ウォークラプス動画テスト

近所のコンビニにコーヒーを飲みに行くついでに、ウォークラプス動画(移動しながらのタイムラプス動画)の撮影をしてみました。

DMC-GH2をリグ「まな板式」(の一回り大きいサイズ)に乗せ、両手で持って移動しつつ、タイマーを使い2秒間隔で撮影しました。現像した写真をQuickTime7 Proでつなぎ合わせ、12fpsの動画にまとめています。一応4Kです。

DSCN1369

後補正を想定していたので、7-14mmのレンズの広角端で撮影しました。GH2はレンズのイメージサークルを無駄にしないマルチアスペクトモードがあるので、対角14mm相当で撮影できています。

最初、Premiere Pro CCのワープスタビライザーで作成した動画を補正しました。ですが、2秒間隔ではフレームごとの差があり過ぎ、あまり効果的に機能しません。改めてLightroomの「upright」機能を使って水平垂直を整えて現像し直し、再度動画にしています(上の動画)。撮影時のraw素材は1390万画素(4976*2800)なので、補正や拡大を加えても4K(800万画素)の画質は確保できています。

2秒間隔では滑らかさがちょっと足りない感じがします。ただ、カードへの書き込み速度が追いつかないのか、撮影途中にシャッターが落ちないエラーが何回かありました(その際のコマ間は4秒)。1秒間隔とかではさらに発生してしまうかもしれません。


171015|追記 Lightroom現像時の「回転:自動」のみを適用したバージョンも作成してみました。ワープスタビライザーやuprightを使用するよりも、こちらの方が素直でよいですね。

FCPX|「マッチカラー」でカラコレもどき

Final Cut Pro Xの機能、「マッチカラー」を使って動画の色補正をしてみました。

撮影時に同じ条件でrawの静止画も撮影し、好みの色調に現像した画像データを素材に、マッチさせています。



色調は変わりますが、思ったほど「マッチ」しません。raw現像時の微妙なこだわりは再現されないようです。



モチーフによってはかなり「マッチ」する場合もあります。追加の色補正を行うことで、マッチさせたい画像にかなり近づけることができました。



青みがかった夕景をマッチさせています。「なんとなく同じ色調にする」ことしかできないのであれば、このように別の場所で撮影した動画を素材にしたほうがよいかもしれません。


動画編集ソフトの色調補正は、写真現像ソフトと使い勝手がかなり違います。
慣れているLightroomで好みの色調に整えられれば、と思いましたが、あまりうまくいきませんでした。
また、そもそもこれは「マッチカラー」の本来の使い方ではありません。

素直に動画編集ソフトを習熟したほうがよさそうです。