水虫にワセリン

_DSC0794

長年、夏になると悩まされていた水虫が治りました。
治療法は、

水虫の患部に白色ワセリンを塗る。

です。靴下を履く前に足指の間にたっぷり塗ります(※1)。

つまらない売薬を使って一進一退していた時期もありましたが、一気に治りました。治るまでに一月かからなかったように記憶しています。
おそらく、市販の薬剤の「殺菌」「消毒」の成分は白癬菌のみならず足指の皮膚細胞にもダメージを与えているのでしょう。化学的に不活性な物質であるところのワセリンで患部を被覆し、自身の治癒力を活かした(※2)方が効果的である、と理解しています。

白色ワセリン万々歳(※3)です。


※1 風呂上がりに塗る事が多いので、寝ているときも靴下を履いていることになります。

※2「水虫 ワセリン」で検索すると、「湿潤療法」のサイト(内の治癒例)がヒットしました。湿潤療法については以前エントリーした記事で紹介したことがあります。灯台下暗しでした。

※3 「水虫 治療」で検索しても白色ワセリンによる治療法は上位に出てきません。wikipediaに載っている民間の治療法も酢、硫黄、重曹、ニンニク、漂白剤などを使ったものです(実際に効くのかも原理もよくわかりません)。Googleも話題の多寡でランキングするしかなく、有用度の順には表示することはできないようです。


20160409|追記 当時から2年ほど経ちましたが再発などはありません。ケアも特にしていません。ただ、月に1〜2回ほど靴の消毒をしています。

消毒用エタノールIP

_DSC0031

靴が臭うので消毒用エタノールIP(※1)を購入しました。
靴の中にスプレーして使っています。屋外で半日ほど乾燥させてから履くようにしています。
効果はあるようです。

靴の臭いについて検索してみたところ、消臭方法がいくつか出てきました。

  • ミョウバンの粉を入れる。
  • 重曹(を粉のまま)をたくさんいれて一晩置く。
  • 乾燥のためにシリカゲルを入れる。
  • 活性炭入りの中敷きを入れる。
  • 10円玉を入れる(銅イオンで雑菌の繁殖を抑える)。
  • 効果抜群の消臭剤「◎×△□」を使う(いろいろありました)。

いろいろあるようですが、原理が不明瞭なものはあまりやりたくありません。
10円玉の銅イオンが靴の中をどのように移動するのでしょうか。よくわかりません(※2)。

アルコールの噴霧で細菌を消毒、がシンプルでよいと思います。

※1 無水エタノールよりも若干の精製水を加えたものの方が消毒作用は強いとのことでした。
また、酒税法の関係でイソプロパール(アルコールの一種)を混ぜたものが販売されていることが多いようです。

消毒用アルコール – Wikipedia

※2 靴に10円玉を入れると銅イオンが殺菌するといいますが、イオン化するので – 化学 – 教えて!goo

ベンザルコニウム塩化物液

ベンザルコニウム塩化物液を使って衣類の臭い取りをしました。

ベンザルコニウム塩化物液

ベンザルコニウム塩化物液を購入しました。

以前、衣類の臭いを取るために煮沸消毒をやったことがあります。大変効果的だったのですが、それなりに手間がかかるのでなかなか続きません。

その後ネットの記事で、衣類の臭い取りには「オスバン」という商品が役に立つ、というのを知りました。Wikipediaで調べたところ、オスバンとは塩化ベンザルコニウムの水溶液を商品化したものだったので、オリジナル(原液)であるこちらの薬品を購入してみました。

靴下や下着、スウェットシャツなどいろいろ消毒してみました。約1000倍(0.1%)に薄めた液に(とりあえず)30分ほど浸けた後、洗濯機で水洗いします。臭いもとれ、漂白剤ではないので色落ちもなく、いい感じです。

逆性石鹼の一種である塩化ベンザルコニウムは、カビなどの菌類の殺菌に有効だそうです。


塩化ベンザルコニウムはレストランのトイレやオフィスの受付に設置してある、据え置き型の消毒スプレーの成分でもあります。成分表をみると濃度は0.2%程なので、同じく薄めたエタノールなどと混ぜてスプレーボトルに詰めれば自作できるはずです。

スプレーボトル

こちらは100円ショップで購入した寝ぐせ直し用のスプレーです。もともとはエタノールを含む液体が詰められていたものなので、ある程度の耐薬性もあるでしょう。ラベルをはがしてきれいに洗えばベンザルコニウム塩化物液用のスプレーボトルとして利用できそうです。

湿潤療法

湿潤療法、劇的とは言わないまでもそこそこの効果がありました。白色ワセリン、オススメです。

7月の末に泊まりがけで家族で海水浴に行ってきました。

もともと色が白い方なので、海に入るときもずっと長袖のラッシュガードを着て過ごしたのですが、日焼け止めを塗らなかったこともあり、露出している顔や手、足におそろしく日焼けをしてしまいました。特に膝から下などは完全にマゼンダ色になってしまい、家に戻ってからは、歩くのが痛い状態です。

たまたまその頃、湿潤療法について書かれた本『傷はぜったい消毒するな 生態系としての皮膚の科学』(夏井睦|光文社新書)を読んだ後だったので、さっそく試してみることにしました。

結果、劇的とは言わないまでもそこそこの効果がありましたので、記録としてエントリーしておきます。


湿潤療法

皮膚の自己治癒力を最大限に生かすために、

  • (細胞のタンパク質を破壊する)消毒薬を使用しない。
  • 乾燥させない。
  • 滲出する体液を逃さないようキズを被覆する。

比較的新しいキズやヤケドの治療法です。

私が読んだ本の著者のサイト「新しい創傷治療」などに詳しく載っています。


帰宅直後は鼻筋が真っ赤になるなどかなりひどい状態でした。
白色ワセリンをたっぷり塗っておきました。数日で、日焼けした皮膚がごっそりはがれ落ち、すっきりきれいに治りました。

手の甲

こちらも白色ワセリンを塗っておきました。痛みはさほどなかったのでいい加減に処理していましたが、特に問題もなく1週間ほどして皮が剥け、治りました。

脛・ふくらはぎ

白色ワセリンをたっぷり塗って、さらに食品包装用ラップ(いわゆるサランラップ)を巻いておきました。痛みは劇的に減りました。
ふくらはぎの一部に水ぶくれが発生しましたが、きれいに治ったので満足しています。
ただ、「治りが早い」印象はありませんでした。完全に治るまでは10日程かかりました。治りかけでラップをはがした後、掻きむしってしまったのが原因かもしれません。
また、ラップを巻かなかった(巻けなかった)足首などは、腫れやかゆみが消えるまで、さらに1週間程かかっています。


まとめ

治りの早さにびっくりしたりはしませんでしたが、そこそこの成果があったと考えています。ラップの鎮痛効果などは大変役に立ちました。
また、万能保湿薬としての白色ワセリンにかなり好印象を持ちました。鎖状飽和炭化水素は化学的に不活性ということで、安全性も高いようです。

湿潤療法、今後も活用すると思います。