自作ビデオスタビライザー
「剪定鋏式 改」

自作のビデオスタビライザー「剪定鋏式 改」を制作しました。

新コンセプトのビデオスタビライザー(いわゆる「ステディカム」)を自作してみました。
名称は、剪定鋏式 改(せんていばさみしき かい)です(※1)。

DIY Steadicam

安物の小型三脚に簡単な工夫を加えています。

簡単なサンプル動画を用意しました。

YouTubeでみる

ふたつのアイデアを盛り込んでいます。


「二脚」によるグリップ

小型の三脚を使い、そのうちの2本の脚を伸ばして握り手としています。
カメラはやや斜め上向きに取り付け、撮影時には斜め下からカメラを支える形になります。

剪定鋏式改

鏡の前で撮影後、反転しています。

このような効果があると考えています。

  • 両手で持つ事により、手首の動きの大半が封じられます。片手撮影で発生しがちな、手首の動きによるブレを抑えます。
  • カメラから手首までの距離を確保することにより、アングル変更の動きが緩慢になります。パンニングなどが滑らかになります。
  • (真下や真横ではなく)斜めから距離を確保する(※2)事により、あらゆる方向の動きが緩やかになります。
  • 片手で持つよりも疲れません(けっこう大事な事です)。

カウンターウェイトの追加

2本の脚を握り手部分よりもさらに伸ばし、端におもり(カウンターウェイト)をつけています。
金具の枚数を増減して、重心が握り手部分(の中央)に来るよう調整しています。

Counter weight

おもりを結束バンドで取り付けました。

Balancing on a chair

椅子の背に乗せて重心位置を確認しています。

このような効果があると考えています。

  • 握り手の力を多少抜いても、基本、向けた方向(見上げた/うつむいた)をそのまま維持します。
  • 重心部分を掴んでいるので、パンニング時に意図しない反作用は発生しません。
  • 全体重量が増加するため、歩行時の上下動が慣性により緩和される事が期待されます。

ジンバル式との違い

いわゆる「マリーン」タイプなどと異なり、一般的なスタビライザーのキモである「ジンバル(自由関節)」を使用していないので、特徴が異なります。

  • シビアなバランス調整は不要です。
  • 水平視点が基本(※3)のジンバル式と異なり、(見上げる/見下げるなど)パンの自由度が高くなります。
  • 両手でしっかり握っているので風の影響はありません。
  • 重心部分を握っているのでドロップタイムは∞となり(ドロップが発生しない)、揺り戻しによる時間差を伴った補正はありません。ステディカム独特の「浮遊感」は発生しません
  • 小型のコンデジ専用です。

動作原理について

前回のエントリー紹介した動画の中で説明されていた、ビデオスタビライズの二つの原理を両立させるものとして考案しています。

How to Make an Impromptu Camera Stabilizer

Adding counter weights increases the camera’s inertia and improves balance.
カウンターウェイトを追加すると、カメラの慣性を増大させ、バランスを向上させます。

Wider hand grips reduce the effect of random hand movements.
幅広のハンドグリップは、ランダムな手の動きの影響を低減します。


簡単な手間でそこそこ効果があります。費用もほとんどかかりませんでした。
また、遠目には「カメラと三脚を持ち運んでいる」ように見えるので、目立ちません。

実利を求める人にはオススメです。

※1 以前作った「剪定鋏式」は二脚によるグリップのみで、カウンターウェイトを付けていませんでした。
※2 真下(一脚タイプ)ではY軸上以外で、真横(ワイドハンドルタイプ)ではX軸上以外で、カメラからの距離が0になるため、手首の影響が残ってしまいます。
※3 ドロップタイムを長めに調整した上で練習を重ねれば、ジンバル根元をいじる事によりアングル変更は可能なようです。

自作ウインドジャマー

フェイクファーを両面テープで貼り付けるとウインドジャマー代わりになります。

デジカメの動画撮影用にウィンドジャマー(マイク風防)を自作しました。

自作ウインドジャマー装着の図

フェイクファーを輪ゴムで取り付けたバージョン(失敗作)。「乗せただけ」では機能しませんでした。

デジカメ本体の内蔵マイクはそのままだとどうしても風音を拾いがちです。
風を受けるとフルートが鳴るようにすごい音が発生します。

こんな感じです。

なんとか風音を低減させたいと考え、色々工夫してみました。

まずは、スポンジをマイクの周りに貼付けてみました。

スポンジ式ウインドジャマー

P1020227

使ったのは100円ショップのすきまテープです。

テストしてみました。

効果がないことはないのですが、いまいちです。

「自作ウインドジャマー」で検索すると、どうやらフェイクファーを使ったものが良さげでした。

自作ウインドジャマー用素材

早速100円ショップで素材を見つけてきました。
変なキーホルダーですが、金具を外して縫製をほどくと幅4cm・長さ10cm程のフェイクファーのテープになりました。
こちらをスポンジの上にかぶせます(冒頭の写真)。

再びテストしてみました。

やはりいまいちです。

一瞬、諦めそうになりましたが、スポンジをすべて剥がして、フェイクファーのみを両面テープで丁寧に貼付けてみました。

成功です。風切り音はほぼありません。

フェイクファーを両面テープを使って軍艦部にすきまなく貼り付け(もちろんマイク穴はよけます)、風が吹き込まないようにするのがコツのようです。

YouTubeで60fps動画を再生する

ちょっと工夫するとYouTubeで60fpsの動画再生ができます。

やっとYouTubeで60fps動画の埋め込み/再生ができました。

こちらがサンプルです。

再生開始後に画面右下の「設定」アイコンをクリックし、速度を2.0xに変更してみてください。

普通に60fpsで再生されているはずです。

速度2.0x

ただし、事前に「HTML5 動画プレーヤー」を有効にしておく必要があります。www.youtube.com/html5で設定を変更しておいてください(特定のブラウザでのみ機能します)。

何のことはない、60fps動画を素材に1/2スピード(30fps)のスローモーション動画を作成し、埋め込んであるだけです。
2倍速で再生すれば当然、60fpsの動画として表示されます。ごく簡単なハックです。

droppedframes

自分の環境(Intel Core i5)ではコマ落ち(Droped Frames)もほとんどありませんでした。

////////////////////////////

こんなサンプルも作りました。

こんなのも。

「テレビ」の質感が好きなので、60fps動画には思い入れがあります。他にもいくつか記事をエントリーしています。タグ「60fps」からご覧下さい。

動画のカラーマネジメント

再生するソフトウェアによって、動画の色がかなり異なる。どうしたらいいんだろう。

動画のカラーマネジメントはさっぱりわかりません。
YouTubeで再生した時に表示される画面(※1)とオリジナルのファイルを手元で再生した画面とで
色(彩度・色相)がかなり異なるのです。

Sonyのデジカメ、DSC-RX100で撮影したAVCHD動画です。
撮影時のmtsファイルを無加工でそのままアップロードしています。

QuickTime Player

QuickTime Player(※2)で再生した画面(のキャプチャー)。鮮やかさが全く異なります。色相もだいぶ違う。
鮮やかなターコイズ(青緑)が枯れたラベンダー(青紫)になってしまいました。

Movist (FFmpeg)

動画プレーヤーMovist(FFmpeg系)で再生した画面。こちらの方がややYouTube画面の色味に似ています。

VLC

動画プレーヤーvlcで再生した画面。

気になったのでいろんな組み合わせで再生したものをキャプチャーして見ましたが、どれも少しずつ色味が異なります。
公開はYouTubeで行う事がほとんどではありますが、何を基準に判断していいものやら……。

Final cut Pro

Final Cut ProXの編集画面(のキャプチャー)。作業の都合上、とりあえず、ここらあたりを基準にするしかないとは考えていますが、QuickTime系の色味は調べた中では少数派(※3)……。

結論はありません。「動画のカラーマネジメント」で検索しても、今ひとつ決定的な情報が出てきません。引き続き調べようと思います。

※1 Chrome内蔵のFlash Playerで再生したYouTube。
※2 mtsファイルはデフォルトの環境では再生できないので、AVCCAM Importerプラグインをインストールしています。
※3 検索結果上位にある記事、WUXGA対応 高解像度ワイド液晶ディスプレイ選び「液晶ディスプレイとカラーマネージメント 編」内のコラム「動画でも色管理をする時代がやってくる」によると、OSX(=QuickTime)では動画に対してもカラーマネージメントが働いているとのこと。確かにそう考えると辻褄が合います。

Cyber-shot DSC-RX100は秋に買おう。

DSC-RX100はバッテリーチャージャーが発売されるまで購入を我慢しましょう。

SonyからCyber-shot DSC-RX100が発売されましたが、猛烈に欲しい方でも購入はしばらく我慢しましょう。
2012年の秋以降に購入することをお勧めします。

DSC-RX100

別売りのバッテリーチャージャー「BC-TRX」が未発売なのが大きな理由です(※3)。2012年秋頃の発売ということなので、旅行に使うなどメイン機材として利用するには時期尚早です。

カメラ本体にスマホなどと同じマイクロusb端子がついているので、パソコンのusb端子や5Vのアダプター(iPhoneやスマートフォン用のものを利用可)にケーブルを直接つないで充電するのを推奨(※1)しているようですが、端子のカバーがえらく繊細です。常用していると絶対に折ってしまいそうで大変怖い。ちょっとさわりたくありません。

DSC-RX100

DSC-RX100

また、本体充電だと予備バッテリーの充電ができません。別売りのバッテリーも発売されたばかりで今ひとつ供給が足りていない気がします。もちろん、互換バッテリーなども未発売です(※4)。

さらには、新商品なので背面液晶の保護フィルムも純正品しか選択肢がありません(※2)。ちなみに、市販品の中ではNintendo DSi用の保護フィルム「下画面用」が比較的近いサイズ(50mm×67mm)でした。

あと、これまた重要なことですが、汎用の現像ソフトがrawファイルの現像にまだ対応していません(※5)。
LightroomApertureSilkypixなどの対応までは本格的なraw撮影はできません。こちらも公開までに1〜2ヶ月程度はかかってしまうのではないでしょうか。純正のソフトウェア「Image Data Converter」のMacintosh版は激重で、利用し続ける気がおきません。

DSC-RX100は2012年の秋以降に買いましょう。我慢できる方は。


※1 写真はiPhoneのACアダプターと100円ショップで売っているスマホ用の充電ケーブルの組み合わせです。もちろん、専用の付属品が同梱されていますが、開封せずにこちらを使っています。

※2 お金で解決できる些末なことですね。ちなみに背面液晶の大きさを定規で測ってみたところ、ガラス面は約51mm×70mm、実表示エリアは約45mm×60mmでした。

追記|121008
※3 値段の安い互換品を購入しました。
※4 値段の安い互換品を購入しました。
※5 Lightroom3はアップデート対象外になってしまったようです。仕方なく特別提供版の4を購入しました。