AquaKanaの適用範囲

AquaKana、全キャラクター揃ってしまったばっかりに困ったことになってる……。アップルの多言語担当の方、もっとがんばってよ!

Lionをインストールしてなんだかフォントに違和感を感じたので調べてみたら、AquaKanaというフォントの利用範囲が広がったもよう。

というつぶやきがありました。おや、と思い、検証してみました。

////////////////////////////
LionになってAquaKanaが適用された箇所は増えました

  • FinderのSpotlight検索窓
  • Safariの検索窓
  • Safariのブックマークバー
  • Safariのステータスバー

などはSnow LeopardからLionに変わった際にフォントがAquaKanaに変更になったようです。

////////////////////////////
適用個所が増えた分、不整合が目立ってきました

アドレスのみ[Lucida Grande + ヒラギノ角ゴシック]のままです。同じツールバーにある検索窓は[Lucida Grande + アクアかな]に今回変更されています。

////////////////////////////
意図的な混在でしょうか/適用漏れでしょうか?

LionではFinderのウィンドウ内のフォントを一部(アクアかなから)ヒラギノに戻しています。上記のCover Flow表示ではヒラギノとアクアかなの混在が発生しています。

アイコン表示ではアクアかな、リスト表示ではヒラギノ角ゴシック、カラム表示ではヒラギノ角ゴシックおやおや?どうも挙動が不明だぞ?選択すると書体が変わったりする。Cover Flow表示では(アイコンとリストの折衷的に)混在となります。さらには、下のように


言語環境を「English」でログインし直すとカラム表示の書体がアクアかなになるのが謎を深めます。何かをきっかけに書体が変わります。私の環境の問題なのか……。

////////////////////////////
まとめ

AppleはSnow Leopardでアクアかなが全キャラクター揃った際に、ヒラギノ角ゴシックとの役割交代、あるいは役割分担を考えるべきでした。ただ、フォントとして完成度が高いLucida Grandeを完全に代替するには、(改刻を続けているとはいえ)アクアかなはやや癖が強いと思います。結論を出すのはなかなか難しいのでしょう。

LionのAquaKana

LionのAquaKanaは漢字が少し太い。調べてみたらその通りだった。

LionのAquaKanaフォントは漢字が太くなってバランスが良くなりましたね。Kanaという名前だけど2万グリフ以上入っているフルセットのフォントで、デザイナの情報に字游工房さんの名前を見つけました。

というつぶやきがありました。おや、と思い、検証してみました(OSX Lionの環境で閲覧してください)。

////////////////////////////
LionのAquaKanaは確かに漢字が少し太くなっています。

左:ヒラギノ角ゴシックProN W3、右:LionのAquaKanaレギュラーです。カーソルはいります。
大きなサイズで比較してみて、やっと気付きました。

////////////////////////////
ヒラギノ角ゴシックのW4ではないようです。

千都フォントライブラリーのサイトのサンプルページを見ましたが、1ウェイト上のW4を流用している、というわけではないようです。「W4 > AquaKana漢字 > W3」と思われます。かなり微妙です。フォントサイズはそろえてあるので、気になる方はキャプチャーして重ねて見てください。

110811追記実際に検証した方がいらっしゃいました。単なるウェイトの違いでなく微妙な形状の違いのようです。

////////////////////////////
ボールドは旧来のままのようです。

左:ヒラギノ角ゴシックProN W6、右:AquaKanaボールドです。カーソルはいります。
ボールドの漢字は特にチューニングしていないようです。

////////////////////////////
「プロパティ」に字游工房の名前がありました。

デザイナの情報に字游工房さんの名前」とありましたが、最初は見つけられませんでした。
「情報を見る…」にそれらしい項目は出て来ませんし、AquaKanaはFontBookで開くことができません。
Windows環境に移動し「プロパティ」を確認したら、やっと見つけることができました。

////////////////////////////

AquaKanaに関する情報は今後もこのサイトにまとめようと思います。

AquaKanaを普通に使う。

htmlで表示できるフォントなら、リッチテキストエディタで利用できます。

AquaKanaはなぜか「不可視フォント」のため、フォントメニューには表示されません。
ですが、font-familyの指定を使い、htmlで表示させる事ができます。
htmlで表示可能なフォントは、テキストエディットやMailなどのアプリケーションで普通に使うことができます。

利用方法を簡単にまとめました(基本、Snow Leopard以降のSafari、Chrome限定です)。

////////////////////////////

①まず、この文字列をコピーし、「テキストエディット」や「Mail」などのリッチテキストフォーマットを扱えるエディタにペーストします。

①まず、この文字列をコピーし、「テキストエディット」や「Mail」などのリッチテキストフォーマットを扱えるエディタにペーストします。

②次に、フォントパネルから[よく使う項目]に登録します。

③以後、いつでも使えるようになります。

////////////////////////////

一度お試しあれ。

久しぶりに、AquaKanaについて。

AquaKanaの仕様が少し変わっていた。「だからどうした」と言わないで。

「アクアかな」が変わった。

(↑ Snow LeopardのSafariやChromeなどでご覧下さい)

2003年頃から、OSXのシステムフォント「AquaKana」について調べた事をAquaKana FAQというページにまとめています。

しばらく放置してありましたが、Snow Leopardになってからシステムフォント周りに大幅な変更があったようです(※1)。AquaKanaにもそれなりに変更が発生しています。(FAQページの改訂前に)取り急ぎ、現時点でのもろもろを備忘録としてまとめます。

////////////////////////////
otfからttcに、1ファイルに。

ファイル形式が変わっています。.otf(OpenType font)形式から、.ttc(Windows TrueType font collection)形式に変わっていました。

また、従来は「AquaKanaRegular.otf」と「AquaKanaBold.otf」の2ファイルだったのですが、「AquaKana.ttc」として1ファイル(font collection)にまとまりました(※2)。

////////////////////////////
(一応)全文字揃った。

従来、ひらがな・カタカナだけのみの限定的なフォントだったものが、いつの間にか全キャラクター揃っていました。ファイルサイズも巨大化し、68KBから36MBに。

ですが、単にキャラクターが埋まっただけで、漢字や欧文のデザインは全く異なります。ヒラギノ角ゴシックをそのまま流用しているようです。

アクアかな|漢字とAlphabet。

ヒラギノ角|漢字とAlphabet。

(↑Snow LeopardのSafariやChromeなどでご覧下さい|カーソル入ります)

////////////////////////////
結論。見栄えや挙動は変わらず。従来通り。

外観上の変化は全くありません。また、(もし、物好きの方が)htmlで使った場合も挙動に特に変化はなく、従来と同じ表示をします。興味のない方(/ある方にも)には全く影響はないようです。

ちょっとがっかりです。

////////////////////////////

※1 こちらのblog記事によると、システムフォントがことごとく.ttc形式に改められ、統一されているようです。特に、.dfont(Datafork TrueType font)がかなり減っています。

※2 とはいうものの、フォント「ファミリー」になったわけではありません。相変わらず「ファミリーネーム」はRegularとBoldで異なりますので、strongタグで太字になったりはしません。


TTEditによる、TrueType(Snow Leopard)のAquaKana(Bold)の書体名詳細情報


OTEditによる、OpenType(旧来)のAquaKanaの書体名詳細情報

あんま変わってなくてがっかり。

font-familyの指定は謎だらけ……

font-familyの指定方法、「極めた!」と思ったのは一瞬だった……。もう、矛盾が生じている。

font-familyの指定方法、「極めた!」と思ったのは一瞬だった……。もう矛盾が発生してしまった。

  • フルフォントネーム(英)を理解するはずのFirefox3で、OSXのシステムフォント「AquaKana」を認識しない。
  • フォントファミリーを理解しないはずのOperaで、ヒラギノ角ゴシックPro W3の<strong>をきちんとW6として認識して(表示して)いる。

さっぱりわからないや……。W3Cの書類を隅から隅まで読むしかないのか……。ううう。

いやいや「拘泥せずに進もう(©野口悠紀夫)」。

font-familyの指定方法(エントリー「Firefox3」のつづき)

font-familyを記述するにあたり、フォント名のどの部分を指定すべきかよくわからない。だが少なくとも、Firefox 3であればどのフォント名で指定しても大丈夫。すべて「フォントファミリー」として認識される。

だいぶはっきりしたのですが、まだ、エントリーをまとめきれません。Windowsも含めた検証がすんだら再度アップしますが、Macintoshのみの検証結果は以下のようになります。

実用面でいえば、今までと特に結論は変わらず、

font-family: Macintosh用ファミリーネーム(英語), フルフォントネーム(日本語)

で指定すればOKです。

具体的な検証結果としては、

◎Macintosh版 Safari(3.0.4)は、

  • Macintosh用ファミリーネーム(英語)を「ファミリー」として理解する。
  • フルフォントネーム(英語)兼PostScriptネームを「単独のフォント」として理解する。
    そして、「ファミリー」を理解できずに<strong>をブラウザのデフォルトフォントで表示する。

◎Macintosh版 Firefox(3.0b2)は、

  • Windows用ファミリーネーム(日本語)を「ファミリー」として理解する。
  • Macintosh用ファミリーネーム(日本語)を「ファミリー」として理解する。
  • フルフォントネーム(日本語)をなぜか「ファミリー」として理解する。
  • フルフォントネーム(英語)兼PostScriptネームをなぜか「ファミリー」として理解する。
  • Windows用ファミリーネーム(英語)を「ファミリー」として理解する。
  • Macintosh用ファミリーネーム(英語)を「ファミリー」として理解する。
  • 要はどのフォント名称でも「ファミリー」として理解する。

◎Macintosh版 Firefox(2.0.0.11)は、

  • フルフォントネーム(日本語)を「単独のフォント」として理解する。
    そして、「ファミリー」を理解できずに<strong>を疑似ボールドで表示する。

◎Macintosh版 Opera(9.25)は、

  • フルフォントネーム(日本語)を「単独のフォント」として理解する。
    そして、「ファミリー」を理解できずに<strong>をスルーしてとぼける。

ようです。

以下のような方法で検証しました。

////////////////////////////

以下は検証方法です

まず、検証用にフォントを作成しました。

「作成しました」といっても、既存のフォントOTEditを利用して切り貼りしただけです。ヒラギノ角ゴシックProをベースに、欧文はLucida Grande、かなはAquaKanaを利用してます。

文字の形状はある意味どうでもよいのですが、フォントファイルに埋め込まれる各種の名称をいろいろ変えて、レギュラーとボールドの二つの書体を「ファミリー」として、つくったわけです。

↑こんな感じです。判別しやすいようにかなりストレートな名称にしています。

↑太字の方は別の名称にしましたが、「ファミリーネーム」はそろえてあります。

↑ファミリーのどのウェイトになるかはこちらで設定します。レギュラーのウェイト設定です。 080707追記(+画像変更)「中」だと実際には「中太(デミボールド)」相当として扱われるようです。ヒラギノW3も「細」であることから、「細」に変更しました(「書体名…/詳細…」の各種フォント名称は「中」のままです)。

↑ボールドのウェイト設定です。

上記のフォントに埋め込んだ様々な「名称」フォント指定(font-familyの指定)を行い、htmlを作りました。

意図通りにこのフォントで表示されれば、その記述がブラウザが「理解できる」フォント指定方法です。

様々な「フォント名」で「font-family」を指定。

↑私自身の備忘録としてのページです。上記のフォントをインストールしていないはずのあなたの画面では、単にブラウザのデフォルトフォントで表示されるだけです。すみません。