生した「オプティカルサイズ」などもある。
※2 Osaka-Boldはあったが、ビットマップ表示では、実質的に擬似ボールドと同じ表示だった。
※3 擬似コンデンス、擬似オブリークなども定義しだすと収拾がつかないのでとりあえずここまで。
地道な検証終わり。