アルミ梨地のApple製品でホワイトバランス

アルミ梨地のApple製品を使ってホワイトバランスを測ってみました。実用になると思います。

デジカメでの撮影時にアルミニウム素材・梨地仕上げのApple製品を写し込んで、raw現像時の色温度設定用のポイントとして使ってみました。

きちんと実用になるようです。

DSCN0041

ここで使っているのはApple Remoteですが、MacBook(の天板)でもApple Keyboard(のキートップの隙間)でもいけると思います。環境光をいい具合に乱反射してくれます。

変色の心配もありません。市販のグレーカードより耐久性もありそうです。

補足 :AdobeのLightroomでraw現像しているので、「ニュートラルグレー」がやや温調になっています。