水虫にワセリン

_DSC0794

長年、夏になると悩まされていた水虫が治りました。
治療法は、

水虫の患部に白色ワセリンを塗る。

です。靴下を履く前に足指の間にたっぷり塗ります(※1)。

つまらない売薬を使って一進一退していた時期もありましたが、一気に治りました。治るまでに一月かからなかったように記憶しています。
おそらく、市販の薬剤の「殺菌」「消毒」の成分は白癬菌のみならず足指の皮膚細胞にもダメージを与えているのでしょう。化学的に不活性な物質であるところのワセリンで患部を被覆し、自身の治癒力を活かした(※2)方が効果的である、と理解しています。

白色ワセリン万々歳(※3)です。


※1 風呂上がりに塗る事が多いので、寝ているときも靴下を履いていることになります。

※2「水虫 ワセリン」で検索すると、「湿潤療法」のサイト(内の治癒例)がヒットしました。湿潤療法については以前エントリーした記事で紹介したことがあります。灯台下暗しでした。

※3 「水虫 治療」で検索しても白色ワセリンによる治療法は上位に出てきません。wikipediaに載っている民間の治療法も酢、硫黄、重曹、ニンニク、漂白剤などを使ったものです(実際に効くのかも原理もよくわかりません)。Googleも話題の多寡でランキングするしかなく、有用度の順には表示することはできないようです。


20160409|追記 当時から2年ほど経ちましたが再発などはありません。ケアも特にしていません。ただ、月に1〜2回ほど靴の消毒をしています。