8bitに収めるために

Olympus E-M10 Mark IIIの動画撮影時の設定に手間取っています。独り言です。

log収録

logについて調べていて気づきました。
仮に8bitのlog収録で14Stop確保できたとしても、1Stopあたりの階調数が少ないとしたら、ポスタリゼーションのようなバンディングが発生してしまいます。バンディングはハイライト部で露見されることが多いようですが、当然中間調でも同様なことが起こっているのでしょう。
また、log収録のグレーディング前のヒストグラムを見ると、ハイライト部、シャドウ部の階調をほとんど無駄にしている様に見えます。8bitのlog収録では、256階調のうち、実質中央の128階調ぐらいしか使っていないのではないでしょうか。
階調に余裕のある、10bit・12bitのlog収録、raw収録ができないのであれば、通常の設定で撮影するしかないと考えています。10bitでも余裕はあまりないと考えています。

Fujifilmの絵作り

Fujifilmのデジカメのサンプル画像を観察していて気づいたのですが、シャドウ部をけっこう早めに潰してしまっています。結果、メリハリのある画面が実現しています。
逆に、シャドウ部をさっさと潰してしまう分、残りの階調を中間調〜ハイライトの側にあてがえることに気づきました。
シャドウ部をきちんと潰すことで、全体の印象におけるコントラストは確保できます。「豊かな中間調」と「画面のメリハリ」の両立を目指しているのではないかと思いました。
シャドウもハイライトも中間調も諦めきれず、すべての階調を確保しようとすると、画像全体が「眠く」なってしまいます。また、収録時にすべての領域で十分な階調を確保できたとしても、最終出力の際にどの領域(ハイライト・中間調・シャドウ)を重視するかは決めなければいけません。最終出力は8bitなのですから。

白とび・黒つぶれ

とはいうものの白とび・黒つぶれは避けたい、という気持ちは大事にしたいと考えています。
でも、一般的な動画の階調は8bitです。256階調です。やはり限界があります。HDRの時代はまだ来ていません。
「豊かな階調」を求めて、白とび・黒つぶれを避ける様なヒストグラムを目指すのではなく、8bit収録のエントリー機は欲張らず、中間調重視が良いのかもしれません。


……。とここまで書いた後で、log収録もどきの超眠い8bit画像をPhotoshopのCamera Rawフィルターを使ってgradeもどきの補正をしてみたら、結構いいところまで戻ってきますね。log収録・ローコントラスト収録は8bitでも役に立つのかな……。

PB250127

↑オリジナルの画像を、
↓PhotoshopのCamera Rawフィルターを使って低彩度・超軟調に。log収録風の画像を擬似的に作成。

log収録風

↑log収録風の画像を、
↓PhotoshopのCamera Rawフィルターを使って再び適正な階調・彩度に。擬似的なカラーグレーディング。

grading風

↑この手の画像(バランスの良い、特定の輝度域に階調が集中していない写真)であれば、オリジナルと遜色のない再現性があります。

InDesignでWebDesign

備忘録ですらない完全な独り言。Adobe InDesign CCがWeb(グラフィック)デザインツールとして最適なのではないかという仮説。

ひとりQ&A

Q. え? InDesign? あれは印刷物を作るアプリでは? なんでまたInDesignなんかでWebデザインを?
A. とにかく速いから。軽いからです。速さは正義。軽さは正義。

Q. どのくらい速い/軽いアプリなの?
A. Adobe XD(Adobe Experience Design CC)より速いと思います。
◎「ヌルサク感」はXDの方がよいので、体感的にはXDの方が速く感じるかも。

Q. Adobe XDなんて使ったことない。もっと一般的なアプリで比較して。
A. Photoshopよりも当然速いです。Illustratorよりも速いです(Illustratorはそもそも激重アプリ。使う人の気が知れない)。Sketchは使い込んだ事がないので保留ですが、バージョンアップを繰り返し重くなってしまったと聞いています。Fireworksも作業効率の良いアプリでしたが、総合的にはInDesignに負けます。

Q. 信用できない。
A. 一定数の文字列や画像を配置して、いろいろ操作してみてください。ファイルオープンの時間や保存にかかる時間、レインボーサークルの発生する頻度を比較すればわかります。

Q. 多少速いだけでは意味ないのでは?
A. 速さは正義。InDesignは「ページ」の概念があるアプリ。「アートボード」が数個あった程度で能率は上がりません。1〜数枚のデザインを作成するためのアプリと数十枚以上のデザインを同時に進めるためのアプリの違いです。

Q. 速いだけがメリットのアプリなの?
A. 商業印刷物製作のデファクトなめるな。圧倒的なメリットとなる特徴が他にも複数あります。もちろんデメリットもあります。

Q. 具体的なメリットとデメリットを教えて。
A. 独り言なんで詳細に書く根気がでません。とりあえず箇条書きで放置することとします。


メリット

  • 強力なテキスト制御による(日本語含む)デバイステキストのシミュレーション。
  • 強力なテキスト制御による文字画像の並行製作。
  • 「段落スタイル」によるcssライクで効率的なテキスト操作。
  • 「段落スタイル」によるcssライクなパディング処理。エレメント処理。
  • 「テキストフレーム」を利用したcssライクなパディング処理。エレメント処理。
  • 「文字スタイル」によるcssライクなインライン修飾。
  • 「段落スタイル」の継承による合理的な要素管理。
  • 環境設定とグリッド設定による厳密なpixelベースの作業。
  • 「マージン・段組」を利用した、合理的なグリッドシステムの適用。
  • 小数点以下の数値入力による、高解像度デバイスへの対応。
  • 「ページ」「マスターページ」の概念による、ページ間のグリッド・デザイン・共通要素などの連関維持。
  • 「フレーム」を使ったクリッピングマスク処理いらず、スマートオブジェクト化いらずの画像割り付けと作業ファイルの軽量化。
  • 読み込みファイル形式の充実と何も考えずに下処理いらずで放り込めるリンク管理。
  • 割り付けたオブジェクトは全て「リンク」として外部ファイルに。ファイル容量の軽減。
  • 「Links」フォルダ内の「暫定」画像を「本番」画像で上書けば、デザインファイルもアップデート。トリミング位置も維持。
  • 読み込み・書き出し時のシンプルで容易なカラープロファイル管理。
  • 背景透過png書き出しによる、基本的な画像書き出し(2x含む)対応。
  • 余白も制御可能なパーツ単位でのjpg書き出し・png書き出し。
  • PDF出力・紙出力との親和性。デザイン完成時にプレゼン資料も併せて完成。
  • 高品質なワイヤーフレーム作成ツールとしての活用。以降のデザイン開発へのシームレスな移行。

デメリット

  • 「pixel by pixel」表示の概念がない。作業中は脳内補正が必要。
  • 作業中の表示がそれなりに粗い(「書き出し」後の画像ファイルは完璧)。
  • ブラウザプレビュー、外部デバイスプレビューなど、完成イメージを何度も素早くチェックする機能がない。
  • Photoshopの「アセット」のような、実装用画像切り出しの効率化を助ける機能はない。
  • 切り出し画像に事前にファイル名を付与しておくことができない(書き出しごとに1枚ずつ逐次命名)。
  • 書き出したpngファイルにカラープロファイルが付かない(jpgには付く)。
  • jpg書き出し時に細かな圧縮率の調整ができない。
  • 「透明」カラーの操作が貧弱。
  • (バイキュービック/ニアレストネイバーなど)画像拡大縮小の方法は選べない。拡大縮小時のシャープネス追加も行えない。
  • (今となってはもう不要だが)アンリエイリアス無しのデバイス文字はシミュレーション・作成不可。
  • 文字画像書き出し時のフォントのレンダリング方法(「クリスプ」「滑らか」など)は選べない。

素朴な問題解決

素朴な問題解決がもっとも解決する(のかも)。

小さなリンク集、あるいは限りなく独り言に近いエントリーです。


ロシアは鉛筆を使った的思考 – ザリガニが見ていた…。

ネットに定期的に流れてくる有名なジョーク、「一方、ソ連は鉛筆を使った」を問題解決の手法として前向きにとらえたエントリー。


There, I Fixed It

「とりあえず、直ってます。概ね問題ありません」的な写真を集めたジョークサイト。


山形浩生「Hackについて」

「ハック(hack)」の語源、語義を解説した文。併せてハッカーの美意識(ダンディズム?)と問題解決のアプローチなどについて。


『傷はぜったい消毒するな 生態系としての皮膚の科学』(夏井睦|光文社新書)

火傷やケガの合理的かつシンプルな治療方法を紹介しつつ、現代の医学がいかに「トンデモ」で「パラダイム」に毒されているかについて語った本。


これらの内容は私の中でかなり密接に関連しています。

……テクノロジーの独占と「DIY」、可視化できる/できないエンジニアリング、高度で対処療法的なアプローチvs素朴で本質的なアプローチ、「暫定」的な問題解決と「β版」の継続、「枯れた」技術の採用……。いろんな言葉が浮かんできます。

以上です。オチはありません。