タマネギの皮とCJKフォント

なぁんだ、AquaKanaを排除したかったらAquaKanaを捨てるだけでいいんだ。変なフォントで表示されるけどそれは中国語/韓国語フォント。それも含めて全部捨てればヒラギノが優先されて表示されるみたい。いままで色々工夫したけど全部無駄だったな……。

AquaKanaを消去すると変なフォントに変わる。つまりこの変なフォントをヒラギノと入れ替えた上でAquaKanaを消去すれば良いのだ。

というつぶやきがありました。私も「変なフォント」は気になっていたのでちょっと検証してみました。

AquaKanaをシステムから削除するとFinderの表示はこのように変わります。調べてみると「変なフォント」とは「STHeiti(ファイル名:华文细黑.ttf)」。中国語フォントのようです。

さらにこのフォントも削除してみるとまた表示が変わりました。調べてみるとこれは「AppleGothic」という韓国語フォントでした。

このフォントも削除します。こんどは「GungSeo」という韓国語フォントになりました。

これを外すと「BiauKai」という中国語フォントに。

さらに外します。「GB18030 Bitmap」という中国語フォントに。

こんどは「Hei」という中国語フォントに。

さすがに辛くなってきたので、Font Bookで「中国語」「韓国語」を検索して、でてきたフォントを全部外す(※1)ことにしました。

「中国語」の検索結果。

「韓国語」の検索結果。

AquaKana、中国語フォント、韓国語フォントを全部外してやっと日本語フォントが現れました。ヒラギノ角ゴシックProNです。以前のエントリー、「嫌われもののAquaKanaを排除する」のような作業を行わなくともFinderのフォントは変更できるのでした。その時の工夫は全て徒労となってしまいました……。

ちなみにヒラギノ角ゴシックも外すとヒラギノ明朝になります。

さらに外すとOsakaがでてきました。なぜかプロポーショナルです。

表示できるフォントがなくなるとこのようになりました(LastResort.ttfによる表示)。

////////////////////////////
まとめ

CJKフォント(Chinese/Japanese/Koreanのグリフを持つフォント)に振り回され、ちょっと疲れました。検証中に表示の優先順序に法則性(※2)のようなものが感じられるかとも思いましたが、結局よくわからないままになってしまいました。引き続き調べる根気もちょっとありません。

※1 Font Bookで「使用停止」できる場合ときちんと削除する必要がある場合があります。特に「System/Libraly/Fonts」内のフォントの削除は原則、認証が必要になるようです。

※2 検証途中、Adobeの日本語フォント(なぜかAdobe A1明朝)が現れたりヒラギノ丸ゴシックが現れたりもしたのですが、検証しきれないので割愛しています。

iPhoneでおマヌケ書体。

多言語フォントは誰が作っているのだろう。

お暇な方、本エントリーをiPhoneで(※)閲覧してみてください。

たぶんアジアのひとがつくった、おマヌケなにほんごFONTがとうさいされている。Unicodeはたいへんだなぁ。

iPhone上では↑の文、あまり見かけない、へたくそな日本語フォントで表示されているはずです。こちらのフォントは、「黒体-日本語 ミディアム 」。一応、ひらがな/カタカナ全キャラクター揃っています(もちろん漢字も)。「黒体-韓国語 ミディアム 」「黒体-簡 ミディアム 」「黒体-繁 ミディアム 」とシリーズで用意されているので、韓国語や中国語と日本語を混在させたい場合に使うのでしょう、か……。何の目的で制作/搭載されているかは不明です。

多言語フォントのデザインは隙だらけですね(ねらっていたらすごいですけど)。

iPhone用のフォントビューア、Cédilleで見つけました。

※OSXやWindowsXPで閲覧する人のために、「Arial Unicode MS」もかませています。こちらも多言語表示のために目一杯キャラクターを積んだへぼいフォントです。残念ながらMicrosoftは開発を断念したようなので、Vista/7には搭載されていません。

補足:漢字完成度通常品質也。