iPhotoがAVCHDに対応?

iPhotoがAVCHDに対応するようになりました。拡張子がmovに変更されて取り込まれます。少しだけ便利かもしれません。

iPhoto(とAperture)がアップデートされました。「AVCHD ビデオがサポートされ」たそうです。サポートページまだ日本語化されておらず、日本語化されましたが、読んでも肝心なところがよくわかりません。少しだけ試してみた結果をメモします。備忘録です。

iPhoto+Aperture

  • AVCHDが扱えるようになったiPhotoのバージョンは、9.3(650.39)です。
  • AVCHDが扱えるようになったApertureのバージョンは、3.3(250049000000000.12)です。
  • iPhotoを立ち上げ、メディア(やカメラ)をMacintoshに接続すると取り込み画面が現れます。その際にメディア内のAVCHD動画ファイルが表示されるようになりました。
  • 動画はQuickTimeムービーに変換されて取り込まれます。拡張子は「mov」となります。
  • 取り込まれたQuickTimeムービーのエンコーディングはh.264です。(iMovieなどのような)Apple Intermediate Codecではありません。
  • 結構すいすいと取り込まれます。再エンコーディングは行われていないようです。コンテナ変換(re-wrap)のようです。
  • ファイル名は「Clip #1.mov」などに変更されます。
  • メディア内のオリジナルMTSファイルはiPhoto側から削除されません(することができません)。
  • 単体のMTSファイルをiPhotoに放り込んでも取り込めません(何だダメじゃん)。メディアの中のディレクトリ構造(/PRIVATE/AVCHD/BDMV/000.MTSなど)を保っておく必要があります。
  • 取り込み後、iPhotoの中で簡単なトリムなどができます。編集を加えてもオリジナルは残ります。

ちょっとだけ便利になりました。ほんのちょっとだけ。

YouTube「動画エディタ」の画質検証

YouTubeおよびYouTube「動画エディタ」の画質を検証してみました。実用上、問題ありませんでした。

.mtsファイルとYouTube「動画エディタ」の組み合わせ、大変気に入りました。

ですが、「動画エディタ」編集による再エンコード、どの程度画質は劣化するのでしょうか。

キャプチャーして比較してみました。


◎オリジナル(※1)の.mtsファイル(のキャプチャー|オリジナルサイズはこちら


◎上記の.mtsを無編集でアップしたYouTube(のキャプチャー|オリジナルサイズはこちら


◎上記の動画を「動画エディタ」で編集後のYouTube(のキャプチャー|オリジナルサイズはこちら

640*360の縮小表示ではほとんど判別できません。アスファルト道路の質感などが若干もやもやとソフトになっている程度です。1080p表示の中央部分を原寸で比較してみました。


◎オリジナル


◎YouTube


◎「動画エディタ」

植木の表現などがだんだんと甘くなって、細かなディティールが失われていくのがわかります。
やはりエンコードの度に劣化するようですが、実用上は問題なさそうです(※2)。YouTube HDは思いのほか高画質でした。

※1 Lumix GH1(ファームウェアハック済)+20mm/F1.7で撮影した24p FHD動画です。映像ビットレートは約30Mbps(29,783kbps)です。
※2 フレームレートだけはどうしても落ちてしまうので、動きの滑らかさは損なわれてしまいます。

AVCHD(.mts)をネイティブのまま扱う|YouTube「動画エディタ」テスト

YouTubeの「動画エディタ」と.mtsファイルの併せ技で超簡単な動画編集ができました。

先日のエントリー

中間コーデックに変換せず気軽に切り貼りし、最低限のタイトルやトランジションをつけられるOSX用の動画編集ソフトを探しているのですがまだ見つかりません。

と書きましたが、やり方が見つかりました。YouTubeの「動画エディタ」こそが私の求めていたものでした。

////////////////////////////
作業内容はこんな感じです。

  • .mts形式の動画素材(12カット・9分36秒分)をそのままYouTubeにアップロードします(※1)。
  • YouTubeの「動画エディタ」を使い、クラウド上で編集します。トリムを行ない、順番を入れ替え、トランジションを付けます。必要に応じて音楽も付けることができます(※2)。
  • 名前をつけて公開します(※3)。

超素朴(※4)ですが、今まで経験した中で一番簡単で手間のかからない動画編集でした。

※1 素材なので「非公開」でアップしています。
※2 Sony Cyber-shot DSC-HX5Vディカパック(防水バッグ)に入れて撮影したので、音声はクリアに撮れませんでした。今回はBGMのみとしています。
※3 公開の処理にそれなりに時間がかかります。トランジション挿入の回数が関係ありそうですが、未検証です。
※4 現時点では一度に扱えるクリップ数(17個まで?)や編集後の公開ファイルの時間(15分30秒まで?)に制限があったり、編集後の動画を別の動画の素材として利用できない、などいくつかの制限はありますが実用上は特に困りませんでした。また、こちらのサイトによると、サービス開始直後はクリップ数最大7個、合計時間10分までだったので、細かな実用度は今後アップするかもしれません。

AVCHD(.mts)をネイティブのまま扱う。

.mtsファイルをOSXで使うのは面倒ですが、多少ソフトを見つけました。

ハイビジョンの動画ファイル形式「AVCHD」は扱いづらいのでとても困っています。撮影自体はデジカメや従来のビデオカメラのようにできますが、再生・編集・整理など撮影後の取り回しが大変面倒です。

ネイティブAVCHDの動画ファイル(.mtsファイル)の取り扱いについて簡単にまとめました。備忘録です。

◎OSX中心のノウハウとなります。

◎追記を繰り返すうちにかなり読みづらくなってしまいました。すみません。

////////////////////////////
ネイティブ.mtsファイルの再生

.mtsファイルは純正のQuickTme Playerではいまだに再生できません(追記あり↓)。フリーソフトなどを利用します。
万能動画プレーヤーのvlcで再生できますが、やや重いようです。4GB搭載のMacBook Pro(Late 2009)であれば気になりませんが、メモリの少ない非力なマシンだとかなりのコマ落ち・同期ずれ(※1)があります。
ffmpeg系の動画プレイヤー、MovistMPlayer OSX Extendedなどの方が軽いです。そこそこさくさくと表示できました。
個人的にはMovistの派生アプリ、アイコンやインターフェイス周りのグラフィックを変えた、Movist Mod「SABLE」がおすすめです。

Movist Mod「SABLE」

////////////////////////////
ネイティブ.mtsファイルの整理・保管

mtsファイルはQuick Lookで確認できません(追記あり↓)。Cover Flowなどで閲覧してもブランクのファイルアイコンが表示されるだけです。
対応策としては、ShedWorxのHD Quick Lookを利用すると(動画は閲覧できないながらも)プレビューの静止画像を確認できるようになります。

.mtsでQuick Look

さらにAVCHDのファイルは、動画(ストリーム)ファイルだけでなくファイル格納のディレクトリ構造を維持したままでないとiMovieなどの編集ソフトにきちんと取り込めません(初めてGH1から動画ファイルを取り出した時はストリームファイル以外全て捨ててしまったのでiMovieに取り込めなくなってしまい、かなり焦りました)。
ストリームファイルだけで保管したいのであれば、同じくShedWorxのFlamingoHDVoltaicHDを利用します。必要に応じて中間ファイルのAIC(Apple Intermediate Codec)などに変換し、iMovieのイベントとして取り込むことができるので、普段はFinder主体で素朴に整理・保管できます。なかなかです。

追記|120505 FlamingoHDは名称変更してCosmosとなったようです。

追記|120701 PanasonicがAVCCAM向けに配布しているQuickTimeプラグイン、AVCCAM Importerを利用するとQuickTime PlayerでのMTSファイル閲覧やQuick Look、Cover Flow表示が出来るようになります。QuickTime Playerでの再生はややバギーですが、Lion(対応はSnow Leopardまで)でも利用できます。

////////////////////////////
ネイティブ.mtsの編集

中間コーデックに変換せず気軽に切り貼りし、最低限のタイトルやトランジションをつけられるOSX用の動画編集ソフト(※2)を探しているのですがまだ見つかりません。
こんなのとか、こんなのこんなの、さらにはこんなのがありましたが、どれもどうにも使い勝手が悪く、ダメです(仕様やインターフェイスの基本がどれも全く同じでした。もともとのソースは一緒なのかもしれません)。
上記のVoltaicHDなども超素朴で悪くないのですが、最もやりたかった、PToolでハックしたGH1の生成するFHD24pファイルを処理できないのでやはりダメです。

////////////////////////////
今日の結論

閲覧・整理はできそうですが、肝心の編集アプリは見つかりませんでした。残念です。気長に探そうとは思いますが、次期QuickTimeやiMovieのアップデートですべてシンプルに解決してしまうかもしれません。しばらくは撮影に専念し、様子をみる事にします。
追記|120402 その後、YouTubeの「動画エディタ」での編集が楽チンな事に気づきました。

追記|120505 ガジェット☆ダイスケの記事に「Media Converter」とPreset「Re-wrap AVCHD for Quicktime – uncompressed Audio」の組み合わせを使ってAVCHDファイルを手軽に扱う方法が載っていました。試してみましたがとても便利です。

追記|120619 iPhotoがAVCHDに対応しました。re-wrapしてmovファイルとして手軽に扱えるようになりました。

追記|130117 ブルーレイディスクプレーヤーを
DLNAのレンダラーとして使う
事で.mtsファイルのテレビ再生がグッと楽になりました。

////////////////////////////

※1 vlc以外のソフトもコマ落ちは発生しますが閲覧は可能です。また、Windowsの場合はvlcやGomPlayerなどで普通に再生できます。コーデックの完成度が高いのか、非力なマシンでもそこそこ快適に動くのには感心します。

※2 Windowsの場合、Vegas Movie Studio HD Platinum 10あたりがAVCHDのネイティブ編集に対応しています。が、ちょっと本格的過ぎます。もっと素朴なのが欲しいんです。

GH1 改造ファームテスト中

GH1 改造ファームテスト中です。簡単で効果もあります。

PanasonicのLumix GH1のファームウェアをハックして、より高画質な動画を撮影するテストを始めています。
まだほんの少ししか撮影していませんが、備忘録として現時点で気づいた事をエントリーしておきます。

◎設定を1080pに変更してご覧ください。

////////////////////////////
使用ツール
改造ファームの作成には、フリーのアプリケーション「PTool」を利用しています(要Windows環境)。
操作はとても簡単でした。いろんなサイトにやりかたが書かれていますが、アプリケーションのTipsを読みながら設定するのが最も確実だと思います。

////////////////////////////
ビットレート(上限)の変更
FHD/SH撮影時のビットレートをPTool推奨値の中で最も大きい50,000,000(44Mbps)にしてみました。常時44Mになるわけではありません。動きの少ない場面であれば、デフォルトの17Mbpsより下回る場合もあります。撮影内容によってビットレートはかなり変わります。Class10のメディアを使用していますが、書き込みエラーは今のところ発生していません。(110116追記|まだまだ余裕がありそうなので、現在は60,000,000辺りを試してみています)

////////////////////////////
Wrapperの変更
FHDでの保存設定を、(通常60iのところを)Native24pに設定にしました。FHD撮影時のセンサー出力は本来24fpsなので、無駄なフレームがなくなる分、容量的にも節約になります。

注意 この設定にするとなぜかOSXのiMovie ’09では取り込めなくなってしまいます。また、GH1の付属アプリでも利用できなくなります。1080/24pは、AVCHDの規格の範囲内なのですが……。

////////////////////////////
GOP Length
今回は変更していません。デフォルトの15fのままとなります。間隔を狭めて12fとか8fとかにすると動きに強くなるかもしれません。ネイティブ編集時にも有利だと思います。ただしファイルサイズはその分大きくなるはずなので、様子をみながらベストな値を探そうと思います。(110116追記|GOPを1/3秒にするとエラーが多発してしまいました。1080/24pなら12f、720/60pなら30f、1/2秒までが安心のようです)

////////////////////////////
音声
音声のビットレートは変更していません。大きくするとカメラ側で再生できなくなる(110116追記|音声のみが再生されないのでなく、映像自体が再生できなくなります)とのことなので、デフォルト値の192Kbpsのままです。また、サンプリングレートもデフォルトの48,000Hzのままです。

////////////////////////////
サンプル動画について

◎オリジナルは84.9MB(音声含む)で59秒の.MTSファイルです。画面にほとんど動きがないのでデフォルトの上限値17Mbpsよりも低い、11.5Mbpsほどしか出ていません。

◎無編集・無変換でオリジナルの.MTSファイルをWeb画面から直接アップロードしています。取り込み/書き出し時の変換がない分、劣化が少なく高画質のような気がしました。アップロードも軽快だったように思います。

////////////////////////////
その他

◎色空間はsRGBにしてあります。動画のカラーマネジメントはさっぱりわかりません。

◎ISO値は100固定です。

◎カメラの色調設定は「スタンダード」をベースに、コントラスト-2、シャープネス-2、彩度+2、ノイズリダクション+2としています。

◎-1/3の補正をかけて、オートで撮影しました。

◎レンズはズイコー50mm/f1.4を使用しています。絞り値はF2.8です。

この方のサイトがGH1改造ファーム/GH2比較など、たいへん詳しいです。