NEX-5R動画のハンパないモアレ・偽色

NEX-5Rの動画はモアレ・偽色が多く、解像感も低いようでした。ショックです。解像だけならGH2が今のところ一番です。

良いスチルカメラが良い動画撮影機とは限らない、ということでもあります。

前回のエントリーで書いたとたん、罠にはまってしまいました……。

動画専用機として、NEX-5Rを購入しました。
超小型ボディ、大型センサー、28M/60p対応、位相差AFと、スペックを見る限り、動画デジカメとして理想的なモデルかと思っていました。

喜び勇んでテスト撮影を開始したところ……。

YouTubeでみるキャプチャー画面

ハンパないモアレに遭遇してしまいました。

慌てて、以前同アングルで撮影したGH1、RX100の動画のキャプチャーと比較してみました。

NEX-5R動画|動画キャプチャー比較

NEX-5Rの動画は、大量のモアレ発生に加え、斜め線が全て点線になっています。

また、様々な箇所に偽色が発生しています。

NEX-5R動画|偽色ディティール

偽色やモアレの発生は静止画の場合、ローパスフィルターの強弱などに依存しますが、いま流行の「ローパスフィルターレス(/弱いローパスフィルター)」などの影響ではないように思います。
そもそも基本的な解像が他機種と比べても劣っています。

NEX-5R動画|解像200%拡大比較

多画素センサー(1600万画素)からのデータ読み出し方法(情報の「間引き」方法)に原因があると想像しています。

同じメーカーのDSC-RX100の動画が非常によかったので、大丈夫だろう/もっと良いのだろう、と考えたのが甘かったようです。事前にもっと情報収集を行なうべきでした。

決して安い買い物ではないだけに、ちょっとショックです。

コンパクト機で一番高画質な動画デジカメはどこにあるのでしょうか……。

130929|追記 DMC-GH2(PToolにてハック済|24fps「シネマ動画」モード)の動画キャプチャーを追加しました。比較した機種の中では最も解像感が高いです。

DMC-GH2動画|動画キャプチャー比較(追記用)

キャプチャー画像(全体)

解像感に優れたDMC-GH2は「近傍画素混合方式」だそうです。先人達のサイトを事前にもっと調べておくべきでした……。

131006|追記 モアレ・偽色がよりわかりやすいように手持ちで撮影したものもアップしました。撮影途中でレリーズボタンの半押し(AF取り直し)を行なっています。60p/28Mbpsモードの.MTSをそのままアップロードしています。60i、24pモードも試してみましたが、モアレ・偽色の出方に変化はありませんでした。

Pioneer BDP-150でDLNA

BDP-150でDLNAを組みました。60p動画も扱えて、Apple TVよりも高性能!

Pioneer BDP-150

Pioneerのブルーレイディスクプレーヤー、BDP-150を購入しました。

低価格(Amazonで12,000円ほど)な再生専用機ですが、DLNA(※1)に対応していたのでネットワーク(※2)を組んでみました。パソコン内の動画・静止画・音楽(※3)をテレビで再生できるようになり、とても便利です。満足しています。


いろんな理由で満足していますが、

Macの中に保管してある.MTSファイル(AVCHDのデジカメ動画)をそのまま
ネットワーク経由でハイビジョンテレビで再生できるようになった

のが非常にありがたいです(この辺は取扱説明書には記載されていませんでした)。その上、プレーヤー/ハイビジョンテレビ共に60pに対応しているので、

フルハイビジョン60p(AVCHD 2.0|28Mbps)のファイルも再生できる(!)

のが素晴らしい。再生する.MTSファイルも特にディレクトリ構成を維持する必要もなく、

剥き身の.MTSファイルをそのまま再生できる(!)

ので、ファイル管理もとても楽になりそうです。


他にも、

リッピングしたDVDのisoファイル(※4)などをマウントして、中の

.VOBファイルを直接再生できる

のも結構便利です。もちろん音もきちんと出ます。
最近のAppleのiOSアプリなどはライセンスの関係からかAC-3(Dolby Digital|DVDの音声はたいていこれです)の再生に対応していませんが、こちらは大丈夫です。

もちろん、

字幕、主音声/副音声の切り替えなどにも普通に対応しています。

リモコンの「字幕」「音声」で切り替えられます(handbrakeなどで変換の際に副音声を埋め込んだファイルなども同様です)。その他、今のところ再生できないファイルはまだ見つかっていません(※5)。


ネットワーク用動画再生機としては機能的に大変充実しており、Apple TVなどよりもずっと優れています。現時点で唯一かつ最大の欠点は、

超貧弱なユーザーインターフェイス

ですが、こちらについてはちょっと思うところがありますので、別途エントリーしますエントリーしました

いい買い物をしました。オススメです(※6)。


※1
Digital Living Network Alliance(デジタル リビング ネットワーク アライアンス)。各メーカー間で互換性のある「Apple TVみたいなもの」の仕組みです。DLNAは団体名なので、「デジタルリビング(のシステム)を構築する」とかが正確な使い方でしょうか。ダサい名前ですね。

※2
高画質動画の転送を目的としているので、BDP-150←→ルーター間をイーサネットで繋げました。併せて、これまでWi-Fiで繋げていたMac miniもイーサネット接続に変更しました。
Wi-Fiに比べ、やっぱり有線LANは速いですね。通常のインターネットの閲覧も速くなりました。ケーブルの取り回しができるのであればおススメします。

※3
自宅のメインのデスクトップ、Mac miniをDLNAサーバーとして利用しました。サーバーアプリはとりあえず評判の良さそうな「Playback(有償:15ドル)」を選んでみました。
最初はうまく機能しませんでしたが、バックグラウンドでファイル管理のインデックスを作るのに時間がかかるのでしょうか、起動した後ほうっておいたら、いつの間にか動き出していました。

※4
(他社のメディアプレーヤーなどでは対応している事も多い)isoファイルの再生はできませんでした。
また、残念ですが、2012年10月以降は映画などコピープロテクトされたDVDのリッピングは違法だそうです。

※5
詳しく検証した訳ではありません。プロファイル、ビットレートその他、細かな制約はあるとは思います。また、MKVファイルは無理のようです。ただ、サーバー側が対応していればリアルタイムのトランスコーディングでいけるのかもしれません。適当な事を書いてしまいました。未検証なので一旦削除します。

※6
最新バージョンのDLNA対応製品であれば、他社のプレーヤー(/テレビ/レコーダー)でも同程度には満足できると思います。

旭川の木工

旭川の木工製品を買いました。

タグ「さわり心地」の記事を連続してエントリーしましたが、松屋銀座で開催中の展覧会「日本の地域産業の今 Vol.1 ― 旭川の木仕事」で生活雑貨を買ったのがきっかけです。

_1000277

なべ敷きだそうです。

_1000266

バターケースだそうです。

丁寧な仕上げの木工製品の肌ざわりはやはりとても良いです。本来の用途で使うことはおそらくないと思いながらも、つい購入してしまいました。

Ricoh CX5が便利で楽しい。

Ricoh CX5は使っていて楽しい。はじめてのメーカーだからかな。

Ricoh CX5

首からぶら下げられる散歩用のデジカメが欲しくて、昨年末にRicohのCX5を購入しました。
Ricohのカメラを購入するのは初めてですが、便利で使っていて楽しいデジカメです。
現行機種でもなく、市場からも消えつつありますが、とても良い買い物だったのでエントリーしておきます。

////////////////////////////
2点吊りが出来る(※1)ので散歩に楽しい。

購入の直接の動機です。「小型のカメラを首にぶら下げる」スタイルは散歩にとても合っていると思うので。

R0010156

////////////////////////////
ステップズームが便利で楽しい。

ズームレンズがずっと苦手でした(今も苦手です)。コンデジだとどうしても起動時の広角端でルーズに撮影してしまうのですが、ステップズームは好みの画角を簡単に呼び出せるので楽しく撮影できます。単焦点時代に多用していたレンズとほぼ同じ、35mm相当と105mm相当で撮影できるようになりました。

CX5 歪曲収差テスト(35mm相当)
28mm相当始まりのズームなので、35mm相当では歪曲はほとんどありません。

CX5 歪曲収差テスト(100mm相当)
300mm相当までのズームなので105mm相当では歪曲はほとんどありません。

120225|追記 CX5のステップズームは(100mmではなく)105mm相当でした。修正しました。

////////////////////////////
電子水準器が便利で楽しい。

購入前は全然期待してなかったのですが、意外と多用してます。精度面でどの程度信頼できるかはよくわかりませんが純粋に便利だと思います。最近いろんなカメラに搭載されるようになってきたので、一度体験してみることをお勧めします。「どうせならあった方がいい」と思うはずです。

R0010266

////////////////////////////
背面液晶がきれいで楽しい。

約92万ドットの背面液晶(※2)はきめ細かく、キレイです。sRGB 100%対応とのことで色も結構いい感じです。メイン機材のLumix GH1の背面液晶(46万ドット)より優れています。撮影していても気分が良く、このくらい精細でキレイなら接眼ファインダーは省いてもいいかな、と思うようになりました。

////////////////////////////
raw非対応もまた楽しい。

raw非対応機種は原則「撮って出し」になるので、画質設定を細かく調整しています。その日の撮影結果を見ては設定をちょっとずつ変えていく追い込み作業もとても楽しいです。ちなみに現時点での設定は、

  • ホワイトバランス:屋外
  • 露出補正:-1/3
  • 超解像:弱
  • ノイズリダクション:AUTO
  • コントラスト:-1
  • シャープネス:+1
  • 彩度:±0
  • 測光:中央

です。

////////////////////////////
「絵作り」が他社と違っていて楽しい。

そんなに多くのデジカメを使ったわけではありませんが、絵作りの方針が他社とは違う印象を持ちました。例えば「シャープネス」はかなり素材指向です。リンギング発生が大嫌いな私としてはたいへん好みですが、一般の人はピンぼけと勘違いしてしまうのではないかという位にソフトです。また、「コントラスト」もかなり軟調です。コントラストを-2とかにするとほとんどHDRのようになります。某社のようなデフォルトでリンギングばりばりコントラストバキバキにして素人受けを狙うコンデジなどと比較すると、非常に「良心的」に感じます。

R0010258

////////////////////////////
ユーザーインターフェイスが良く出来ていて楽しい。

画質の各種設定などは全て「マイセッティング」に登録しています。2つ登録できるので、利用頻度の高い画角の35mm相当と105mm相当で使い分けています。今まで所有していた他のデジカメにもカスタムメニュー登録機能はあったはずなのですが、ほとんど使ったことはありませんでした(※3)。このカメラのUIはたいへんよく出来ていると思います。

R0010254

////////////////////////////
プレビューが汚くてちょっと残念。

プレビュー表示時間は設定で「0.5秒」にしています。チラ見確認で撮影続行するのには絶妙の表示です。皆さんが今お使いのカメラ、プレビュー時間はどのくらいですか。確認してみてください。でも、プレビュー画像はなぜかとても汚い。構図の確認程度にしか使えません。残念です。

////////////////////////////
まとめ

間もなく市場からなくなるカメラについてたくさん書き留めてしまいました。まとめとしては、

◎使ったことのないメーカーのデジカメは面白い。メーカーごとの差は思った以上に大きい。

◎新しいカメラはやっぱり面白い。コンデジはまだまだ進化すると思います。

◎使ってて楽しいカメラはやっぱり楽しい。「写りの良いカメラ」よりも(※4)使ってて楽しいカメラで撮影したい。

といったところでしょうか。

////////////////////////////

※1 ちなみに新型(現行機種)のCX6は、ストラップ穴がひとつになってしまいました。

※2 ちなみに新型(現行機種)のCX6はさらに増えて約123万ドット。ですが輝度確保のための白色ドット増(PenTile Matrixというのかな)なので、「画素数」は640×480のVGAで変わらず。RGBで921,600ドット、RGBWで1,228,800ドットということのようです。店頭で見る限り確かに明るくクリアになりましたが、色の再現性は落ちてしまったようです。「sRGB 100%」を謳わなくなってしまいました。

※3 raw撮り前提ならば設定不要、ズーム画角を登録できる機種などなかった、というのもありますが。

※4 肝心の写りですが、「写りの良いカメラ」と比べなければとても良い写りです。それでいいじゃないですか。色収差とかはやや多め(特に望遠端)です。(rawが使えないので)現像時に除去できないのがちょっと痛いです。

Lumix DMC-GF1ボディ(ブレードシルバー)1,987円

Lumix DMC-GF1を購入し、20mm F1.7を入手しました。

GF2発売の後、Lumix DMC-GF1Cを(おそらく)底値で購入しました。Amazonで39,800円、カラーはシルバーです。在庫一掃の投げ売りモデルはピンクばかりなので、いい買い物だったとは思います。

P1000890

前から欲しかったレンズ、20mm f/1.7(31,791円相当|価格com最安値)と
GH1と共用可能なバッテリーパックDMW-BLB13(6,023円相当|価格com最安値)を抜き出すと、1,987円の新品GF1ボディが残りました。

これ以上デジカメを増やす気はなかったのでさっさと売り払おうかと思いましたが、実物を見るとちょっと気持ちが揺らぎます。

新品未使用のまま、しばらくデッドストックとして保存してみようかと思います。

110124追記|結局12,000円で売り払ってしまいました。

100円ショップでカードリーダー

カードリーダーが100円。

CIMG1586

105円でカードリーダー……。おお、SDHCも読める……。
すごい時代だなぁ。

超小型で質感も割といいです。Lawson100で購入。

シリコン系のメディアの勝敗が徐々にはっきりしてきました。
エコシステム含め、SDカード(SDHC含む)の勝ちですね。