100円ショップでカードリーダー

カードリーダーが100円。

CIMG1586

105円でカードリーダー……。おお、SDHCも読める……。
すごい時代だなぁ。

超小型で質感も割といいです。Lawson100で購入。

シリコン系のメディアの勝敗が徐々にはっきりしてきました。
エコシステム含め、SDカード(SDHC含む)の勝ちですね。

EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS

EF-S18-55mm F3.5-5.6 ISは、レンズキットで買わないと絶対損。

ゴールデンウィークの家族旅行の為に、デジタル一眼レフ用の交換レンズを1本購入しました。
Canon EF-S18-55mm F3.5-5.6 ISです。

長らく銀塩時代の単焦点で済ませてきましたが、(APS-Cサイズの)広角側がどうしても足りません。小型軽量の単焦点が出ないかな〜とずっと待ってはみましたが、純正のキヤノンからもレンズメーカーからも一向に発売される気配がありません。で、我慢できなくなって、買ってしまいました。

実は初めてのズームレンズ(!)、初めてのIS(手ぶれ補正)レンズです。小型軽量で、(この価格帯にしては)描写も抜群に良い、と評判のレンズなので結果が楽しみです。

////////////////////////////

買い物メモ

Amazonで22,920円で購入しました。お急ぎ便(350円)を付けて。
価格.comの最安価格は22,470円でしたが、すぐに欲しかったので。それはまあいいのです。

レンズ単品で買うとこの値段なのに、ボディと込みの「レンズキット」だと、Amazonでの価格は、
EOS kiss X2レンズキット価格 63,480円
EOS kiss X2ボディ価格 57,236円
差額 6,244円……。

実質六千円!!!!私は10年以上前からEOSユーザーなのに……。既存ユーザーに対してこの仕打ち……。

私の払った金額と、レンズセットのレンズ相当の金額の差は16,226円。結構な額です。新規EOSユーザー獲得のための販促金を既存ユーザーの私が負担している、という事なのでしょう。

どこのカメラメーカーも似たような価格設定ではありますが、どうも納得いきません。特にキヤノンは「トナー商法」の会社ですし。

さようなら、Vostro 1200。

Vostro 1200を処分しました。

先日購入したばかりのDellのノートパソコン、Vostro 1200を処分しました。

半年ほど使用しましたが、やっぱりどうしてもしっくりきませんでした。購入を検討している人のために、その辺を書き留めておきます。

液晶の品質
これはもう、どうしても耐えられなかった。
光沢液晶の映り込みはともかくとして、暗い視野角が狭い彩度が低いの三重苦。特に視野角の狭さは絶望的です。
12.1インチの小さな液晶にもかかわらず、通常の距離で、画面の上端と下端で色がまったく違う。目に対する負荷もかなりありました。
また、ノートパソコンは(「制作ツール」であるデスクトップパソコンに対して)「コンテンツビューア」としての側面が強いので、写真や動画の色(彩度/コントラスト)が貧弱だと、まったく意味がない事がよくわかりました。

大きさ・重さ
12.1インチ/A4サイズという大きさは、キーボードの大きさを犠牲にしない、という点で意味のあるサイズだと思います。これ以上キーピッチが狭いと多分使いづらいでしょう。
ですが、2kg弱(1.89kg|4セルバッテリの場合)という重さは、常時モバイルするにはちょっとつらい。家の中での移動が楽になる、という意味なら3kgのノートパソコンでも同じです。だとしたら小型化のメリットがあまりない(※1)、中途半端な軽量化、ということになります。

スピーカー
フロント中央部に(やや左にシフトした形で)小さなスピーカーがついています。ステレオ感のない、小型ラジオ程度の音質です。
もちろん、ヘッドホンを使用すればそこそこの音質で音楽も楽しめますが、ラジカセのように何となくそばで音楽を鳴らす、という利用には不向きでした(※2)。
そのような使い方は想定していなかったのですが、そばに「音楽を鳴らせる機械」があると、そういう風に使いたくなる、というのを改めて感じました。

その他

  • 他のノートパソコンに比べ、ファンが頻繁に回る様な気がします。ちょっと気になりました。
  • 無線LAN(802.11abg)の感度がやや低い気がしました。購入を検討している方は、802.11abgn対応を選んでおいた方が良いかもしれません。

結論としては、ビジネスユースのノートパソコンを家庭用に購入したのがそもそも間違いだった、という事なのでしょう。コストパフォーマンスの高さに目がくらんだ私が愚かでした。

費用一式
結局、以下のようになりました。

106,804円:本体購入時金額
10,500円:バッテリー/Bluetoothモジュール追加費用(※3)
45,382円:買い取り金額(Sofmap買い取り|ビックカメラポイントにて受け取り)

71,922円:消えてしまったお金/楽しませてもらった費用

約6ヶ月使用(2008年1月〜6月)したので、11,987円/月
月額1万2千円の使用料でレンタルしたと考えるか、7万円強で遊んだと考えるか。
iPhoneを2年間使用すると、約21万円かかる事を考えると、大したことない、とも言え……ないですかね。

Vostro 1200、短い間ありがとう。そして、さようなら。

※1 むしろACアダプターの内蔵化、小型化など、電源ケーブル周りを改善してもらった方がいいと思います。
※2 その意味ではMacBook Airも同じかも。
※3 同時期に購入した4GBのメモリはMacBookに換装しました。