ビデオスタビライザー(6)

手作りビデオスタビライザー、改良しました。大成功!

前回の手作りビデオスタビライザー、改良しました。大成功!


見た目はほとんど変わっていませんが……。


カメラの重心の下に、ジンバル(小型三脚の自由雲台部分)が来るように、カメラの固定位置を後ろ側にずらしました(※1)。


ついでにクイックシューを使い、ワンタッチで取り外し可能にしました。グッと便利に。


こんな感じです。カメラが後ろに下がっているのがわかります。
おもりの量、位置を調整してカメラが水平になるよう調整します。


かなり改善しました。


階段もこの通り。大成功です。

……。サンプル動画、つまんないですね。精進します。

////////////////////////////

※1 厳密に重心の「真下」、という訳ではありません。金具に開いていた穴をそのまま利用しているので、かなりアバウトです。ちなみに、今回クイックシューの台座を取り付けた側の金具の穴は5mmしかなく、三脚の規格ネジ(1/4インチUNC)は通りませんでした。しかたなくヤスリで削って穴を拡げています。

ビデオスタビライザー(5)

こんなのを作ってみました。結果はあまり芳しくなかったです。

こんなのを作ってみました。結果はあまり芳しくなかったです。


マンフロットの小型三脚をジンバル+グリップとして利用する事を思いつきました。


三脚なのでバランス調整が簡単にできます。


横から見るとこんな感じ。おもりを使って一応カメラは水平を保っています。


おもりをつける前は空き缶に砂と水を入れて重さを調整しました。

////////////////////////////

期待に胸を膨らませ、いざ、撮影。あれ……。

ぶらりんこぶらりんこと揺れるばかりです。
大失敗です……。

重心の調整がまずいようです。「やじろべい」としてつりあっていれば(水平になれば)よい、という訳ではないようですね……。

精進します。

ビデオスタビライザー(4)

国内外問わず、多くの方が手作りで本格的なビデオスタビライザーを制作していました。

今回は備忘録です。

ビデオスタビライザーを手作りしている人、国内外を問わず結構いるようです。

私の試したスタビライザーは素朴なものでしたが、手作りする方はどれもみな、「やじろべえ」のような「ジンバル(Gimbal)」使った本格的なものでした。

ジンバル – Wikipedia

////////////////////////////

「ジンバル|スタビライザー」で検索するとこのかたのサイトが出てきました。すばらしい。特に「自作2号機」などは市販のものよりも高性能のようです。

////////////////////////////

海外の方々もがんばっているようです。やはりステディカムにはジンバルが必須なのでしょうか。

この人の場合、この初号機は完全に手作りのジンバルですが、2号機以降は上の日本の方のように市販のユニバーサルジョイントをベースにしたジンバルを使用しているようです。

////////////////////////////

こちらの日本の方も、ユニバーサルジョイントとベアリングの組み合わせの手作りジンバルです。水道周りの素材や小銭を利用したスペーサーなど、たいへん参考になります。

////////////////////////////

上の方が参考にした海外の方のサイトから。ジンバルの機構がよくわかる動画です。

////////////////////////////

……。こんな感じでYouTubeやGoogleなどから芋づる式にいろんな方の手作りビデオスタビライザーが出てきます。楽しいのですが切りがありません。

ビデオスタビライザー(3|追記あり)

三脚をビデオスタビライザーとして利用。今回は失敗。

090819追記。このエントリーは全て失敗談です。興味は既にジンバル付きのスタビライザーに向かっているのですが、一応まとめ直しておきます。

////////////////////////////

PanasonicのGH1を購入したので、動画のテストをしてみました。

手持ち動画をぶれなく撮影するために、前回は一脚を簡易ビデオスタビライザーとして利用しました。今回はさらに素直に普通の三脚を使ってみました。


こんな感じです。って、安物の三脚にカメラが載ってるだけですけども……。
赤いスポンジは100円ショップで購入したドアストッパーです。グリップの「鍔(つば)」として利用しています。

////////////////////////////

撮影してみましたが、大失敗でした。ブレブレの揺れ揺れです。

全く効果がありません。カメラ本体(約1kg)に対して、三脚の重量(約1.4kg)が足りず、重心の高い、頭でっかちになってしまっている点が主な敗因のようです。

////////////////////////////

そこで、持つ所を変えて重心がなるべく下にくるようにしてみました。


こんな感じです。三脚の足は拡げても撮影中にぶつかるばかりなので畳んでいます。

////////////////////////////

撮影してみました。

ううう。効果があったようななかったような……。

////////////////////////////

そもそもこの方式、意味があるのでしょうか。そんな気分にもなってきました。

比較用に、何も使わず手持ちで撮影してみました。

一歩歩くごとにがくんがくんと揺れます。三脚スタビライザーも全く効果がないわけではないようです。

////////////////////////////

いずれにせよ、この方式で改善を続けようとする場合、後はひたすら重量増による重心の調整しかありません。
機動性をアップさせたいのに重くする、というのは本意ではないので、ちょっと行き詰まってしまいました。

やはりジンバルの採用でしょうか……。

ビデオスタビライザー(2)

通販で購入可能な「ステディカム」をいくつか。

備忘録です。

市販のビデオスタビライザー、いわゆる「ステディカム」をいくつか見つけたのでメモしておきます。

////////////////////////////

ビデオスタビライザーといえば、やはり「ジャイロ」的なもの、「やじろべえ」的なものが思い浮かびます。

こんなタイプのやつ。

この中で紹介されているスタビライザー、“Merlin” はいわゆる本家の「ステディカム」のようです。オンライン通販で買えます。お値段はちょっと高めの税込126,000円也

////////////////////////////

三脚で有名な伊Manfrottoからも、“585 Modosteady” という安価なスタビライザーが出ています。Amazonでも売ってます。かなりお手頃価格の税込16,890円也。

ただ、この商品をほめている人はあまり見かけませんね……。

////////////////////////////

国産なら、広島のメディアルームという会社から、“ES_PRO mini” というなかなか良さげなスタビライザーが出ています。今なら税込25,840円也。2009年6月10日までの限定価格Amazonでも同じ値段で売ってます

////////////////////////////

当然ですが、どれも「本格的に撮影してまっせ」のルックスになります。それなりの覚悟がないと使えないですね。運動会や授業参観でこれらを使ってたら周りの人もドン引きします。

でも、欲しいなぁ。

ビデオスタビライザー(1)

一脚を使ってビデオカメラの撮影を改善しました。

先日のエントリー、「60fpsで(やっと)テレビ並み」のサンプル動画、われながらひどい出来でした。反省しています。

「カメラをくいくい振り回す」、「むやみにズームを使いまくる」、「移動中に腕をだらりと下げて地面を延々映す」等々、たかだか2分半ほどの動画にビデオ撮影の初歩的な間違いを山ほど盛り込んでしまいました。

ご覧になった方は「60fps」のサンプル、というよりも「お父さんがやってしまいがちなビデオダメ撮影」サンプルに見えたかもしれません。

再撮影に挑戦してみました。


ビデオスタビライザーを導入

たまたま(本当に偶然に)読んでいた『Make:』の創刊号(日本版|Volume 01)に「14ドルで作るビデオカメラスタビライザー」という記事が載っていました。


記事の扉です。確かにこんな道具があれば、ビデオカメラが安定するかも知れません。


使うときにはやや腰を落とします。この人が作者のようです。


概念図。記事には、材料の解説や実際の作り方が懇切丁寧に載っていました。

確かにこれを導入すれば、撮影は改善するかもしれません。

090620|追記 作者のサイトに内容がまるまる掲載されていました。「$14 Steadycam The Poor Mans Steadicam」。


スタビライザーの動作原理

作り方は細かく書いてあったのですが、肝心の動作の原理はいまひとつ詳細に書かれていませんでした。誌面を眺め、動作原理を想像してみました。次のようなものです。

◎まず、質量(重さ)を増やす。

慣性の法則を利用します。質量を増やす事により、外部の(力学的な)影響を受けにくくします。あえて「とり回しにくくする」ことでカメラの動き全般を滑らかにします。

◎上下に長くする。

Y軸方向に質量を分布させます。「上も下もまんべんなく重くし、また、塊として大きく(上下に長く)する」という事です。これにより慣性モーメントが大きくなり、カメラのティルト(Y軸の傾きのぶれ)が起こりにくくなります。おもりのついた鉄パイプは、いかにも振り回しづらそうです。

◎重心は手元(のやや下)に。

記事には書いてありませんでしたが、重心は持ち手のやや下あたりのようです。質量を大きくするためにむやみにおもりを(下に)つけると重心が下端に偏り、振り子のようにぶらぶらとしてしまいます(動かしてみてわかりました)。重心が手元近くであれば、左右に振り回しても、カメラは傾かず、平行に移動します。

◎腕をバネ代わりに使う。

いわゆるステディカムのような複雑な機構がない分、人間が補ってやる必要があります。要は使っている本人がカメラを揺らさないようがんばれ、という事です。


作らずに済ます

動作原理はわかった気になったのですが、めんどくさいので「わかった! さあ作ろう」という気にはなりません。なんとか楽に済ます方法を考えてみました。

結論からいうと、
ビデオカメラに一脚をつけて、それを手で持って撮影してみる
事にしました。

手持ちのビデオはもともと軽いもの(約600g)なので、一脚程度の重量増(+650g)でも十分効果が見込めると思いました。また、(総重量を変えずに)長さを調整できるので、重心のコントロールも容易だと考えたのです。


こんな感じです。SONYのHandycamにSLIKの一脚の組み合わせ。

使っている一脚はもっと伸ばす事もできますが、使い勝手と効果のバランスでこの長さにしています。また、先端におもりをつけ、重量増を試してみましたが、重心が下に偏るばかりで効果はありませんでした。この長さぐらいが良いようです。


撮影結果

こんな感じです。どうでしょう。

◎フルサイズ版をこちら(MobileMe)に用意しました。

「シャイニング」程ではないですが、縦/上下共におおむね安定していると思います。
カメラを横にパンする際に若干もたつく(後、スキップする)感じがありますが、これはビデオカメラ自体の手ぶれ補正の誤作動(誤判断)です。今度はオフで試してみます。