Firefox 3.0beta5

いままで何度も検証したので、結論のみをよりわかりやすく書きます。

Firefox(3.0b5)Macintosh版 は、

  • ファミリーネームによるfont-family指定を理解する。
  • フルフォントネームによる指定を受け付けない。

Firefox(3.0b5)Windows版 は、

  • Windows用ファミリーネームを認識する。
  • Postscriptネーム(=フルフォントネーム英)を認識する。
  • ボールドウェイトのPostscriptネーム指定をレギュラーウェイトとして誤認識する。

※上記検証はOpenTypeによるものです。Windowsの大半のブラウザはTrueTypeしか認識しないので、あくまでも参考程度にしかなりません。

正式版が出たら、TrueTypeも含め、検証してみることにします。

Firefox3 beta3

Firefox 3.0b3で、また日本語表示の仕様が変わった。正しい変わり方だとは思う。

になってから、また日本語表示の仕様が変わったらしい。

◎Macintosh版 Firefox(3.0b3)からは、

  • Windows用ファミリーネーム(日本語)を「ファミリー」として理解する。
  • Macintosh用ファミリーネーム(日本語)を「ファミリー」として理解する。
  • Windows用ファミリーネーム(英語)を「ファミリー」として理解する。
  • Macintosh用ファミリーネーム(英語)を「ファミリー」として理解する。
  • 太字強調された指定は、そのファミリーの上位フォント(があれば)で表示する。疑似ボールドにはならない。
  • フルフォントネームでの指定をいっさい受け付けない。

正しく、大変潔い仕様だと思う。

ところで、Windowsではどんな感じなんでしょうか。今度調べようと思います。

font-familyの指定は謎だらけ……

font-familyの指定方法、「極めた!」と思ったのは一瞬だった……。もう、矛盾が生じている。

font-familyの指定方法、「極めた!」と思ったのは一瞬だった……。もう矛盾が発生してしまった。

  • フルフォントネーム(英)を理解するはずのFirefox3で、OSXのシステムフォント「AquaKana」を認識しない。
  • フォントファミリーを理解しないはずのOperaで、ヒラギノ角ゴシックPro W3の<strong>をきちんとW6として認識して(表示して)いる。

さっぱりわからないや……。W3Cの書類を隅から隅まで読むしかないのか……。ううう。

いやいや「拘泥せずに進もう(©野口悠紀夫)」。

font-familyの指定方法(エントリー「Firefox3」のつづき)

font-familyを記述するにあたり、フォント名のどの部分を指定すべきかよくわからない。だが少なくとも、Firefox 3であればどのフォント名で指定しても大丈夫。すべて「フォントファミリー」として認識される。

だいぶはっきりしたのですが、まだ、エントリーをまとめきれません。Windowsも含めた検証がすんだら再度アップしますが、Macintoshのみの検証結果は以下のようになります。

実用面でいえば、今までと特に結論は変わらず、

font-family: Macintosh用ファミリーネーム(英語), フルフォントネーム(日本語)

で指定すればOKです。

具体的な検証結果としては、

◎Macintosh版 Safari(3.0.4)は、

  • Macintosh用ファミリーネーム(英語)を「ファミリー」として理解する。
  • フルフォントネーム(英語)兼PostScriptネームを「単独のフォント」として理解する。
    そして、「ファミリー」を理解できずに<strong>をブラウザのデフォルトフォントで表示する。

◎Macintosh版 Firefox(3.0b2)は、

  • Windows用ファミリーネーム(日本語)を「ファミリー」として理解する。
  • Macintosh用ファミリーネーム(日本語)を「ファミリー」として理解する。
  • フルフォントネーム(日本語)をなぜか「ファミリー」として理解する。
  • フルフォントネーム(英語)兼PostScriptネームをなぜか「ファミリー」として理解する。
  • Windows用ファミリーネーム(英語)を「ファミリー」として理解する。
  • Macintosh用ファミリーネーム(英語)を「ファミリー」として理解する。
  • 要はどのフォント名称でも「ファミリー」として理解する。

◎Macintosh版 Firefox(2.0.0.11)は、

  • フルフォントネーム(日本語)を「単独のフォント」として理解する。
    そして、「ファミリー」を理解できずに<strong>を疑似ボールドで表示する。

◎Macintosh版 Opera(9.25)は、

  • フルフォントネーム(日本語)を「単独のフォント」として理解する。
    そして、「ファミリー」を理解できずに<strong>をスルーしてとぼける。

ようです。

以下のような方法で検証しました。

////////////////////////////

以下は検証方法です

まず、検証用にフォントを作成しました。

「作成しました」といっても、既存のフォントOTEditを利用して切り貼りしただけです。ヒラギノ角ゴシックProをベースに、欧文はLucida Grande、かなはAquaKanaを利用してます。

文字の形状はある意味どうでもよいのですが、フォントファイルに埋め込まれる各種の名称をいろいろ変えて、レギュラーとボールドの二つの書体を「ファミリー」として、つくったわけです。

↑こんな感じです。判別しやすいようにかなりストレートな名称にしています。

↑太字の方は別の名称にしましたが、「ファミリーネーム」はそろえてあります。

↑ファミリーのどのウェイトになるかはこちらで設定します。レギュラーのウェイト設定です。 080707追記(+画像変更)「中」だと実際には「中太(デミボールド)」相当として扱われるようです。ヒラギノW3も「細」であることから、「細」に変更しました(「書体名…/詳細…」の各種フォント名称は「中」のままです)。

↑ボールドのウェイト設定です。

上記のフォントに埋め込んだ様々な「名称」フォント指定(font-familyの指定)を行い、htmlを作りました。

意図通りにこのフォントで表示されれば、その記述がブラウザが「理解できる」フォント指定方法です。

様々な「フォント名」で「font-family」を指定。

↑私自身の備忘録としてのページです。上記のフォントをインストールしていないはずのあなたの画面では、単にブラウザのデフォルトフォントで表示されるだけです。すみません。

Firefox 3.0

Firefox 3からは、フォントの太字が疑似ボールドでなく、フォントファミリーの上位ウェイトで表示されるようになりました。期待大。

(OSXの)Firefox 3には期待しています。

今回のバージョンアップで日本語のレンダリングも若干変わったようです。

<strong>などによる、太字表現が、疑似ボールドではなく、きちんとフォントファミリーの上位ウェイトで表示されるようになりました。

従来のFirefoxでは、

と、太字が疑似ボールドでしたが、新しい3.0(b2)では、

と、太字がきちんと上位ウェイト(W3→W6)になります。

(参考:htmlによる表示)

ヒラギノ角ゴシック Pro W3

ヒラギノ角ゴシック Pro W3の太字

ヒラギノ角ゴシック Pro W6

※説明用の記述なので、Safariなどでは意図通りに表示されません。

フルフォントネームによるfont-family指定で表示されるようなので、フォントの認識の方式が変わったようです。

引き続き、検証したいと思います。

今回のバージョンアップで、Safari、Operaに続き、Firefoxからも疑似ボールド表示がなくなりました。

OSXってやっぱりいいなぁ。