60fps動画をスローモーションに

せっかくの60fps動画、スローモーション用素材として活用してみます。

Lumix GH1を使ったムービーは全て1280px × 720pxサイズ、60fpsで撮影しています。手元のパソコンで観るとたいへん綺麗なのですが、60fpsの大画面動画をwebで公開しようとすると色々と敷居が高く、なかなかうまくいきません。

60fpsでのアップは一旦あきらめ、倍の長さの30fps動画=スローモーション動画を作成してみました。
素材は前回のエントリーで紹介した、自作ステディカムのテスト撮影です。

追いかけっこ|スローモーション

////////////////////////////

制作方法
iMovieとJES Deinterlacerを使ってファイルの変換を行います(※1)。「iMovie Events」フォルダ内、読み込み済みのAIC(Apple Intermediate Codec)形式の元素材クリップを、JES Deinterlacerを利用し([Standards coversion]→[Movie Speed:0.5])、倍の長さの30fps動画に変換します(※2)。変換したデータを再度ムービー素材としてiMovieに読み込ませ、30fpsのスローモーション動画として編集します。

////////////////////////////

音楽
JES Deinterlacerは音声ファイルも倍の長さに変換してくれるのですが、一旦全部削除し、YouTubeの「オーディオ入れ替え(AudioSwap)」機能でリストアップされる(無料の)音楽をつけてみています。
「トラックを自動的に選択する(I’m Feeling Lucky)」を数回叩いて出てきたものを適当に選んだだけですが、音楽が加わるとやはりそれらしくなります(※3)。便利になったものです。

////////////////////////////
Final Cut ProやAfter Effectsがあればもっと手軽に&確実にできるのはわかっているのですが、お金をかけずに工夫するのも楽しいものです。

※1 本来、iMovieの編集画面上でインスペクタ[クリップ:速度]を調整すればスローモーション映像は簡単に作成できるはずなのですが、書き出した動画はなぜかフレームを2枚ずつ繰り返すだけの水増し疑似スローモーションになってしまいました。読み込んだ素材は60fpsなのですが……。

※2 [Movie Speed:0.4]とし、24fpsにした方が良かったかもしれません。再生環境によっては30fps再生すら確保できない場合もありますし、より「映画っぽい雰囲気」のお洒落な動画になるかもしれないので。

※3 本当は、Nujabes&shing02のLuv (Sic) Part.2あたりをつけたいのですが、著作権は尊重したいので……。

等々力渓谷

手作りステディカム、実際に使用すると問題点もそれなりに。

手作りステディカムをつけたLumix GH1を持って、等々力渓谷(東京世田谷区)に行ってきました。
(漫然としたテストではなく)実際の撮影に使ってみると、手作りステディカムの課題が色々と見えてきました。

////////////////////////////

まずはこれ

等々力渓谷|DIY Steadicam

////////////////////////////

基本性能の不足
それらしい動画は撮れていますが、やはりまだ安定度が足りません。重心の調整が完璧でないので、カメラの揺れが速やかに収まりません。また、微妙な左右(パン)のふらつきが常時発生しており、撮影者(カメラ)の存在を意識させます。調整のさらなる追い込みはできるのですが、市販の部品をネジ留めしているだけなので、リュックに入れて運搬中など、ちょっと力がかかるだけで調整が狂ってしまいます。

////////////////////////////

ティルト不可。水平視点のみ
当たり前なのですが、ジンバル式のスタビライザーはカメラを常時水平に保とうとするので、視点が全て「真横」になってしまいます(※)。出だしの階段を下りるシーンなど、当然、足下を見て歩いているわけですが、カメラは真横を向いたまま。大変不自然な見えになっています。

この動画などを見ると、精度の高い市販のスタビライザーは、練習次第でティルトも可能なようです。

////////////////////////////

ズーム不可。28mm視点のみ
使用しているカメラはLumix GH1。ズームレンズは14mm〜140mmの10倍ズームです。重心を14mm(28mm相当)で調整しているため、ズームを繰り出すと重量バランスが崩れ、カメラがお辞儀をしてしまいます。従って、撮影は全て28mm視点のみです。

ただ、頻繁なズームの使用は素人くさいですし、市販のビデオカメラのズームは最短でも40mm前後なので、ワイコンなしで高品質な広角が使える現状の組み合わせに不満はありません。2010年、Panasonicから広角単焦点が発売されるまでは、これで行くつもりです。

////////////////////////////

ソフトウェアによる手ぶれ補正
いい訳ばかりしても仕方ありません。少しでも改善したいので、iMovie(iLife ’09)を使って、ソフトウェアによる手ぶれ補正処理を行なってみました。

等々力渓谷|DIY Steadicam(+手ぶれ補正処理)

ぶれに関しては改善はしましたが、その分、視点の曖昧さが目立つようになっていまいました。要は、適当に撮っているのがバレバレ、ということです。

また、画角が狭くなり解像度も下がってしまうので、せっかくの広角一眼動画のメリットがやや損なわれてしまいます。

本当は「撮影に行く」のではなく、散歩のお供に持ち歩くと、自分の視点をそのまま切り取って持ち帰ってくれる、かつ乗り物酔いしないレベルのぶれ補正された動画が出来上がる、というのが理想なのですが、現時点ではそれなりに真剣に「撮影」しなければいけないようです。

////////////////////////////

おまけ
手作りステディカムの精度の低さを目立たなくする、という意味ではこんな動画の方が向いているようです(音量注意|冒頭に私の奇声が入っています)。

追いかけっこ|DIY Steadicam

走りながら片手で撮影していますが、ぶれはほぼ抑えられています。また、かなり乱暴に振り回しているので、水平は狂いまくり(ゆらぎまくり)ですが、芝生の小高い丘(斜面)で撮影しているので、さほど気にならないと思います。

撮影者の存在を意識させても良い場合は、それなりに効果があるようです。

ビデオスタビライザー(6)

手作りビデオスタビライザー、改良しました。大成功!

前回の手作りビデオスタビライザー、改良しました。大成功!


見た目はほとんど変わっていませんが……。


カメラの重心の下に、ジンバル(小型三脚の自由雲台部分)が来るように、カメラの固定位置を後ろ側にずらしました(※1)。


ついでにクイックシューを使い、ワンタッチで取り外し可能にしました。グッと便利に。


こんな感じです。カメラが後ろに下がっているのがわかります。
おもりの量、位置を調整してカメラが水平になるよう調整します。


かなり改善しました。


階段もこの通り。大成功です。

……。サンプル動画、つまんないですね。精進します。

////////////////////////////

※1 厳密に重心の「真下」、という訳ではありません。金具に開いていた穴をそのまま利用しているので、かなりアバウトです。ちなみに、今回クイックシューの台座を取り付けた側の金具の穴は5mmしかなく、三脚の規格ネジ(1/4インチUNC)は通りませんでした。しかたなくヤスリで削って穴を拡げています。

ビデオスタビライザー(5)

こんなのを作ってみました。結果はあまり芳しくなかったです。

こんなのを作ってみました。結果はあまり芳しくなかったです。


マンフロットの小型三脚をジンバル+グリップとして利用する事を思いつきました。


三脚なのでバランス調整が簡単にできます。


横から見るとこんな感じ。おもりを使って一応カメラは水平を保っています。


おもりをつける前は空き缶に砂と水を入れて重さを調整しました。

////////////////////////////

期待に胸を膨らませ、いざ、撮影。あれ……。

ぶらりんこぶらりんこと揺れるばかりです。
大失敗です……。

重心の調整がまずいようです。「やじろべい」としてつりあっていれば(水平になれば)よい、という訳ではないようですね……。

精進します。

ビデオスタビライザー(3|追記あり)

三脚をビデオスタビライザーとして利用。今回は失敗。

090819追記。このエントリーは全て失敗談です。興味は既にジンバル付きのスタビライザーに向かっているのですが、一応まとめ直しておきます。

////////////////////////////

PanasonicのGH1を購入したので、動画のテストをしてみました。

手持ち動画をぶれなく撮影するために、前回は一脚を簡易ビデオスタビライザーとして利用しました。今回はさらに素直に普通の三脚を使ってみました。


こんな感じです。って、安物の三脚にカメラが載ってるだけですけども……。
赤いスポンジは100円ショップで購入したドアストッパーです。グリップの「鍔(つば)」として利用しています。

////////////////////////////

撮影してみましたが、大失敗でした。ブレブレの揺れ揺れです。

全く効果がありません。カメラ本体(約1kg)に対して、三脚の重量(約1.4kg)が足りず、重心の高い、頭でっかちになってしまっている点が主な敗因のようです。

////////////////////////////

そこで、持つ所を変えて重心がなるべく下にくるようにしてみました。


こんな感じです。三脚の足は拡げても撮影中にぶつかるばかりなので畳んでいます。

////////////////////////////

撮影してみました。

ううう。効果があったようななかったような……。

////////////////////////////

そもそもこの方式、意味があるのでしょうか。そんな気分にもなってきました。

比較用に、何も使わず手持ちで撮影してみました。

一歩歩くごとにがくんがくんと揺れます。三脚スタビライザーも全く効果がないわけではないようです。

////////////////////////////

いずれにせよ、この方式で改善を続けようとする場合、後はひたすら重量増による重心の調整しかありません。
機動性をアップさせたいのに重くする、というのは本意ではないので、ちょっと行き詰まってしまいました。

やはりジンバルの採用でしょうか……。

実質、Lumix GH1だけ。|追記あり

1280*720pxで60fpsの動画が撮れるのはLumix GH1だけなのか……。追記。Xactiの旧機種が対応していました。EOS 7Dも。

60fpsで大画面の動画が撮影できるデジカメ、最近ずっと探しているのですが、全然見つかりません。

今のところ、Panasonicのデジカメ、Lumix GH1だけが1280px × 720pxの60p動画を撮ることができるようです。

最近どっとでた、デジタル一眼レフの動画性能はどれも軒並み20〜24fps。被写界深度の浅さはかなり魅力ですが、あちらが目指しているのは「なんちゃって映画風味」の動画。どうも私の求めているものとは違うようです。

「ハイビジョン動画が撮れる!」を売りにした(レンズ一体型の)コンパクトデジタルカメラも多数でましたが、スペックをよくよく確認してみると、ほぼ全て30fps止まりのようです。

数少ない例外は2機種。SANYOのXacti DMX-HD2000(および姉妹機のDMX-FH11)、CASIOのEX-F1です。どちらもフルハイビジョンサイズ(1920px × 1080px)の動画を60fps(60i)で撮影できます。

ちなみにXactiの方は、60pのフルハイビジョンも撮れるようです。でもこんな巨大(24Mbps)なH.264動画、並のPCでは再生すらできませんね……。少なくとも私のマシンでサンプル動画を再生してみましたが、30fpsあたりまでコマ落ちしてしまいました。

また、60iの動画なら、素直にハイビジョンビデオカメラで撮ればいいじゃないかとも思います。PCで鑑賞するには向きませんが、ハイビジョンテレビにつないで観るなら無問題です。また、Final Cut Proを使えば、かなり簡単にフィールド補間の60p動画も作れるようです。

////////////////////////////

090611追記

60fpsで大画面の動画が撮影できるデジカメをもうひとつ見つけました。SANYOのXacti DMX-HD1010(およびマイナーチェンジ前の機種、DMX-HD1000)です。既に最新カタログからは落ちていますが、一応現行商品です。1280px × 720pxの60p動画の撮影に対応しています。

ただ、各種のレビューを読む限りではAFやマイクなど、ビデオカメラとしての基本性能が今ひとつのようです。小型軽量で価格も下がっているのですが……。

////////////////////////////

090905追記

CanonのEOS 7Dも参戦。PAL向け(?)に50fpsを追加しつつ、30fpsを省略したのも渋い。相変わらずヘッドホン端子がないのが解せません。プロの映像関係者の要望はないのだろうか……。